ベッツィ&クリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベッツィ&クリス
基本情報
ジャンル フォークソング
活動期間 1969年 - 1973年
レーベル 日本コロムビア
MGMレコード
事務所 青山音楽事務所
メンバー
ベッツィ (ボーカル
クリス (ボーカル、ギター

ベッツィ&クリス(Betsy & Chris)は、ハワイ州出身のベッツィとアイダホ州出身のクリスによるフォークソングデュオ。日本語で歌っていた。1969年サウンズ・オブ・ヤング・ハワイのメンバーとして来日した際にスカウトされ、デビュー。青山音楽事務所に所属していた。

概要・来歴[編集]

メンバー[編集]

ベッツィ (エリザベス・ヴァージニア・ワーグナー Elizabeth Virginia Wagner)ボーカル 1952年9月4日生まれ

クリス (クリスティーン・アン・ロルセス Christine Anne Rolseth)ボーカル、ギター 1952年6月25日生まれ

作品[編集]

シングル[編集]

  1. 白い色は恋人の色 (1969年10月1日)オリコン2位  作詞: 北山修、作曲: 加藤和彦 
    (c/w) パピルスの船に乗って
  2. 花のように (1970年2月10日)オリコン9位  作詞: 北山修、作曲: 加藤和彦
    (c/w) すてきだったから
  3. 恋よさようなら (1970年3月)英語詞  作詞: ハル・デヴィッド、作曲: バート・バカラック
    (c/w) 傷心のジェット
  4. 夏よおまえは (1970年6月1日)オリコン18位  作詞: 麻生ひろし、作曲: 井上かつお
    (c/w) 灯影のふたり
  5. 娘は花をまとっていた (1970年7月)オリコン96位  作詞: 増永直子、作曲: 海野こうじ
    (c/w) 僕の中の君
  6. ホワイト・クリスマス (1970年11月)英語詞  作詞、作曲: アーヴィング・バーリン
    (c/w) きよしこの夜
  7. 美しいものたちよ(1970年11月)  作詞: 北山修、作曲: 加藤和彦
    (c/w) 北国の恋歌
  8. ふたりだけの島 (1971年4月)  作詞: 麻生ひろし、作曲: 海野こうじ
    (c/w) 春のコンチェルト
  9. 子供たちよ(1971年8月)英語詞  作詞: 片桐和子、作曲: 海野こうじ
    (c/w) 夕暮のふたり
  10. つばめ(1972年2月)作詞: 片桐和子、作曲: 海野こうじ
    (c/w) みち
  11. 今日からは想い出 (1972年7月)  作詞: 石津善之、作曲: 今井久
    (c/w) 恋する娘たち
  12. 美しい星 (1972年12月)  作詞: 山上路夫、作曲: 村井邦彦
    (c/w) 海に逢いたい
  13. 幸せを手のひらに (1973年5月)  作詞: 石津善之、作曲: 利根常昭
    (c/w) サヨナラを残して

なお、かつて、日本ブリタニカの英語教材『マコちゃんとガコちゃんシリーズ』における『バラエティブック』で、 歌のコーナーを担当していたため、知らず知らずのうちに二人の歌声を聴いていた世代は多いと思われる。

アルバム[編集]

  • フォーク・アルバム (1970年2月25日、CD: 2007年4月18日)
  • ベスト・オブ・ベッツィ&クリス (1970年)
  • ワンダフル・ワールド・オブ・アロハ
  • 日本の詩
  • フォーク・アルバム第2集
  • オン・ステージ
  • B&C
  • ゴールデン・ヒッツ(1973年、CD: 1995年9月1日)
  • リサイタル(1973年、CD: 2007年4月11日)
  • ベスト・オブ・ベッツィ & クリス (CD: 1994年5月21日、1970年アルバムと別内容)
  • GOLDEN☆BEST ベッツィ&クリス(CD: 2009年1月21日)

外部リンク[編集]

  • Betsy & Chris - ベッツィの公式ウェブサイト内のページ。ディスコグラフィーや当時の写真を掲載。日本語の翻訳表示も可。