タイニイ・バブルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
タイニイ・バブルス
サザンオールスターズスタジオ・アルバム
リリース
録音 1980年1月10日 - 3月2日
VICTOR STUDIO
MEDIA STUDIO
ジャンル ロック
時間
レーベル ビクター音楽産業
Invitation
タイシタレーベル(再発盤)
プロデュース 高垣健
Burning Publishers
チャート最高順位
  • 週間1位(2週連続、オリコン
  • 1980年度年間13位(オリコン)
サザンオールスターズ 年表
ベスト・オブ・サザンオールスターズ
1979年
タイニイ・バブルス
(1980年)
Kick Off!
(1980年)
『タイニイ・バブルス』収録のシングル
  1. C調言葉に御用心
    リリース: 1979年10月25日
  2. 涙のアベニュー
    リリース: 1980年2月21日
  3. 恋するマンスリー・デイ
    リリース: 1980年3月21日
テンプレートを表示

タイニイ・バブルス』(Tiny Bubbles) は、サザンオールスターズの3枚目のオリジナル・アルバム1980年3月21日発売。発売元はビクター音楽産業(現:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント) / Invitation

後にCD化され、1984年6月21日1989年6月25日1998年4月22日2008年12月3日の計4回再発売されている。

解説[編集]

発売当時『FIVE ROCK SHOW』と打ち出し、シングル5ヶ月連続リリースという企画を実施した。しかし同アルバム収録で同発された「恋するマンスリー・デイ」と「いなせなロコモーション」の間に2ヶ月が要されたため、実際は6ヶ月となった。同時期よりレコーディングに集中する為TVなどメディアの露出を控えることとなり、当時TV出演を中心に活動を行っていたためシングルの売上が激減した。しかしメンバーにとってはテレビ出演のストレスから解放され、充実したレコーディングが行うことのできたアルバムであった。初めて桑田以外のメンバー(と松田)が1曲ずつボーカルを取った曲が収録されている。

この作品の表ジャケットにはが使われており、裏ジャケットにメンバー全員分の写真が猫になっているものが載せられ、メンバーは片隅に小さく載っておりサザン作品としては初めて表ジャケットにメンバーが写っていない作品となった。なお、タイトルの「タイニイ(「小さな」の意)」とは、英語圏のでペットの猫に付けられる一般的な名前である。

本作のカセットテープ盤のジャケットは、LP盤とはジャケット違いであったが、初回生産のみで、後にLP盤と同一のものに統一されている。

高田みづえが「私はピアノ」をカバーしヒットした後、原由子が歌う原曲も注目され、レコード店ではこのアルバムのLP盤の帯に「私はピアノ」の文字が大きく印刷して店頭に並べることが増えていた。

同バンドの初期の楽曲はバーニングが権利を持っており、本作もプロデュースはバーニングプロダクションによるものである。

1998年の再発盤の初回限定盤は、オリジナルLP復刻ジャケット(紙ジャケット)仕様で、ウルフルズトータス松本によるライナーノーツが封入されている。

日本の音楽雑誌「snoozer」が2007年12月号で発表した「日本のロック・ポップアルバム究極の150枚」に於いて99位(サザン唯一のランクイン)。

チャート成績[編集]

本作は自身の作品初であるオリコンチャート1位を記録した作品であり[1]、本作以降2015年の発売『葡萄』までオリジナルアルバムはすべてオリコンチャートで1位を獲得している。

収録曲[編集]

  • シングル収録曲は各シングルで説明しているため、ここでは説明を省略する。なお、オリジナル・アナログ盤では6曲目からがB面となっている。
  1. ふたりだけのパーティ ~ Tiny Bubbles (type-A) (5:05)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/弦管編曲:新田一郎
    ヤマザキナビスコ「チップスター」CMソング。
    自身としては初のメドレー形式楽曲。桑田がボーカルを取った曲としては最も高音域な楽曲であり、地声の最高音はhiDまで到達する。「Tiny Bubbles (type-A)」は単独曲でないため厳密には異なるが、本アルバム収録の「Tiny Bubbles (type-B)」と同時に自身初の全英語詞曲となる。
    曲中のスライドギターは桑田が演奏している[2]
  2. タバコ・ロードにセクシーばあちゃん (3:35)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/弦管編曲:新田一郎)
    コミカルなタイトルだが、内容は人生の晩年を迎えた男女の恋心を歌ったラブソングである。
    タバコ・ロード”とは、アメリカ南部のジョージア州で、煙草の葉・綿などの農業で発展した街を通る街道の通称で、同タイトルアメリカ映画ブルース音楽が存在する。
  3. Hey! Ryudo! (ヘイ! リュード!) (4:07)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/管編曲:八木正生
    涙のアベニュー」のカップリング曲であるが、シングル盤からは桑田と関口の漫才的掛け合いや後奏がカットされている。こちらのバージョンはシングル盤にのみ収録。
  4. 私はピアノ (4:03)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/弦管編曲:八木正生)
    原由子初のソロボーカル曲。後に高田みづえにカバーされヒットとなる。タイトルはバグルスのシングル曲「I Am A Camera」のもじり。
  5. 涙のアベニュー (4:06)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/弦管編曲:八木正生)
    FIVE ROCK SHOW 第1弾(通算では6枚目)のシングル。
  6. TO YOU (3:43)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/弦管編曲:八木正生)
    歌詞中にはサザンが所属する事務所アミューズの名が登場する。
  7. 恋するマンスリー・デイ (4:16)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    同時発売となり実質シングルカットとなった7枚目のシングル。
  8. 松田の子守唄 (2:57)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/弦管編曲:新田一郎)
    ドラムス松田弘初のメインボーカル曲。タイトルはフォークグループ赤い鳥の「竹田の子守唄」のもじり。ライブでも幾度か演奏され、松田はドラムを叩きながらのボーカルを披露した。
  9. C調言葉に御用心 (4:38)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/弦編曲:新田一郎)
    5枚目のシングル。
  10. Tiny Bubbles (type-B) (2:21)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    単独曲としてはサザン初の全英語詞曲。1曲目の「Tiny Bubbles」部分がカットされた形となるが、歌詞・歌唱共に異なる。
  11. 働けロック・バンド (Workin' for T.V.) (4:01)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/弦管編曲:八木正生)
    歌詞は、テレビ出演に忙殺されていた際の嘆きや怒りを歌っている。タイトルは自分達自身に訴えかけている。

参加ミュージシャン[編集]

  • 谷口陽一 - スティール・ギター
  • Linda - コーラス
  • 京谷弘司 - バンドネオン
  • 新田一郎 - トランペット
  • 兼崎順一 - トランペット
  • 吉田俊之 - トロンボーン
  • 包国充 - テナーサックス
  • 羽鳥幸次 - トランペット
  • 武田和三 - トランペット
  • 安孫子浩 - トランペット
  • 岡野等 - トランペット
  • 中沢忠孝 - トロンボーン
  • 福井寛隆 - トロンボーン
  • 鍵和田道男 - トロンボーン
  • 市原宏祐 - テナーサックス
  • 三森一郎 - テナーサックス
  • 清水万紀夫 - クラリネット
  • 鈴木重男 - アルトサックス
  • 鈴木正男 - クラリネット
  • 数原晋 - トランペット
  • 平内保夫 - トロンボーン
  • 砂原俊三 - バリトンサックス
  • Jake-H-Conception - サクソフォーンフルート
  • Joe Strings - ストリングス
  • 玉野グループ - ストリングス
  • 多グループ - ストリングス

再発売[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ サザンオールスターズ会報 代官山通信 vol.130 4ページより
  2. ^ 桑田佳祐「ただの歌詩じゃねえか、こんなもん」(1984年、新潮社、p87)

外部リンク[編集]