ホタル・カリフォルニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ホタル・カリフォルニア
サザンオールスターズライブ・ビデオ
リリース
録音 1995年8月5日8月6日
神奈川県横浜市横浜みなとみらい21 臨港パーク
ジャンル J-POP
ポップ・ミュージック
ロック
時間
レーベル ビクターエンタテインメント
TAISHITAレーベル
サザンオールスターズ 年表
歌う日本シリーズ 1992〜1993 LIVE at YOKOHAMA ARENA 29th Dec.1992
1993年
ホタル・カリフォルニア
(1995年)
平和の琉歌 〜Stadium Tour 1996 "ザ・ガールズ万座ビーチ" in 沖縄〜
(1997年)
テンプレートを表示
サザンオールスターズ スーパー・ライブ・イン・横浜 ホタル・カリフォルニア
サザンオールスターズ の ツアー
場所 神奈川県横浜市横浜みなとみらい21 臨港パーク
初日 1995年8月5日
最終日 1995年8月6日
公演数 全2公演
ウェブサイト 公式サイト
サザンオールスターズ ツアー 年表
Victor PRESENTS サザンオールスターズ1993年末スペシャル 「しじみのお味噌汁」コンサート
1993年 - 1994年
サザンオールスターズ スーパー・ライブ・イン・横浜 ホタル・カリフォルニア
(1995年)
KIRIN LAGER PRESENTS サザンオールスターズ スタジアムツアー 1996 「ザ・ガールズ万座ビーチ」
1996年

ホタル・カリフォルニア』(ほたる・かりふぉるにあ)は、日本バンドサザンオールスターズのライブ・ビデオ。発売元はビクターエンタテインメント/TAISHITAレーベル

解説[編集]

1995年8月5日と8月6日に横浜で行われたコンサート『スーパー・ライブ・イン・横浜 ホタル・カリフォルニア』を収録したビデオ。

タイトルはイーグルスの楽曲「ホテル・カリフォルニア」をもじったもので、ゲストの西城秀樹はそのセンスを「さすが、桑田さん」と評している[1]

収録曲[編集]

  1. OVER・TURE
    サイドカーに乗って松田弘野沢秀行大森隆志関口和之原由子が登場した後[注 1]、ゲストの西城秀樹が「激しい恋」に乗せて登場。
  2. YOUNG MAN (Y.M.C.A.)
    ゲストの西城秀樹が歌唱。終了後に桑田がばいきんまんのお面を着けミニバイクに乗って登場[注 2][2]
  3. いなせなロコモーション
  4. みんなのうた
  5. シュラバ★ラ★バンバ
  6. My Foreplay Music
  7. 気分しだいで責めないで
  8. 夕方 Hold On Me
  9. C調言葉に御用心
  10. 涙のキッス
  11. GIRLS ON THE BEACH 〜 栞のテーマ
  12. いとしのエリー

MC

  1. ゆけ!!力道山
  2. YOU
  3. 愛は花のように (Olé!)
  4. 鎌倉物語
    映像では原の子供時代や学生時代の写真が途中で流れている。
  5. 希望の轍
  6. 鬼太鼓囃子[注 3]ニッポンのヒール
    メンバーが踊りながらサブステージに移動。17曲目と18曲目はアコースティック編成となり、原も桑田と大森に交じってアコースティックギターを弾いていた。
  7. チャコの海岸物語
    終盤では桑田が1982年の『第33回NHK紅白歌合戦』で見せた三波春夫の物真似を再現した。
  8. あなただけを 〜Summer Heartbreak〜
    二番の「海岸で」の部分を「横浜で」に変えている。
  9. 夕陽に別れを告げて
  10. 真夏の果実
  11. ミス・ブランニュー・デイ
  12. フリフリ'65
  13. ボディ・スペシャルII
  14. マンピーのG★SPOT
  15. 勝手にシンドバッド
    西城が『ホタル・カリフォルニア』のロゴマークがあしらわれた浴衣を着用して再びステージに登場しており、桑田を肩車する一幕もあった[1]

アンコール

  1. 女呼んでブギ
  2. Ya Ya (あの時代を忘れない)
    エンディングでは出演者全員が集まり、桑田が「西城秀樹とそのグループでしたぁ! サザンだぁ!!」と西城をメインに出して名前を叫び、花火が打ち上がる中、全員で繋いだ手を高く上げてステージを退場した。

ボーナストラック

  1. 赤鼻のトナカイ
    桑田・大森・関口・原・松田の順に歌唱している。一番は原曲通りだが、二番の歌詞は野沢が過去についた「アマゾン川には体長1メートルにもなる巨大なセミがおり、人を持ち上げて飛ぶ」という嘘に関するネタになっている。なお、当の野沢は歌唱に参加しておらず、歌唱後にトナカイの着ぐるみを着用して登場するオチのコントであった。桑田は冒頭でこのトラックを「1995年年末特別公演[注 4] サザンオールスターズによる赤鼻のトナカイ」と題している。

エロティカ・セブンLOVE KOREAはカットされている。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 登場曲は松田は「勝手にしやがれ」、野沢は「また逢う日まで」、大森は「よろしく哀愁」、関口は「およげ!たいやきくん」、原は「プレイバックPart2」。
  2. ^ 登場曲は「いくぞ!ばいきんまん」。
  3. ^ 鬼太鼓座による演奏。
  4. ^ ちなみに、この年の年末はレコーディングに専念する事を理由にサザンとしての年越しライブを休止しており、12月31日に横浜アリーナで行われた岸谷五朗主催のアミューズのイベント『THE VARIETY III 異業種共演 大晦日の宴 〜FOR AAA』に桑田がレコーディングの合間を縫う形でゲストとして出演している[3]

出典[編集]

  1. ^ a b 産経新聞1995年9月9日分。
  2. ^ 朝日新聞 1996年6月28日
  3. ^ ACTIVITIES 1995 SOUTHERN ALL STARS OFFICIAL SITE

関連項目[編集]