LIFE (小沢健二のアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
LIFE
小沢健二スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル イーストワールド / 東芝EMI
プロデュース 小沢健二
小沢健二&スチャダラパー(M-6)
小沢健二 年表
犬は吠えるがキャラバンは進む
1993年
LIFE
1994年
球体の奏でる音楽
1996年
『LIFE』収録のシングル
テンプレートを表示

LIFE』(ライフ)は、 小沢健二の2枚目のアルバム。1994年8月31日東芝EMIより発売された。

解説[編集]

  • 前作から約11か月ぶりにリリースされた。本作は恋愛をテーマにした曲がほとんどである。ポップスの他にソウルなどを取り入れ、小沢が一躍世間に知られるきっかけとなったアルバムである。
  • 全9曲のうち7曲がシングルカットされている(ただ、4曲目の「いちょう並木のセレナーデ」は別テイク)。
  • 数曲で、コーラスにヒックスヴィルが参加し、アレンジに東京スカパラダイスオーケストラのメンバーが参加しており、ホーンセクションを多用した楽曲が多く収録されている。
  • 裏ジャケットには、全曲に英語タイトル表記が別記されている。
  • 歌詞カードでは、何故か7曲目の歌詞のページと8・9曲目の歌詞のページの掲載の順番が逆になっている。
  • 本作のジャケットのタイトルロゴはスライ&ザ・ファミリー・ストーンの3枚目のアルバム『Life』に由来するものである。
  • CD盤とアナログ盤とでは、ジャケットに載っているロゴの位置が若干異なる。
  • CDのパッケージに違いがある。発売当初、CDのトレイは透明・裏ジャケットの裏(つまりCDトレイの下)の写真は夜の東京タワーをバックに小沢が背伸びをしている、というものだったのに対し、1997年以降に発売されたものは、CDのトレイは白・裏ジャケットの裏の写真は無く白紙であった。

収録曲[編集]

CD盤[編集]

  • 作詞・作曲・編曲:小沢健二(特記除く)
  1. 愛し愛されて生きるのさ LOVE IS WHAT WE NEED(4分22秒)
    4thシングル。2004年、リリースから約10年ぶりにカゴメのCMソングとして放映された。
  2. ラブリー LOVELY(7分19秒)
    5thシングル。
  3. 東京恋愛専科・または恋は言ってみりゃボディー・ブロー LOVE IS LIKE A BODY BLOW(5分54秒)
    • 管編曲:小沢健二・北原雅彦
    #1との両A面シングル。小沢の楽曲では最もタイトルが長い。
  4. いちょう並木のセレナーデ STARDUST RENDEVOUS(5分23秒)
    ライヴ音源であるが、元々この曲にはスタジオ・レコーディング版はない。ハナレグミリリメグがライブでカバーしている。原由子が青山学院大学時代の思い出を歌ったナンバーを、リスペクトを込めた同名楽曲を発表した
  5. ドアをノックするのは誰だ?(ボーイズ・ライフ pt.1:クリスマス・ストーリー) WHO'S GONNA KNOCK THE DOOR?(BOY'S LIFE pt.1:A CHRISTMAS STORY)(6分19秒)
    • 弦編曲:服部隆之
    8thシングル。
  6. 今夜はブギー・バック(nice vocal) BOOGIE BACK (nice vocal)(6分08秒)
    • 作詞・作曲・編曲:小沢健二・光嶋誠・松本真介・松本洋介
    小沢健二 featuring スチャダラパー名義。50万枚以上を売り上げた小沢の出世作である。
  7. ぼくらが旅に出る理由 LETTERS,LIGHTS,TRAVELS ON THE STREETS(6分54秒)
    • 管編曲:小沢健二・北原雅彦 弦編曲:服部隆之
    この曲のイントロと間奏は、ポール・サイモンの"You Can Call Me Al"(アルバム『グレイスランド』収録)および"Late in the Evening"(邦題『追憶の夜』、アルバム『ワン・トリック・ポニー』収録)のものが、ほぼそのまま引用されている。
  8. おやすみなさい、仔猫ちゃん! GOOD NIGHT, GIRL!(7分57秒)
    • 管編曲:小沢健二・北原雅彦 弦編曲:服部隆之
  9. いちょう並木のセレナーデ(reprise) AND ON WE GO(0分51秒)
    • 編曲:服部隆之
    4曲目をオルゴールのメロディにしたもの。

アナログ盤[編集]

Side A[編集]

  1. 愛し愛されて生きるのさ LOVE IS WHAT WE NEED
  2. ラブリー LOVELY
  3. 東京恋愛専科・または恋は言ってみりゃボディー・ブロー LOVE IS LIKE A BODY BLOW
  4. おやすみなさい、仔猫ちゃん! GOOD NIGHT, GIRL!

Side B[編集]

  1. ドアをノックするのは誰だ?(ボーイズ・ライフ pt.1:クリスマス・ストーリー) WHO'S GONNA KNOCK THE DOOR?(BOY'S LIFE pt.1:A CHRISTMAS STORY)
  2. 今夜はブギー・バック(nice vocal) BOOGIE BACK (nice vocal)
  3. いちょう並木のセレナーデ STARDUST RENDEVOUS
  4. ぼくらが旅に出る理由 LETTERS,LIGHTS,TRAVELS ON THE STREETS

※アナログ盤では収録時間の都合上、曲順がCD盤と異なり、さらに「いちょう並木のセレナーデ(reprise)」は収録されていない。

テレビ番組での歌唱[編集]

  • 「ラブリー」…1994年12月27日 テレビ朝日「ミュージックステーション」、1995年12月31日 NHK「第46回NHK紅白歌合戦
  • 「いちょう並木のセレナーデ」…1996年10月4日 テレビ朝日「ミュージックステーション」
  • 「ドアをノックするのは誰だ?」…1996年10月4日 テレビ朝日「ミュージックステーション」
  • 「ぼくらが旅に出る理由」…1996年12月27日 テレビ朝日「ミュージックステーション」

カバー[編集]

いちょう並木のセレナーデ
  • 原田知世 - カバーアルバム『恋愛小説2〜若葉のころ』(2016年5月11日発売)の初回限定盤にボーナストラックとして収録[1]

脚注[編集]