いなせなロコモーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いなせなロコモーション
サザンオールスターズシングル
初出アルバム『Kick Off!
B面 LOVE SICK CHICKEN
リリース
規格 7インチレコード ('80)
8cmCD ('88,'98)
12cmCD ('05)
デジタル・ダウンロード
録音 1980年3月 - 4月
VICTOR STUDIO
MEDIA STUDIO
HITOKUCHIZAKA STUDIO
ジャンル ロック
時間
レーベル ビクター音楽産業
Invitation
タイシタレーベル(再発盤)
作詞・作曲 桑田佳祐 (#1)
作詞:大森隆志 & フジミ・ミドリ / 作曲:大森隆志 (#2)
プロデュース サザンオールスターズ
チャート最高順位
サザンオールスターズ シングル 年表
恋するマンスリー・デイ
(1980年)
いなせなロコモーション
(1980年)
ジャズマン (JAZZ MAN)
(1980年)
テンプレートを表示

いなせなロコモーション」は、サザンオールスターズの8枚目のシングル1980年5月21日発売。発売元はビクター音楽産業(現:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント) / Invitation

1988年6月25日CD化、1998年2月11日にも8cmCDとして、2005年6月25日には12cmCDで再発され、計3回再発売されている。

5ヶ月連続リリースするFIVE ROCK SHOWの第3弾シングルである。

解説[編集]

FIVE ROCK SHOW第3弾。同企画は当初5ヶ月連続シングルリリースの予定だったが、レコーディング時間などの関係から前作「恋するマンスリー・デイ」と本作の間には2ヶ月間の間が出来てしまっている。売上は企画内最大であり、1998年ベストアルバム海のYeah!!』にも収録されている。

ちなみに、本作はサザンのシングルとしては初めて、メンバーがジャケットに登場していない。これは『わすれじのレイド・バック』まで続く。また、この作品より『匂艶 THE NIGHT CLUB』まで、アーティスト表記が「SOUTHERN ALL STARS.」の右寄せ3行表記で続く。

ジャケットデザインは永井博による。

収録曲[編集]

  1. いなせなロコモーション(4:47)
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ)
    アサヒビール(現・アサヒ飲料)『三ツ矢サイダーCMソング
    歌詞の中には、コニー・フランシスドリス・デイシュープリームスフランキー・ヴァリビーチボーイズなど、桑田が強い影響を受けた1950年代から1960年代を代表する、オールディーズと呼ばれるアメリカンポップスのアーティスト名が多数登場する。ライブでの演奏頻度が高い楽曲であり、後年のライブではチアリーディングや応援団風の演奏形態がとられるなどのアレンジがされている。1998年の、サザン20周年ライブ『スーパーライブ in 渚園 モロ出し祭り』では、この曲の演奏途中で爆笑問題による、この曲の歌詞を題材にした漫才が挿入された。
    2000年のシングル「この青い空、みどり 〜BLUE IN GREEN〜」のアナログ版のc/wにライブバージョンが収録されている。
  2. LOVE SICK CHICKEN(3:35)
    (作詞:大森隆志 & フジミ・ミドリ 作曲:大森隆志 編曲:サザンオールスターズ)
    ギター大森隆志ボーカル曲であり、作詞曲も本人が担当。シングルに桑田以外のボーカル曲が収録されるのは、本作が初である。限定盤ベストアルバム『HAPPY!』に収録。

参加ミュージシャン[編集]

収録アルバム[編集]

※斜字は廃盤作品。

外部リンク[編集]