甲斐バンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
甲斐バンド
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
ロック歌謡
歌謡曲
フォーク
活動期間 1974年 - 1986年(デビュー~解散)
1996年(期間限定復活)
1999年 - 2001年(再始動)
2007年(一夜限り復活)
2008年 - 2009年(復活~解散)
2009年 - (再結成~)
レーベル 東芝EMI
1974年 - 1986年1996年
ファンハウス
1984年 - 1985年
イーストウエスト・ジャパン
1999年 - 2001年
EMIミュージックジャパン
2007年 - 2010年
BEAT VISION/KAI OFFICE
(2010年 - )
アイビーレコード
2012年 - 2014年
キングレコード
(2014年 - )
事務所 甲斐オフィス
公式サイト KAI SURF(甲斐よしひろオフィシャルウェブサイト)
メンバー 甲斐よしひろ
松藤英男
田中一郎
旧メンバー 大森信和
長岡和弘

甲斐バンド(かいバンド)は、日本ロックバンド

1974年、シングル『バス通り』でデビュー。1986年に解散。1996年に期間限定で再結成。さらに1999年、活動を再開する。2007年12月12日、紙ジャケット仕様CDでのアルバム復刻とベスト・アルバムの発売を記念して、一夜限りのプレミアム・ライブが行われた。

2008年秋からは、「BEATNIK TOUR 2001」以来7年ぶりとなるツアーを「最後の全国ツアー」と銘打って行い、2009年2月7日日本武道館ライブを最後に、再び活動を停止した。しかし5ヵ月後に、5度目の再結成と35周年記念ツアーの開催を発表した[1]

2009年10月に、8年ぶりのオリジナル・アルバム『目線を上げろ』をリリース[2]。同時に全国ツアーをスタート。以降、甲斐よしひろのソロ活動と並行して、定期的に活動している。

メンバー[編集]

サポートメンバー[編集]

※ここでは80年代以降、再結成や活動再開時、常に参加しているメンバーを記す。

メンバーの変遷[編集]

甲斐よしひろ(Vo)、大森信和(G)、松藤英男(Dr)、長岡和弘(B)
甲斐よしひろ(Vo)、大森信和(G)、松藤英男(Dr)
甲斐よしひろ(Vo)、大森信和(G)、田中一郎(G)、松藤英男(Dr)
  • 2007年~(一夜限りの復活~)
甲斐よしひろ(Vo)、田中一郎(G)、松藤英男(G・Dr)

略歴[編集]

デビュー~解散[編集]

期間限定の復活と再始動[編集]

活動休止~一夜限りの復活と大規模ツアー[編集]

  • 2004年7月5日、ギタリストの大森が死去。
  • 2005年6月1日、初のボックスセット『熱狂/ステージ』がユーキャンより発売。バンドの6大イベントを収めた10枚組のライヴCD。
  • 2007年12月12日、旧東芝EMIより発売されたアルバム17タイトルが紙ジャケット・リマスター盤CD[4]にて発売。また、ベスト盤『甲斐バンド・ストーリーII 』も同時リリース。発売日当日、品川プリンス・ステラボールにてスペシャルライヴ『甲斐バンド 2007 ONE NIGHT STAND』を開催。一夜限りの復活を遂げる[5]
  • 2008年、全国ツアー『甲斐バンド BEATNIK TOUR 08-09 THE ONE NIGHT STAND』(追加公演を含む全23公演)を開催。翌年2月7日のツアーファイナルは、甲斐バンドとしては約13年ぶりとなる日本武道館で行われた。武道館の翌日、当日の音源が着うた着うたフルで配信された。

デビュー35周年~甲斐の60歳[編集]

  • 2009年7月、甲斐よしひろと甲斐バンドのデビュー35周年を機に、活動の再開を発表。
  • 2009年10月21日、8年ぶりのオリジナル・アルバム『目線を上げろ』を古巣EMIミュージックジャパンより発表。同月から翌年2月まで『KAI 35th Anniversary KAI BAND NEVER END TOUR』(追加公演を含む全24公演)を開催。
  • 2009年12月9日、初のバラードベスト『ロッカ・バラード』を発表し、発売日にJR新橋駅SL広場前にて、1996年の再結成時に福岡・天神で行われて以来、13年ぶりにストリートライブを行う。
  • 2010年2月27日、『NEVER END TOUR』最終公演、東京厚生年金会館2Days初日にサプライズ・ゲストとして、甲斐名都が出演。父娘ステージ初共演を果たす(共演曲は「恋のバカンス」と「ラン・フリー(スワン・ダンスを君と)」)。
  • 2010年4月9日11日、福岡のライブ喫茶照和にて『甲斐バンド Live at the 照和』を開催。当初は、10日・11日の2Days3公演の予定だったが、エントリーが多数寄せられたため急遽2公演追加された。参加者限定特典として、当日のライヴ音源CD(KAIC-6:セレクトされた3曲『三つ数えろ』・『地下室のメロディー』・『バス通り』)がプレゼント(後日郵送)された。また当日の音源が着うた・着うたフルで配信された。
  • 2010年10月1日、4月の照和にて開催されたライブ『甲斐バンド Live at the 照和』を映画化した『照和 My Little Town / KAI BAND』が12月18日の全国ロードショーに向けて、福岡の『ソラリアシネマ(現・TOHOシネマズ天神ソラリア館)』にて1週間先行ロードショーされた。先行ロードショー初日上映後には、甲斐よしひろが舞台挨拶に訪れ、サプライズとして『HERO(ヒーローになる時、それは今)』をアコースティック・ヴァージョンにてギター一本で披露。高校時代の後輩・中野茂樹(元ノーマン・ホイット・フィールド)がブルースハープで参加。その音源が11月、Amazon.co.jp限定でMP3配信された。
  • 2010年12月18日、映画『照和 My Little Town / KAI BAND』全国ロードショー。公開初日、シネセゾン渋谷にて甲斐バンド(甲斐・田中)と監督のフカツマサカズ、映画の中で語りを担当している大森南朋が舞台挨拶を行った。
  • 2011年1月21日23日の3日間・4公演の日程で、Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて『甲斐バンド LIVE at the PLEASURE PLEASURE』を開催。このライブは、映画『照和 My Little Town / KAI BAND』の公開を受け、2010年4月に映画の舞台となったライブ喫茶照和で行われたアコースティック・ライブを再現したもの。公演開催中の22日~23日には、シネセゾン渋谷での追加上映が決定し、ライブ観覧後にそのまま映画を観に行けた。このライブの音源は、最終公演5日後の1月28日から、Amazon.co.jpにて配信限定でリリース。
  • 同年4月2日NHK BSデジタルプレミアムライブ 〜がんばろう東北・がんばろう関東〜 J-POPプレミアム』出演。
  • 同年10月1日に『MUSIC CITY TENJIN 2011』、9日石巻専修大学大学祭『2011石鳳祭』に甲斐よしひろと連名でイベントに参加。
  • 2012年8月12日奈良県薬師寺にて、『KAI BAND"スウィートテンプル・ムーン・ライブ"』と題した野外ライブを開催。ワンマンでの野外ライブは1983年の『THE BIG GIG』以来、約29年ぶり。ライブ中、年内に『安奈』のリメイクシングルとニューアルバムがリリース予定だと発表。この模様はNHK-BSプレミアムにて、同月30日に放映された。
  • 同年11月21日、12年ぶりのシングル『安奈-2012-』をアイビーレコードより発売。
  • 同年12月29日幕張メッセで開催された『COUNTDOWN JAPAN 12/13』に出演。COSMO STAGEにて、16:30~17:00に6曲を演奏。
  • 2013年1月、1996年以来16年ぶり2枚目のセルフカバー・アルバム『ROCKS』を発売。それを記念して1月7日、東京・渋谷区の代官山蔦屋書店でインストアライブが行われた。甲斐バンドとしてのインストアイベントは2001年以来であり、約100人のファンが参加。1月12日からは7カ所8公演で『甲斐バンド「ROCKS」ツアー2013』と題した約3年ぶりのツアーを開催。
  • 同年4月7日、甲斐の還暦を記念してバースデイライブ『ROLLING BIRTHDAY 60』をTOKYO DOME CITY HALL(旧:JCBホール)にて、甲斐バンドとして開催。また9日には、FM沖縄「For PM」主催の『2013 For PM フォークの日 リスナーの集いライブ』に出演。
  • 同年9月28日、翌年の結成40周年の記念企画として、ファンが選ぶセルフカバーアルバム収録曲の人気投票を10月15日までネット上で開催。9月末から約2週間で約7600票が集まった。

デビュー40周年~現在[編集]

再結成と解散・活動休止[編集]

甲斐バンドは再結成と解散・活動休止が多く繰り返されている。中には公言せずにいつの間にか活動休止になっている場合もあり、はっきり"解散"と公言したのは事実上、最初の解散と2008年~2009年にかけて行われたファイナルツアー後の2回である。

  • 1974年~86年:デビュー~解散。
  • 1996年:解散から10年目という年に期間限定で復活。
  • 1999年~2001年:本格的活動再開。シングル3部作と2001年には15年ぶりのオリジナルアルバムと全国ツアーを施行。当時、解散はしないと言いつつ、それ以降しばらく活動休止状態になる。
  • 2007年:オリジナル&ライヴ・アルバムの紙ジャケットリマスター盤再発を祝し、一夜限りのギグを敢行。
  • 2008年~2009年:2007年のプレミアムライヴのアンコールを受け、ファイナルツアーを敢行。メンバーが欠けてしまったことも含め、解散を宣言。
  • 2009年~:デビュー35周年に突入。それを祝して甲斐バンドの活動を再開。以降、甲斐のソロと並行しながら活動は続行されている。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 形態 最高位
1st 1974年11月4日 バス通り EP 65位
2nd 1975年6月5日 裏切りの街角 EP 7位
3rd 1975年10月20日 かりそめのスウィング EP 44位
4th 1976年4月5日 ダニーボーイに耳をふさいで EP 85位
5th 1976年8月3日 男と女のいる舗道 EP 76位
6th 1976年12月20日 テレフォン・ノイローゼ EP
7th 1977年5月5日 氷のくちびる EP 69位
8th 1977年9月5日 そばかすの天使 EP 61位
9th 1978年2月20日 吟遊詩人の唄 EP 98位
10th 1978年8月2日 LADY EP 94位
11th 1978年12月20日 HERO(ヒーローになる時、それは今) EP 1位
12th 1979年5月5日 感触 EP 13位
13th 1979年10月5日 安奈 EP 4位
14th 1980年3月20日 ビューティフル・エネルギー EP 9位
15th 1980年7月20日 漂泊者 EP 14位
16th 1980年10月21日 天使 EP 37位
17th 1980年12月21日 地下室のメロディー EP 75位
18th 1981年4月21日 暁の終列車 EP 35位
19th 1981年9月21日 破れたハートを売り物に EP 50位
20th 1982年5月1日 無法者の愛 EP 53位
21st 1982年9月21日 BLUE LETTER EP 39位
22nd 1982年12月21日 ナイト・ウェイブ 12inch/CD
23rd 1983年5月21日 シーズン EP 23位
24th 1983年9月1日 GOLD EP
25th 1983年11月1日 東京の一夜 EP 53位
26th 1984年7月17日 フェアリー(完全犯罪) EP 34位
27th 1984年12月1日 野獣 -A WILD BEAST- EP 53位
28th 1984年12月21日 野獣 12inch 56位
29th 1985年2月1日 冷血 EP 43位
30th 1985年6月1日 ラヴ・マイナス・ゼロ EP 88位
再発 1985年12月1日 フェアリー(完全犯罪) EP
32nd 1986年3月1日 レイニー・ドライヴ EP 47位
33rd 1986年5月1日 メガロポリス・ノクターン 12inch
再発 1986年7月23日 メガロポリス・ノクターン EP/CD 52位
35th 1988年7月6日 ちんぴら EP/CD 79位
36th 1996年9月19日 ティーンエイジ・ラスト CD 70位
37th 1999年12月10日 トレーラー・ハウスで CD 75位
38th 2000年2月23日 白いブランケット CD 76位
38th 2000年7月26日 甘いKissをしようぜ CD 87位
39th 2012年11月21日 安奈-2012- CD 89位
- 2014年7月6日 KAI BAND 40th ANNIVERSARY マキシシングル CD -位

アルバム[編集]

オリジナル・アルバム[編集]

発売日 タイトル 形態 順位
1st 1974年12月20日 らいむらいと LP/CD
2nd 1975年11月5日 英雄と悪漢 LP/CD 20位
3rd 1976年10月5日 ガラスの動物園 LP/CD 27位
4th 1977年10月5日 この夜にさよなら LP/CD 14位
5th 1978年10月5日 誘惑 LP/CD 14位
6th 1979年10月5日 マイ・ジェネレーション LP/CD 1位
7th 1980年10月5日 地下室のメロディー LP/CD 3位
8th 1981年11月1日 破れたハートを売り物に LP/CD 3位
9th 1982年11月1日 虜-TORIKO- LP/CD 2位
10th 1983年7月21日 GOLD/黄金 LP/CD 8位
11th 1985年3月1日 ラヴ・マイナス・ゼロ LP/CD 3位
12th 1986年3月5日 REPEAT & FADE 12inch(4枚組)/CD(2枚組) 4位
13th 2001年6月6日 夏の轍 CD 44位
14th 2009年10月21日 目線を上げろ <甲斐バンド sometimes KAI YOSHIHIRO> CD・DVD(初回盤) 24位

ベスト・アルバム[編集]

発売日 タイトル 形態 順位
BEST 1979年3月5日 甲斐バンド・ストーリー LP/CD 1位
BEST 1985年9月28日 Here We Come the (3→)4 Sounds LP/CD 11位
SINGLE BEST 1990年12月19日 +(プラス)〜シングル・コレクション Vol.1 CD 30位
SINGLE BEST 1990年12月19日 -(マイナス)〜シングル・コレクション Vol.2 CD 34位
SINGLE BEST 2000年6月7日 Singles CD
SINGLE BEST 2000年12月6日 Singles II <甲斐バンド to 甲斐よしひろ> CD
BEST 2004年10月20日 ALIVE(KAI 30th Anniversary BEST) <甲斐バンド-甲斐よしひろ> CD 117位
REMIX BEST 2007年12月12日 甲斐バンド・ストーリーII CD 59位
BALLAD BEST 2009年12月9日 ロッカ・バラード CD 44位

セルフカバー・アルバム[編集]

発売日 タイトル 形態 順位
1st 1996年7月24日 Big Night CD 22位
2nd 2013年1月9日 ROCKS CD・DVD(初回盤) 16位
3rd 2013年2月26日 ROCKSII CD・DVD(初回盤) 27位

企画盤[編集]

発売日 タイトル 形態 順位
TV Mix 1985年7月20日 LOVE MINUS VOICE LP/CD
編集盤 1986年11月21日 ポイズン80's CD 10位
編集盤 1987年11月5日 コンプリート REPEAT & FADE <甲斐よしひろ with 甲斐バンド> LP/CD 18位
通販限定 1993年1月1日 HERO(Kai-Band Best Selection) CD
再編盤 2007年12月12日 REPEAT & FADE “Ultimate” CD(2枚組)
記念盤 2014年11月26日 Blood in the Street/甲斐バンド 40th Anniversary tour in 日比谷野音 CD(2枚組)

ライヴ・アルバム[編集]

発売日 タイトル 形態 順位
1st 1978年3月5日 サーカス&サーカス LP/CD 10位
2nd 1980年3月5日 100万$ナイト LP(2枚組)+EP/CD(2枚組) 4位
3rd 1981年6月5日 流民の歌 LP(3枚組)/CD(2枚組) 9位
4th 1983年11月21日 THE BIG GIG LP(2枚組)/CD(2枚組)
5th 1986年7月31日 THE 甲斐バンド LP+EP/CD 4位
6th 1989年6月29日 シークレット・ギグ LP/CD 31位
7th 2001年9月27日 THE BATTLE OF NHK HALL CD(2枚組) 75位
通販 2005年6月1日 熱狂/ステージ CD-BOX(10枚組)
8th 2010年7月15日 マイ・リトル・タウン CD(3枚組)
配信 2011年1月28日 LIVE at the PLEASURE PLEASURE 配信

映像[編集]

発売日 タイトル 形態
1983年11月21日 THE BIG GIG ビデオ/DVD
1984年10月20日 HALF BREED ビデオ
1986年12月20日 Here We Come the 4 Sounds ビデオ/DVD
1990年12月12日 甲斐バンド 十二年戦争-栄光の軌跡- ビデオ
1990年12月12日 甲斐バンド LIVE AT 武道館-完結編 ビデオ
1997年3月19日 Big Night ビデオ/DVD
2000年5月17日 STORY OF US <甲斐よしひろ> ビデオ/DVD
2000年11月22日 SHARE 甲斐バンド LIVE IN 飛天 DVD
2001年9月27日 LAZY HAZY IN THE SUMMER ビデオ/DVD
2008年9月26日 DIRTY WORK DVD(2枚組)
2008年9月26日 PV BEST〜無法者の愛〜 <甲斐バンド/甲斐よしひろ> DVD
2009年4月29日 NEVER END DVD(2枚組)
2010年11月1日 KAI DVD-BOXIII Disc.12 <甲斐よしひろ> DVD-BOX(6枚組)
2011年6月2日 照和 My Little Town KAI BAND DVD
2013年5月7日 Absolute 薬師寺LIVE DVD+CD(2枚組)
2013年9月25日 ROLLING BIRTHDAY 60 DVD(2枚組)
2015年 Complete 日比谷野音LIVE DVD(2枚組)
2015年 KAI BAND SYMPHONY DVD+2CD

映画[編集]

関連書籍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2001年のツアー時に、甲斐の口から「もう解散はしない」由の発言がされていたにもかかわらず、2009年2月のマスコミによる「武道館で最後のライブ~解散」報道を否定しなかったため、同年7月に35周年記念ツアーの開催を発表した際には、多くの批判が寄せられた。
  2. ^ 本作は、甲斐よしひろのソロ・プロジェクトも含まれるため、正式なクレジットは『甲斐バンド sometimes KAI YOSHIHIRO』となっている。
  3. ^ NHK BS『甲斐よしひろSPIRIT25~終わらない歓声~』
  4. ^ オリジナルアルバム
  5. ^ 大森の死去後、初めてのライブとなった。

外部リンク[編集]