We are

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
We are
オフコーススタジオ・アルバム
リリース 1980年11月21日
録音 1980年8月21日-9月28日
FREEDOM STUDIO 1 & 2
1980年10月1日
DAVLIN STUDIO (Saxophone & Steelguitar)
ジャンル ポップス
ロック
レーベル エキスプレス ⁄ 東芝EMI
プロデュース オフコース
チャート最高順位
ゴールド等認定
オフコース 年表
LIVE
1980年
We are
(1980年)
SELECTION 1978-81
1981年
We are 収録の シングル
  1. Yes-No ⁄ 愛の終わる時
    リリース:1980年6月21日
  2. 時に愛は ⁄ 僕等の時代
    リリース:1980年12月1日
テンプレートを表示

We are(ウィー・アー)は、1980年11月21日に発売されたオフコース通算8作目のオリジナルアルバム

解説[編集]

8月から始まったアルバム制作は、9月末にすべての録音を終え、アメリカでミックスダウンを行った。ミキサーとして依頼したビル・シュネーは、TOTOボズ・スキャッグススティーリー・ダンなど多くのミュージシャンのプロデュースやミキシングを手掛けたエンジニアだった。きっかけは、小田がツアー中のある地方でパチンコをしたときにパチンコ玉と交換したレコードがボズ・スキャッグスの『ミドル・マン』で、良い音なのでジャケットを見たらエンジニアとしてクレジットされていたのがビル・シュネーだった。早速、小田が連絡をとったところ、他にも候補を立てた中でビルが最初に返事をしたからだという。

ビル・シュネーの仕事振りには驚かされることが多く、その音楽的センス、手際のよさ、大胆さ。微妙な感覚に多くを学び、『We are』は満足の出来となった。このアルバムについて武藤敏史は「ミキサーというのは、最終的に音楽をまとめる、いわばコンダクターでしょう。今まではどちらかというと、電機家とかエンジニアだった。彼らが、もっとこういう風にしたいなと思っても、いつも電機との闘いで、エンジニアはもうひとつ彼らの思うように表現できていなかった。それをはじめて可能にしたのがビル・シュネーだったんだよね。彼もまたアーティストだったから。彼らの思うように表現してくれる人だった。だから彼らも満足しているんじゃないかな」と語っていた。

5人のオフコースなのだから、権利も責任も5等分にすると小田は考えた。それを明確に示すため、ジャケットの表にはローマ字のタイプで5人の名前が並べられた[1]。裏側も5人の写真が、同じ大きさで並べられた。

A-3「おまえもひとり」のギターソロは歌の裏およびエンディングが鈴木、間奏が松尾の演奏。コンサートでも同じ振り分けで、鈴木は複雑なフレーズを正面を向いて歌いながら弾いている。

A-5「いくつもの星の下で」は、なかなか曲が出来なかったときにやっと作り上げたものの、自分でも判断がつかず、スタジオで初めて音を出したとき、メンバーの一人に「イイ曲だよこれ!」と言われてホッとしたことを覚えていると、鈴木が後に『BeSide[2]のセルフライナーで書いている。

B-2「せつなくて」はクレジット上は大間と松尾の作品だが、松尾によれば実際には、特にサビの部分は小田に相当手伝ってもらったという。この曲は後に松尾がシングル「せつなくて[3]にてセルフカヴァーしているが、そこでは小田がオフコース解散後初となる元メンバーとのコラボレーションとして、ピアノ&ピアノ編曲で参加している。

B-3「Yes-No」はシングルではイントロに収録されていた富樫要のフリューゲルホーンが省略され、後半部に大間によるカウベルが加えられている。

B-4「私の願い」は小田のプロデュースで鈴木雅之によってカヴァーされ、アルバム『Dear Tears』[4]に収録、後にシングルカットされた[5]2005年の小田のコンサートツアーに先立ち、ピアノ弾き語りで歌って欲しい曲のアンケートを取ったところ、最もリクエストの多かった曲である。

B-5「きかせて」はコンサート・ツアー“We are”でも本編の最後を締める曲として使われ、曲の後半ではニューヨークの夜景の映像が使われた。大間によればこの曲のドラムは「自分でもよくぞここまでと思う」というほど一切の無駄を省いた究極のドラミングだという。

収録曲[編集]

SIDE A[編集]

  1. 時に愛は  (5“47”)
    作詞 • 作曲 : 小田和正
  2. 僕等の時代  (3“49”)
    作詞 • 作曲 : 小田和正
  3. おまえもひとり  (4“22”)
    作詞 : 鈴木康博清水仁、作曲 : 鈴木康博
  4. あなたより大切なこと  (4“19”)
    作詞 • 作曲 : 小田和正
  5. いくつもの星の下で  (4“22”) 
    作詞 • 作曲 : 鈴木康博

SIDE B[編集]

  1. 一億の夜を越えて  (4“27”)
    作詞 : 安部光俊 作曲 : 鈴木康博
  2. せつなくて  (4“29”)
    作詞 : 大間仁世松尾一彦、作曲 : 松尾一彦
  3. Yes-No  (4“32”)
    作詞 • 作曲 : 小田和正
  4. 私の願い  (3“35”)
    作詞 • 作曲 : 小田和正
  5. きかせて  (4“31”)
    作詞 • 作曲 : 小田和正

クレジット[編集]


  • Exectuive Producer    TOSHIFUMI MUTOH (Assistant    MASAHIKO INA)
  • Recording Engineer    SHIROH KIMURA (Sept-1)
  • Mixing Engineer    BILL SCHNEE (Assistant    STEVEN FONTANO)
  • Assistant Engineer    SUSUMU MERA (FREEDOM STUDIO)
  • Associate Engineer    RYOJI HACHIYA
  • Recorded at FREEDOM STUDIO 1&2 from Aug.21 to Sep.28
  • Saxophone & Steelguitar at DAVLIN STUDIO (Oct.1)
  • Remixed at CHEROKEE STUDIO from Sep.29 to Oct.2
  • Cutting at THE MASTERING LAB (Oct 7,10)


  • General Manager    KAZUHIKO NISHIZAWA
  • Promotion Manager    HIROSHI “MAJO” UENO
  • Tour Manager    KAZUTOYO KOUCHI
  • Road Manager    KANAME TOGASHI


  • Graphic Concept, Design    HIROYUKI FUKUZATO
  • Photography    JIN “TAMJIN” TAMURA



  • Our Tour Staff
    • Stage    TETSURO MISHIMA (Musical Station)    KAZUHIKO AZUMA    HIDEKI KUGA
    • Sound    SHIROH KIMURA (Sept-1)    RYOHEI KAWAMINAMI (Sept-1)    MASANORI YAMAZAKI (Sept-1)
    • Lighting    AKIRA OKABE (Staff Service)    HIDEKI MAKI (Staff Service)    KOHJI SASAKI (Staff Service)


  • Special Thanks to
    • TOSHIBA EMI NITTA GROUP
    • P.M.P - ICHI ASATSUMA    AKIRA SASAJIMA    HARUYOSHI KAWAMOTO    GEORGE KAKIZAKI
    • Freedom Studio    Mac Studio    Leo Music    MAKOTO SUGIMOTO    HISASHI FUJITA    SHIGERU YOSHIDA    Ibanez    Fujigengakki    Ludwig & Zildjian    imported by NONAKA BOEKI CO., LTD.


  • Originally Released in 1980/11/21 as EXPRESS ETP-90038

脚注[編集]

  1. ^ 順序は生年月日順。
  2. ^ 1996年10月23日発売 ZIG ZAG ⁄ BMG VICTOR CD:BVCR-772
  3. ^ 2010年10月20日発売 Still Life Records CD:CVOV-10002
  4. ^ 1989年9月21日発売 EPIC/SONY CD:32•8H-5117
  5. ^ 私の願い」 1989年12月1日発売 EPIC/SONY SCD:ESDB-3045