愛し愛されて生きるのさ/東京恋愛専科・または恋は言ってみりゃボディー・ブロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
愛し愛されて生きるのさ /
東京恋愛専科・または恋は言ってみりゃボディー・ブロー
小沢健二シングル
初出アルバム『LIFE
リリース
ジャンル J-POP
レーベル EASTWORLD ⁄ 東芝EMI
作詞・作曲 小沢健二
プロデュース 小沢健二
チャート最高順位
小沢健二 シングル 年表
今夜はブギー・バック (nice vocal)
1994年
愛し愛されて生きるのさ / 東京恋愛専科・または恋は言ってみりゃボディー・ブロー
(1994年)
ラブリー
(1994年)
テンプレートを表示

愛し愛されて生きるのさ / 東京恋愛専科・または恋は言ってみりゃボディー・ブロー」(あいしあいされていきるのさ / とうきょうれんあいせんか・またはこいはいってみりゃボディー・ブロー)は、小沢健二の4枚目のシングル1994年7月20日東芝EMIより発売。

解説[編集]

2枚目のアルバム『LIFE』からの先行シングル。両A面であり、タイトル背部分は非常に細かい字で上下に書かれており、両A面を際立たせている。また、両方ともPVが制作されている。

2004年にカゴメ「野菜生活Soft」CMソングとして起用された。CMの内容は、街で見つけた本物の親子・カップル32組のキスシーン。このCMをきっかけにして、「愛し愛されて生きるのさ」が収録された『LIFE』が再び売れる、という現象が起きた。また、着信メロディのダウンロードランキングでも上位にランクインすることもあった。

収録曲[編集]

(全作詞・作曲・編曲:小沢健二)

  1. 愛し愛されて生きるのさ
  2. 東京恋愛専科・または恋は言ってみりゃボディー・ブロー
    小沢の曲でタイトルが最も長い曲。PVでは夜中の高速道路を車で走っている。高速道路は歌詞中にも出てくる。また歌詞中にも出てくる東京タワーを背に歌う場面もある。
  3. 愛し愛されて生きるのさ(オリジナル・カラオケ)
  4. 東京恋愛専科・または恋は言ってみりゃボディー・ブロー(オリジナル・カラオケ)

収録アルバム[編集]

『LIFE』(#1,2)

タイアップ[編集]

「愛し愛されて生きるのさ」…カゴメ野菜生活Soft」CMソング(2004年)

カヴァー[編集]

愛し愛されて生きるのさ[編集]

  • 蘭華 - アルバム『SWEETS! MACARON POP featuring Ranka』(2009年11月17日発売。After Time NQCL-1012。編曲:綾部健三郎)に収録。