大澤誉志幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大沢誉志幸から転送)
移動先: 案内検索
大澤 誉志幸
出生名 大沢誉志幸
別名 大沢誉志幸
生誕 (1957-10-03) 1957年10月3日(59歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都杉並区高円寺
学歴 駒澤大学
ジャンル J-POP
ロック
AOR
R&B
プログレッシブ・ロック
ソウル
ファンク
ボサノヴァ
職業 歌手
作曲家
音楽プロデューサー
担当楽器 ギター
活動期間 1978年 - 現在
(ソロ歌手:1983年 - 1999年,
2002年 - 現在)
レーベル EPICソニー
ワーナーミュージック
コンチネンタル・スター
事務所 渡辺プロダクション(独立前)
Sorte Music Entertainment
共同作業者 柳川英己(クラウディ・スカイ)
銀色夏生
公式サイト ★yoshiyuki ohsawa official website

大澤 誉志幸(おおさわ よしゆき、1957年10月3日 - )は、日本歌手作曲家音楽プロデューサー。本名同じ。東京都杉並区高円寺出身。駒澤大学卒業[1]。身長170cm。血液型AB型。1999年(平成11年)までは大沢誉志幸(読みは同じ)名義で活動していた。2歳違いの兄が1人いる。

経歴[編集]

中学生の頃から兄がグループ・サウンズを聴いていた事から音楽に興味を持ち、ボブ・ディランオーティス・レディングなどを聴き始め、高校の学園祭でバンドを結成して音楽活動を始める。駒澤大学在学中、初期はブルーグラスをやっていたが、のちにR&Bに傾倒。大学3年の1978年(昭和53年)にロックバンド「クラウディ・スカイ」を結成(大沢はボーカルギター担当)。卒業後の1981年(昭和56年)4月にビクターからレコード・デビューするが、ヒット曲を出す事も出来ずバンドの方向性を巡って他のバンドメンバーとトラブルになった事から、アルバム1枚(『明日はきっとハレルヤ』)とシングル2枚(「悲しきコケコッコ」「私は蝉になりたい」)を残すのみで同年末に解散。バンド解散直後の1982年1月、大沢は印税を前借りしてその金で単身渡米する。ニューヨークのクリストファー・ストリート近辺のロフトで約1年間過ごし、他のアーティスト(特にアイドル歌謡曲)へのプロデュース及び楽曲提供の傍ら、ジャズクラブや美術館に入り浸る日々を送っていた。

帰国後、エピックのディレクターに才能を見出され、ミュージシャン契約を結び、当時のロック・ミュージシャンとしてはかなり珍しいタイプで「アイドルへの積極的楽曲提供とプロデュース」[2]で一躍売れっ子作曲家として注目を浴びる。楽曲提供活動と並行しながらソロ活動を始め、1983年(昭和58年)6月22日に「大沢誉志幸」名義でシングル「彼女には判らない」、アルバム『まずいリズムでベルが鳴る』でソロデビュー。

1980年代は作詞家銀色夏生とタッグを組み、「そして僕は途方に暮れる」[3]「恋にjust can't wait」「ゴーゴーヘブン」などのシングルヒット、アルバム『Serious Barbarian』のシリーズ三部作やオムニバスアルバム『Dance to Christmas』の企画などで、鈴木雅之佐野元春TM NETWORK渡辺美里大江千里等と並びエピック黄金時代の稼ぎ頭として活躍していた。

1989年(平成元年)の「STOP&ギミーラヴ」前後から、音楽性がスタイリッシュなAORサウンドへと移行し始め、1995年(平成7年)にワーナーに移籍すると『Love Healing』『Loveduce』『Love Life』の「LOVE3部作」を発表した。1998年(平成10年)末にレーベルの枠を越えた2枚組ベストアルバム『ID Y BEST COLLECTION』を発表した後、1999年(平成11年)3月5日、「悦楽の15年 最後のシャウト」(東京国際フォーラム ホールC)を以って、大沢誉志幸としての歌手活動を終了、その後数年間は作曲家やプロデューサー活動に専念する。

2002年(平成14年)にボサノヴァ等のブラジル音楽を基調にしたサウンドを打ち出し、「大沢誉志幸」から「大澤誉志幸」に改名して歌手復帰。2003年(平成15年)には古巣のエピック25周年記念のイベント「LIVE EPIC 25」にも出演し、ソロデビュー20周年盤『Y』をエピックから発表した。2004年(平成16年)からは自身のレーベルSORTEに腰を据え、『Favorite』を軸にした活動を行っている。

2011年(平成23年)にはフジテレビ系列僕らの音楽』に出演し吉川晃司とのツインボーカルで「LA VIE EN ROSE」(実際は「LA VIE EN ROSE 2011」)を披露し、のちに吉川のベストアルバム『SINGLES+』に収録される。またFNS歌謡祭にも出演し、同曲と「そして僕は途方に暮れる」を吉川とのツインボーカルで披露した。

2012年(平成24年)からは、「渡り鳥ツアー」というアコースティックツアーを開始。日本全国を回っている。

2013年(平成25年)からは、山下久美子とアルバム制作やライブを行うなど、精力的に活動中。

人物[編集]

  • 作曲は全て本人が行い、作詞は他の作詞家が担当する事が多いが、楽曲によっては作詞作曲の双方を本人が担当する場合もある[4]。又、大澤の楽曲にはリカットシングルも比較的多く、特にエピック在籍時代は「Scoop」「LIFE」「SCRAP STORIES」を除いてリカットシングルが必ず一曲存在している[5]
  • ボブ・ディランやオーティス・レディング等からの影響を受けたハスキーなボーカル、R&Bやソウルミュージックを巧みに取り入れたスタイリッシュなロックサウンドを特徴としており、特に初期の楽曲はロックサウンドを前面に打ち出した楽曲が多い。又、独特のコーラスワークやスキャットも特徴としている。その一方、ファルセットは出せず、全て大澤自身の地声で歌っている。
  • かつて同じレーベルに所属していた鈴木雅之鈴木聖美佐野元春岡村靖幸バブルガムブラザーズや大澤がプロデュースを手掛けた相手の一人として渡辺プロダクション時代の後輩だった吉川晃司等と親交が深い。特に鈴木姉弟、岡村、バブルガムブラザーズとは1987年と1988年に大澤がプロデュースを手掛けたジョイントコンサートやオムニバスアルバムで共演している。また、大澤と同じ大学出身で、且つミュージシャンである後輩として久保田利伸等が居る。
  • 高円寺出身である事から、毎年夏季に行われる高円寺阿波踊り祭りにも興味が強く、青年時代には必ず参加していたという。阿波踊りで一番大事なコツは、腰よりも“顔”で、「顔が作れない人はヘタ。人をおもしろおかしくさせるために踊るんだから、百面相してください。次は“手”。年代によって、切れ味をねらうか、もしくは円を描くような、枯れた境地に入るか。若いうちは、ピシッピシッっと切れがよくないと絵にならないね」[6]という持論をもつ。
  • 「誉志幸」の名前の由来は、生れた病院名が「美誉志病院」だったのと、父親の名前「幸康」からとられたという[6]
  • スーツ姿をトレードマークとしており、CD等のジャケットにもスーツやジャケットを着用している事が多い。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  1. 彼女には判らない(Why don't you know)(1983.06.22)
  2. e-Escape(1983.10.21)
  3. ハートブレイク・ノイローゼ(1984.01.21)
  4. その気×××(mistake)(1984.04.01)※資生堂サマーキャンペーンテーマソング
  5. そして僕は途方に暮れる (1984.09.21)※日清食品カップヌードルCMソング[7]
  6. 彼女はfuture-rhythm (1985.4.21)
  7. 彼女は future-rhythm〔Special Dance Mix〕(1985.06.21)- 12inch Single
  8. 恋にjust can't wait(1985.9.21)
  9. FO(u)R-TUNE(1985.12.12)- 12inch Single 2枚組
  10. クロール(1986.05.21)※三ツ矢サイダーCMソング
  11. ゴーゴーヘブン(1987.09.02)※アニメ「シティーハンター」主題歌
  12. 君の住む街角(1988.01.21)※スズキスクーター「アドレス」CM
  13. Dance To Christmas(1988.10.21)
  14. Stop & ギミーラブ(1989.03.21)
  15. Standard Lover(1989.06.21)
  16. G(1989.09.21)
  17. Real Action(1989.12.01)
  18. 月と密林〔ジャングル〕(1990.09.01)
  19. ずっと甘い口唇(1990.11.21)
  20. 忘れられなくて(1992.04.08)
  21. naive(1992.09.21)※ミズノCM、C/W曲 虹を越えて、1992年、ローソンCMソング
  22. 初恋(1993.05.21)※映画「ぼのぼの」主題歌
  23. Angelic Baby(1993.10.01)
  24. 涙のかわりに(1993.11.21)
  25. 1/2の神話[8](1994.07.21)
  26. ガラス越しに消えた夏〔ストリングバージョン〕[9](1994.10.21)※エピック最後のシングル。
  27. 愛する能力(ちから)〜明日へ、未来へ〜(1995.06.25)※武田薬品工業アリナミンV CMソング
  28. 甘い関係(1995.08.25)※よみうりテレビダウンタウンDX」エンディング・テーマ曲
  29. せつない時は僕がいる〜素晴らしい世界〜(1995.12.10)
  30. キャンドルを消さないで(1996.11.30)
  31. Lovejenic(1997.02.10)
  32. トパーズ(1998.03.25)
  33. Summer Breeze〜心が還る場所〜(2002.09.18)
  34. 夏の終わりの午後 / ABnormal(2005.09.05)- 2枚組
  35. そして僕は途方に暮れる(25th ver.) (2008.05.07)
  36. ピンク スパイダー(2013.07.17)- 大澤誉志幸 with DIE名義。hide with Spread Beaverのシングル曲のカバー

未発売シングル[編集]

オリジナル・アルバム[編集]

  1. まずいリズムでベルが鳴る(1983年)
  2. SCOOP(1984年)
  3. CONFUSION(1984年)
  4. in・Fin・ity(1985年)
  5. LIFE(1986年)
  6. SCRAP STORIES(1987年)
  7. Serious Barbarian(1989年)
  8. Serious Barbarian II(1989年)
  9. 楽園 Serious Barbarian III(1990年)
  10. NAIVE(1992年)
  11. MASQUERADE(1993年)
  12. Collage(1994年)
  13. Love Healing(1995年)
  14. Loveduce(1997年)
  15. Love Life(1998年)
  16. Nova-Bossa nova(2002年)
  17. Y(2003年)
  18. Season's greetings 〜春〜(2008年)
  19. Season's greetings II 〜夕凪〜(2008年)
  20. 水月鏡花 Y.Ohsawa 30th anniversally album self cover&new songs(2011年)- 新曲&セルフカバー

※1〜9枚目迄のオリジナルアルバムは1993年10月2013年4月Blu-spec CD2仕様)に再発売されている。

コンピレーション・アルバム[編集]

  1. Frenzy2(1985年)- 12inch Singleで出した曲を全て集めたコンピレーションアルバム
  2. Y -naive collection-(1992年10月21日)
  3. The Night(1998年)
  4. 明日はきっとハレルヤ(2012年)- ミニアルバム

ベスト・アルバム[編集]

  1. Frenzy(1985年)- 3rdアルバムまでの収録曲(シングルバージョンは含まず)からのベストアルバム
  2. I.D Y BEST COLLECTION(1998年)
  3. GOLDEN☆BEST 大沢誉志幸 I.D Y II Y COOOL BEST COLLECTION(水の中のナイフ)(2002年) - 初期のシングル曲やヒット曲が収録されていない。「そして僕は途方に暮れる」は別バージョンで収録されている。
  4. THE LEGEND(2003年) - EPICレコード25周年記念盤
  5. TraXX -Yoshiyuki Ohsawa Single Collection-(2010年)- シングル集。デビューシングルから2005年のシングルまで(12inch Singleや企画ものを除き)A面曲がほぼ網羅されている。

企画アルバム[編集]

  1. Dance To Christmas(1988年)
  2. Favorites(2004年)
  3. &Friends(2013年) - 山下久美子とのコラボレーション・アルバム。
  4. &Friends Ⅱ(2014年) - 山下久美子とのコラボレーション・アルバム。

楽曲提供・プロデュース[編集]

その他、小泉今日子アンルイス荻野目洋子Chara八代亜紀等に楽曲提供しており、その数は100曲以上に亘る。

映画出演[編集]

ドラマ出演[編集]

未放送ドラマ[編集]

出版本[編集]

  • Curve in New York (CBS・ソニー出版、1987年1月)
  • Curve in Spain (CBS・ソニー出版、1987年1月) - 写真集(撮影:岩岡吾郎。詩:銀色夏生
  • ラブ・ライフ(アスキー、1998年5月)

脚注[編集]

  1. ^ 在籍していた学部は不明。
  2. ^ 中森明菜沢田研二などが特に有名。ジャニーズ関係の仕事では、アイドルの楽曲とは思えないような曲やアレンジに仕上げていた。
  3. ^ アルバム『CONFUSION』からのシングルカットだが、シングル版とアルバム版ではアレンジが異なる。
  4. ^ 例・「CONFUSION」「彼女はfuture-rhythm」、大澤がプロデュースした相手の一人であるビートたけしの楽曲「ハードレインで愛はズブヌレ」等は作詞作曲共に大澤が担当している。
  5. ^ 例・「そして僕は途方に暮れる」(アルバム「CONFUSION」から)、「Standard Lover」(アルバム「SERIOUS BARBARIAN」から)、「naive」(アルバム「NAIVE」から)等
  6. ^ a b 大沢誉志幸『Curve in New York』(CBS・ソニー出版、1987年1月)
  7. ^ ハナレグミ福山雅治佐藤竹善高杉さと美他、様々なアーティストによるカバーバージョンが多数存在する。
  8. ^ 中森明菜への提供曲のセルフカバー。
  9. ^ 鈴木雅之への提供曲のセルフカバー。
  10. ^ 大澤自身、「会心の出来で、非常に気に入っている」と発言している一方、「吉川にやらずに、俺が歌っておけば良かった」と冗談交じりで発言していた事があった。当時、大澤は同年発売(1984年)のアルバム「CONFUSION」のレコーディング等も担当していたが、大澤が当時所属していた渡辺プロダクションの社長から「今、全力を挙げて吉川をクローズアップしているので、大澤の様な海の物とも山の物とも分からない奴に金を掛けていられない」とも言われていた。
  11. ^ FC会報『Fun』Vol.39
  12. ^ FC会報『Fun』Vol.36

外部リンク[編集]