Young Love

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Young Love
サザンオールスターズスタジオ・アルバム
リリース
録音 1995年10月6日 - 1996年6月23日
VICTOR STUDIO
猫に小判STUDIO
ジャンル ロック
時間
レーベル タイシタレーベル
プロデュース サザンオールスターズ
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1996年度年間7位(オリコン)
  • 歴代アルバム売上41位(オリコン)
ゴールドディスク
サザンオールスターズ 年表
HAPPY!
(1995年)
Young Love
(1996年)
海のYeah!!
1998年
『Young Love』収録のシングル
  1. あなただけを 〜Summer Heartbreak〜
    リリース: 1995年7月17日
  2. 愛の言霊 〜Spiritual Message〜
    リリース: 1996年5月20日
  3. 太陽は罪な奴
    リリース: 1996年6月25日
テンプレートを表示

Young Love』(ヤング・ラヴ)は、サザンオールスターズの12枚目のオリジナルアルバムであり、本作の4曲目に収録されている楽曲名である。1996年7月20日発売。発売元はタイシタレーベル

その後、1997年4月23日に早くも再発がなされ、2008年12月3日に再発売されている。

解説[編集]

デビューから18年を経ていたサザンが、長く空いたリリースやソロ活動もあり原点復帰をテーマとして制作された作品である。

それまで深く関わっていた小林武史とのタッグは本作からは無くなり、編曲はサザン自身のセルフプロデュースのものが多い。

前作発売からかなりの間隔が空いたことが大きく、アルバム未収録シングルが多い。前作『世に万葉の花が咲くなり』では先行シングル2作がカップリング曲含め計4曲収録されたことに対し、前作から本作発売までに製作されたシングル7作のうち、『HAPPY!』発売までの4作は未収録となった。

ジャケットはセカンド・アルバム『10ナンバーズ・からっと』以来約17年ぶりにメンバー全員の写真が使われた。桑田曰く「当初からメンバーの写真を使うことにしていた」とのこと。ジャケットのアート・ワークは信藤三雄が手がけた。メンバーはそれぞれ、メンバーが強く影響を受けている1960年代から1970年代洋楽ロックのジャケットのパロディをしている[1]

また、空を飛ぶ飛行船はレッド・ツェッペリンの『レッド・ツェッペリン I en』のパロディである。

なお、オリジナル盤の品番はVICL-777。また、『世に万葉の花が咲くなり』では制作されなかったアナログLPも少数ながら制作された。更に、当時普及し始めていたMDでも同時発売された。MDとしての音源リリースが各レコード会社から試みられたのはごく僅かな期間であったため、本作のMD版も現在ではまず見かける事は無い。

チャート成績[編集]

1996年に制定された海の日に合わせたため、オリコンチャートの集計上不利な土曜日(一般には水曜日に発売されると有利と言われる)発売になった。実質的な集計期間はわずかに2日間のみであったものの7月29日付アルバムチャートで初週1位を獲得。2週目の8月5日付の同チャートでミリオンを記録し[2]、最終的には累計249.4万枚(オリコン調べ)を売り上げて、シングル・アルバムを通して自身初のダブルミリオンを達成し、オリジナルアルバムでは最大のセールスを記録している[3]

収録曲[編集]

  • シングル収録曲は各シングルで説明しているため、ここでは説明を省略する。
  1. 胸いっぱいの愛と情熱をあなたへ(3'49)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/英語補作詞:Tommy Snyder/編曲:サザンオールスターズ
    桑田出演のゼネラルモーターズ(名義はヤナセ)「キャデラック・セビル(AK34K型)」CMソング
    タイトルはレッド・ツェッペリンの「胸いっぱいの愛を」からの引用。サウンドも往年のブリティッシュ・ロックを意識している。
    歌詞中に「Cadillac」が登場するが、この曲中では自動車の事ではなく、『高貴な』といった意味。
  2. ドラマで始まる恋なのに(5'30)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    歌詞には英語が一切登場せず、全て日本語で書かれている。後に発売されるバラードベストアルバムバラッド3 〜the album of LOVE〜』には未収録。ライブでも1度も演奏されていない。
  3. 愛の言霊 〜Spiritual Message〜(5'40)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/SAX SOLI編曲:山本拓夫
    1996年発売された37枚目のシングル。
  4. Young Love (青春の終わりに)(4'00)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    タイトル曲。サポート無しのメンバーによるバックアレンジ、ハーモニカコーラスワーク等はビートルズの初期の楽曲を大きく意識している。
  5. Moon Light Lover(4'53)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/管編曲:山本拓夫 & サザンオールスターズ)
    ニフティNIFTY-Serve」(現・NIFTY-SERVE)CMソング。
    歌詞に登場する「匂艶(にじいろ)」は「匂艶 THE NIGHT CLUB」でも使われた桑田の造語である。
    この曲のベースは関口の演奏ではなく桑田がミュージックシーケンサーで打ち込んだものになっている[4]
    20周年ベストアルバム海のYeah!!』や、バラードアルバムバラッド3 〜the album of LOVE〜』にも収録されている。
  6. 汚れた台所(キッチン)(4'13)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    社会・政治などを憂いた歌詞のロックナンバー。小林武史とのダブルプロデュースで製作されていた時期は多重録音で作られた曲が多かったが、本曲は久々にメンバー一同スタジオに集い、サポートメンバー無しの一発録りでレコーディングされた。バンドサウンドが前面に押し出されており、ライブで演奏される事も多い。2005年の「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」出演時に演奏され、後日NHK衛星第2テレビでライブの模様が放送された際には、歌詞中の「不細工な精液(たね)」という歌詞が表示されていたが、翌週のNHK総合テレビでの再放送時には歌詞テロップのみ削除された。
  7. あなただけを 〜Summer Heartbreak〜(5'15)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/管編曲:山本拓夫 & サザンオールスターズ)
    1995年に発売された36枚目のシングル。
  8. 恋の歌を唄いましょう(4'27)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/弦編曲:中西俊博 & サザンオールスターズ)
    原由子ボーカル曲。
  9. マリワナ伯爵(4'09)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    タイトルの「マリワナ」は「大麻 (マリファナ)」のことを指す。歌詞にローリング・ストーンズが登場している。
  10. 愛無き愛児(まなご) 〜Before The Storm〜(4'38)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/英語補作詞:Tommy Snyder/編曲:サザンオールスターズ)
    サビなどが変拍子になっている。
    アルバム『バラッド3 〜the album of LOVE〜』にも収録されている。
  11. 恋のジャック・ナイフ(4'37)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    シングル「愛の言霊 〜Spiritual Message」のカップリング曲。イントロのDJの声のみ、シングル盤とアルバム盤では異なる。『海のYeah!!』にもこちらのアルバムバージョンで収録された。
  12. Soul Bomber (21世紀の精神爆破魔)(4'23)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/英語補作詞:Tommy Snyder/編曲:サザンオールスターズ/管編曲:山本拓夫 & サザンオールスターズ)
    サブタイトルはキング・クリムゾンの代表曲「21世紀の精神異常者」のもじり。
    2015年に行われたツアー「おいしい葡萄の旅」にて久々に演奏された。
  13. 太陽は罪な奴(4'22)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/英語補作詞:Tommy Snyder/編曲:サザンオールスターズ/弦編曲:中西俊博 & サザンオールスターズ)
    1996年発売の先行38枚目のシングル。
    前曲「Soul Bomber」後奏のクラクションのSEから繋がる形で、冒頭に音が加えられている。都会の無機質な雑音から一転して浜辺の波音に変わる、コンセプトアルバムの応用。
  14. 心を込めて花束を(4'07)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:宮川泰
    結婚式で使われることも多い曲。ほぼオーケストラピアノの伴奏だけで歌われている。ラッツ&スターのメンバー全員の合同結婚式において、媒酌人を務めた際の鈴木雅之の父との会話が、この曲を生むきっかけとなっている。ライブではラストを飾ることが多く、『茅ヶ崎ライブ 〜あなただけの茅ヶ崎〜』でもラスト曲として歌われている。その際の音源は2000年発売のシングル「この青い空、みどり 〜BLUE IN GREEN〜」のカップリング曲として収録されている。編曲はデビュー当時親交の深かった宮川泰によるもの。編曲にサザンオールスターズのクレジットが無い数少ない楽曲でもある。
    アルバム『バラッド3 〜the album of LOVE〜』にも収録されている。

参加ミュージシャン[編集]

胸いっぱいの愛と情熱をあなたに
ドラマで始まる恋なのに
愛の言霊 〜Spiritual Message〜
Young Love (青春の終わりに)
  • 角谷仁宣 - コンピュータ・オペレーション
Moon Light Lover
汚れた台所
  • 角谷仁宣 - コンピュータ・オペレーション
あなただけを 〜Summer Heartbreak〜
  • 山本拓夫 - テノール & バリトン・サクソフォーン
  • 荒木敏夫 - トランペット
  • 角谷仁宣 - コンピュータ・オペレーション
  • 高安錬太郎 - コンピュータ・オペレーション
恋の歌を唄いましょう
マリワナ伯爵
  • 角谷仁宣 - コンピュータ・オペレーション
愛無き愛児 〜Before The Storm〜
  • 角谷仁宣 - コンピュータ・オペレーション
恋のジャック・ナイフ
  • 角谷仁宣 - コンピュータ・オペレーション
  • 川崎悦子 - SPECIAL THANKS
Soul Bomber (21世紀の精神爆破魔)
太陽は罪な奴
  • 山本拓夫 - テノール・サクソフォーン
  • 飛鳥ストリングス - ストリングス
  • 角谷仁宣 - コンピュータ・オペレーション
心を込めて花束を
  • 上柴はじめ - キーボード
  • 清岡太郎 - トロンボーン
  • 松本治 - トロンボーン
  • 宮本直樹 - トロンボーン
  • 高桑英世 - フルート
  • 岩佐和弘 - フルート
  • 十亀正司 - クラリネット
  • 石橋雅一 - オーボエ
  • 藤田乙比古 - ホルン
  • 田場英子 - ホルン
  • 朝川朋之 - ハープ
  • 小池弘之STRINGS - ストリングス
  • 角谷仁宣 - コンピュータ・オペレーション

再発売[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]