犬は吠えるがキャラバンは進む

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
犬は吠えるがキャラバンは進む
小沢健二スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル イーストワールド / 東芝EMI
プロデュース 小沢健二
チャート最高順位
小沢健二 年表
犬は吠えるがキャラバンは進む
1993年
LIFE
1994年
『犬は吠えるがキャラバンは進む』収録のシングル
テンプレートを表示

犬は吠えるがキャラバンは進む』(いぬはほえるがきゃらばんはすすむ)は、 小沢健二のファーストアルバム。1993年9月29日東芝EMIより発売。その後1997年7月24日、『dogs』と改題された。2002年2月6日、『Eclectic』の発売に先駆けて再発売(商品番号や価格は同じ)された。

解説[編集]

  • ソロデビュー後初となるオリジナルアルバム。
  • 『犬は吠えるがキャラバンは進む』と『dogs』とでは、ジャケットデザインなど音源以外のみが異なる。また、前者には書かれていたライナーノーツが後者では削除されている。
  • 『dogs』のジャケットデザインは、白いジャケットに蛍光ピンクと蛍光イエローの透明な板が入っただけ、というシンプルなものに仕上がっている。これは平野敬子によるもので、透明な板の使用は『夢が夢なら』以来である。
  • 『犬は吠えるがキャラバンは進む』の帯は2種類ある。当初発売されたものは赤地に白字というものであったが、『戦場のボーイズ・ライフ』発売以降に出荷されたものは白字に黒字というものであった。後者には、本作に対して「'94年服部良一音楽賞受賞作」という表記がある。

収録曲[編集]

全曲作詞・作曲・編曲:小沢健二
  1. 昨日と今日(5分48秒)
  2. 天気読み mastered for album(6分39秒)
    1枚目のシングル。
    アルバムバージョンであり、シングル版よりフェードアウトするのが遅くなっている。
  3. 暗闇から手を伸ばせ mastered for album(4分32秒)
    2枚目のシングルで、元々は1枚目のシングルのカップリングとして収録されていた。
    アルバムバージョンであり、今作への収録に当たってマスタリングし直されている。
  4. 地上の夜(4分46秒)
  5. 向日葵はゆれるまま(2分36秒)
  6. カウボーイ疾走(5分30秒)
  7. 天使たちのシーン(13分31秒)
    小沢健二の全楽曲中、最長の曲である。
    後に、大槻ケンヂによりカヴァーされた。
  8. ローラースケート・パーク(7分19秒)