ジェイク・コンセプション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジェイク・コンセプション
Jake H. Concepcion
出生名 ジェイク・ヘルナンデス・コンセプション
生誕 (1936-01-13) 1936年1月13日
出身地 フィリピンの旗 フィリピン
死没 (2017-12-04) 2017年12月4日(81歳没)
担当楽器 テナーサックス
事務所 秋山音楽事務所

ジェイク・コンセプションJake H.Concepcion1936年1月13日 - 2017年12月4日[1])は、フィリピン出身のサクソフォーン奏者。アジア諸国で「King of Sax」と称されるサクソフォーン奏者である。

略歴[編集]

キリスト教学校でクラシックを生び、7歳からクラリネットを始める。15歳の時にスウィング・ジャズに親しんだことをきっかけにアルトサックスをはじめる。19歳からプロキャリアをスタートさせ、1964年、23歳の時に単身来日。

以後、スタジオ・ミュージシャンとして数多くのアーティストのバックバンドメンバーを務める。特に1970年代・80年代前半に於いては吉田拓郎のコンサートや、ゴダイゴ大滝詠一さだまさし中島みゆき松任谷由実(荒井由実)松田聖子等のアルバムに参加。これらのミュージシャンのアルバムにはなくてはならない存在となっていた。松田聖子「Sweet Memories」などの曲ではサクソフォーンパートのアレンジメントも行なっている。[2]

サクソフォーンのみならずバーテンダーとしての腕も一流との評価もある旨所属事務所のプロフィールにも明記されており、これがきっかけでラジオ番組「サントリー・サタデー・ウェイティング・バー」のバーテンダー役(本人役)を長年務めていた事でも知られる。また、2002年にキリンラガービールのCMではいかりや長介と共演し、ベーシストでもあるいかりやとの異色ミュージシャン同士の共演として話題となる。

2017年の1月に活動を休止。古稀を超えても演奏家として活動を続けていた。

主な演奏[編集]

ディスコグラフィー[編集]

オリジナルアルバム[編集]

自身の発売したオリジナルアルバムの一覧。

タイトル 発売年月日 品番
J 1983.7.5 LP:RAL-8807
Jake Concepcion Plays Standards Misty 1985 32DH 274
EMOTION 1987 SCD-1420
JAKE BOX Vol.1~WAITING BAR~ 1994.12.16 BVCR-1515
JAKE BOX Vol.2〜Manhattan kiss Tribute to Mariya Takeuchi 1994.12.16 BVCR-1516
JAKE BOX Vol.3~RHAPSODY Tribute to YOSUI INOUE 1995.3.24 BVCR-1529
JAKE BOX Vol.4~MOMENTS OF LOVE~ 1995.3.24 BVCR-1530
JAKE BOX Vol.5~SOUTHERN WIND Tribute to Keisuke Kuwata 1995.9.21 BVCR-1535

シングル[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]