球体の奏でる音楽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
球体の奏でる音楽
小沢健二スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル 東芝EMI
プロデュース 小沢健二
チャート最高順位
小沢健二 年表
LIFE
1994年
球体の奏でる音楽
(1996年)
Eclectic
(2002年)
『球体の奏でる音楽』収録のシングル
  1. 大人になれば
    リリース: 1996年9月30日
テンプレートを表示

球体の奏でる音楽』(きゅうたいのかなでるおんがく)は、小沢健二の3枚目のアルバム。または、同アルバムの収録曲である。1996年10月16日東芝EMIから発売された。2002年2月6日、『Eclectic』の発売に先駆けて、再発売された(商品番号や価格は同じ)。

解説[編集]

全編ジャズ・アレンジのアルバム。演奏時間25分51秒、6曲+間奏曲2曲、とミニアルバムに近い構成である。前作に引き続き、演奏・コーラスで東京スカパラダイスオーケストラのメンバーが参加し、コーラスでヒックスヴィルが参加した。渋谷毅川端民生が演奏で参加している。

収録曲[編集]

全作詞・作曲・編曲:小沢健二、"球体多重奏団"オーケストレーション・指揮:服部隆之(4,5,7)

  1. ブルーの構図のブルース
  2. 大人になれば
  3. Alé?
    「あれっ?」を連呼する19秒程度の曲
  4. ホテルと嵐
  5. すぐに会えるかな?
  6. 旅人たち
    「球体の奏でる音楽」に詞を付け、別アレンジで演奏した楽曲。
  7. 球体の奏でる音楽
    インスト曲。
    シングル「大人になれば」のカップリング曲。
  8. みんなで練習を
    練習時の音響を収録したもの