ベストヒットUSAS (Ultra Southern All Stars)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サザンオールスターズ > サザンオールスターズのディスコグラフィ > ベストヒットUSAS (Ultra Southern All Stars)
ベストヒットUSAS
(Ultra Southern All Stars)
サザンオールスターズミュージック・ビデオ
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル タイシタレーベル
プロデュース サザンオールスターズ
タイシタレーベル
ビクターエンタテインメント
アミューズ
チャート最高順位
  • 週間2位 (DVD総合・オリコン[1]
  • 2005年度年間10位(DVD音楽・オリコン)
ゴールドディスク
  • ゴールド(日本レコード協会[2]
  • サザンオールスターズ 映像作品 年表
    SUMMER LIVE 2003「流石だスペシャルボックス」胸いっぱいの “LIVE in 沖縄” & 愛と情熱の “真夏ツアー完全版”
    2003年
    ベストヒットUSAS (Ultra Southern All Stars)
    (2004年)
    FILM KILLER STREET (Director's Cut) & LIVE at TOKYO DOME
    2006年
    テンプレートを表示

    ベストヒットUSAS (Ultra Southern All Stars)』(ベストヒットユー エス エー エス (ウルトラ サザンオールスターズ)) は、サザンオールスターズミュージック・ビデオ集。2004年12月15日DVDで発売。発売元はタイシタレーベル

    背景[編集]

    1980年代に一世を風靡した洋楽のミュージック・ビデオを紹介するテレビ朝日音楽番組ベストヒットUSA』の形式をそのままに、ミュージック・ビデオやライブの映像を流していくというもの。オープニングテーマは本家と同様にヴェイパー・トレイノルズの「サーフサイド・フリーウェイ」を使用し、進行役も桑田と交流がある小林克也が務める。また、セット内には実際の『ベストヒット』にサザンオールスターズがゲスト出演した際に書いたサインが飾られた。

    ミュージック・ビデオと同時に、リリースの際に放送されていたテレビCMも収録されており、その中には明石家さんまが友情出演したアルバム『KAMAKURA』のCMや、当時まだ無名だったパパイヤ鈴木とおやじダンサーズ(パパイヤ鈴木は当時本名の鈴木寛の名義)が出演したベスト・アルバム海のYeah!!』のCMなども含まれている。

    チャート成績[編集]

    本作は累計10.4万枚(オリコン調べ)を売り上げて、『真夏の大感謝祭 LIVE』に売上を抜かれる前までは最高売上を記録していた[3]

    収録曲[編集]

    公式サイトやパッケージ裏では順不同で曲目が並んでいるが、ここでは正しい曲順を紹介している。

    1. 君こそスターだ
      49thシングル。横浜日本ビクターの本社ビル屋上でサザンのファンクラブ会員を集めて撮影。
    2. 彩 〜Aja〜
      48thシングル。タイ王国日本でロケーションを行った。作品内には同じアミューズ所属の神木隆之介が出演。
    3. 愛の言霊 〜Spiritual Message〜 (LIVE Version)
      37thシングル。2003年フジテレビ系『桑田佳祐の音楽寅さん 〜MUSIC TIGER〜』内で放送された鎌倉建長寺でのFC特別ライブ映像。
    4. チャコの海岸物語 (LIVE Version)
      14thシングル。1982年日本武道館で行われたライブのテイク。VHSソフト『武道館コンサート』などに収録されているものと同じである。
    5. マンピーのG★SPOT (LIVE Version)
      35thシングル。2000年茅ヶ崎で行われた『茅ヶ崎ライブ 〜あなただけの茅ヶ崎〜』でのライブテイク。映像はWOWOWで放送されたもの。
    6. 愛と欲望の日々
      50thシングル。撮影場所は日光江戸村。PVの前にメイキングも収録されている。
    7. ミス・ブランニュー・デイ
      20thシングル。PVが非常に過激な内容だったため当時はお蔵入りとなり、制作から20年以上も経ってから公に初公開されたもの。ちなみに、冒頭に出てくる「キャピタゴン」とはビクターエンタテインメントが当時開催していたビデオコンサートイベントの事で、オリジナルマスターテープが行方不明になったために同イベント用のマスターから収録された。
    8. 東京シャッフル
      19thシングル。桑田佳祐ニュースキャスターに扮する1人コントから始まる。なお、このPVがテレビなどで公開される場合、コント部分はカットされることが多い。
    9. 素敵なバーディー (NO NO BIRDY)
      33rdシングル。岩井俊二が監督を務めたPV。電車でのシーンは江ノ島電鉄の車両を1両借り切って撮影された。サザン歴代PVの中でもNo.1の完成度という呼び声も高い。
    10. TSUNAMI
      44thシングル。実際に映画撮影で使われる東映のスタジオで撮影された。
    11. イエローマン 〜星の王子様〜
      43rdシングル。桑田のデブスタイルは特殊メイクで5時間以上かけて作り上げたもの。
    12. HOTEL PACIFIC
      45thシングル。撮影場所は観音崎京急ホテル
    13. 夢に消えたジュリア
      49thシングル。中国杭州で撮影。同時にJALのCM撮影も兼ねた。

    CM[編集]

    ※放送順に準ずる。

    1. マンピーのG★SPOT』TVCM
    2. バラッド3 〜the album of LOVE〜』TVCM
    3. KAMAKURA』TVCM
    4. Ya Ya (あの時代を忘れない)』TVCM
    5. 海のYeah!!』TVCM
    6. さくら』TVCM

    脚注[編集]

    [ヘルプ]
    1. ^ オリコン ベストヒットUSAS(Ultra Southern All Stars) オリコンスタイル 2015年9月2日閲覧
    2. ^ 2004年12月度認定作品 日本レコード協会 2015年9月20日閲覧
    3. ^ サザンオールスターズ、キャリア30年以上アーティストによるDVD史上初の首位 オリコン 2017年1月6日閲覧

    外部リンク[編集]