愛はスローにちょっとずつ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
愛はスローにちょっとずつ
サザンオールスターズ配信限定シングル
リリース2019年8月12日
日本の旗 日本
規格デジタル・ダウンロード
12cmCD[注 1]
ストリーミング
ジャンルロック
時間4分35秒
レーベルタイシタレーベル
SPEEDSTAR RECORDS
作詞者桑田佳祐
作曲者桑田佳祐
プロデュースサザンオールスターズ
チャート順位
サザンオールスターズ シングル 年表
壮年JUMP
2018年
愛はスローにちょっとずつ
(2019年)
-
ミュージックビデオ(Full ver.)
「愛はスローにちょっとずつ」 - YouTube

愛はスローにちょっとずつ」(あいはスローにちょっとずつ、英語: LOVE TURNS SLOWLY -SOUL LONG-[3][4])は、サザンオールスターズの楽曲。自身の3作目の配信シングルとして、タイシタレーベル / SPEEDSTAR RECORDSから2019年8月12日に配信された。

なお、2019年12月20日からはストリーミング配信を開始した[5]

背景・リリース[編集]

前作「壮年JUMP」から約1年1か月ぶりとなる新曲で、本作は音楽配信CDの2形態での発売になることが2019年7月16日に発表された。CDは、自身のデビュー40周年を記念した本『SOUTHERN ALL STARS YEAR BOOK「40」』に付属されている[6][7]

『SOUTHERN ALL STARS YEAR BOOK「40」』は、ライブ会場で予約受付が行なわれており、ツアー終了とともに予約も締め切られていたが、今回の本作の封入決定を受けて「アスマート」にて限定で改めて予約期間が設けられることとなった[6]

プロモーション[編集]

2019年8月3日から配信を記念したTwitterの企画「『愛はスローにちょっとずつ』発売記念・納涼川柳」が開催され、参加者の中から抽選で40名にオリジナルグッズが当たるようになっている。また後日、特設サイトや桑田のラジオ冠番組桑田佳祐のやさしい夜遊び』 にて一部作品を紹介される[8]

2019年8月17日放送の『桑田佳祐のやさしい夜遊び』にて、「愛はスローにちょっとずつ」が生歌唱され、同時にサザンオールスターズ公式YouTubeチャンネルでも同時ライブ配信された[9]。放送は深夜にも関わらずYouTubeだけでも5万人以上が視聴した[10]。出演したメンバーはサザンのメンバーではなく、サザンや桑田ソロのサポートメンバーである斎藤誠ギター)、片山敦夫(キーボード)、TIGERコーラス)、はたけやま裕パーカッション)によって演奏された[11]

本作をダウンロードして、購入した画面をスクリーンショットして公式サイトの応募フォームに投稿すると、抽選でジャケット画像をあしらったオリジナルTシャツが40名に貰えるようになっている[9]

チャート成績[編集]

2019年8月26日付のオリコン週間デジタルランキングで初週3.2万DLを売り上げて、初登場3位にランクインした[1]。同日付のBillboard Japan Hot 100では33,481DLでダウンロード3位、ラジオ1位、Twitter51位で総合8位を記録した[12]

収録曲[編集]

  1. 愛はスローにちょっとずつ (4:35)[13]
    (作詞・作曲:桑田佳祐 / 編曲:サザンオールスターズ / 弦&管編曲:原由子
    日本テレビ日曜ドラマニッポンノワール-刑事Yの反乱-』主題歌。
    歌詞は優しく気持ちを撫でてくれるようなラブバラードになっており、失恋した男が孤独に過ごす時間の寂しさや切なさを歌っている[7][10]
    発売当初はノータイアップであったが、2019年10月3日に主題歌を担当することが発表された。また、同時にYouTubeミュージック・ビデオが公開され、2019年3月から6月まで行われていた全国ライブツアー『LIVE TOUR 2019 “キミは見てくれが悪いんだから、アホ丸出しでマイクを握ってろ!!” だと!? ふざけるな!!』最終公演の映像を中心に構成されており、舞台裏の映像やアーティスト写真の撮影風景のほか、過去の数々のライブやレコーディングの映像なども映し出されている[14]
    上記のライブツアーにて新曲として初披露された楽曲。ライブで披露されていた時は制作途中であったこともあり、タイトルに「(仮)」がついた表記であった[15][16]。桑田は上記のライブで楽曲を披露する際に「ツアーでお客さんとともに熟成させていく曲」「いつかよりよいチャンスがあったら世に出そうと思っています」と説明した[17]
    メディアでの初オンエアーは、2019年7月13日放送の『桑田佳祐のやさしい夜遊び』であった[16]

収録アルバム[編集]

曲名 作品名
愛はスローにちょっとずつ アルバム未収録

ミュージック・ビデオ収録作品[編集]

曲名 作品名
愛はスローにちょっとずつ 21世紀の音楽異端児 (21st Century Southern All Stars Music Videos)

ライブ映像作品[編集]

曲名 作品名
愛はスローにちょっとずつ LIVE TOUR 2019 “キミは見てくれが悪いんだから、アホ丸出しでマイクを握ってろ!!” だと!? ふざけるな!!

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 単独発売ではなく、デビュー40周年記念本『SOUTHERN ALL STARS YEAR BOOK「40」』に付属されるCDとしての扱いである。

出典[編集]

  1. ^ a b オリコン週間デジタルシングルランキング2019年8月26日付 オリコン 2019年8月21日閲覧
  2. ^ Billboard Japan Hot 100 2019年8月26日付 ランキング Billboard JAPAN 2018年8月21日閲覧
  3. ^ サザンオールスターズ - 愛はスローにちょっとずつ SOUTHERN ALL STARS OFFICIAL SITE
  4. ^ サザンオールスターズの最新曲「愛はスローにちょっとずつ」から見える、デビュー42年目に突入した今だからこそ描けた新境地SPICE 2019年9月2日配信 2022年5月18日閲覧
  5. ^ サザン関連全972曲 サブスク一斉解禁 メンバーソロ曲も対象に オリコン 2019年12月20日配信, 2019年12月20日閲覧
  6. ^ a b サザンオールスターズ、新曲「愛はスローにちょっとずつ」イヤーブックと共に限定発売 BARKS 2019年7月16日配信,2019年7月16日閲覧
  7. ^ a b サザン新曲、“スローにちょっとずつ”という深い愛のかたち MUSICVOICE 2019年8月18日配信, 2019年8月18日閲覧
  8. ^ サザンオールスターズ、40周年記念本の詳細が明らかに。インタビューの一部も公開 BARKS 2019年8月3日配信, 2019年8月4日閲覧
  9. ^ a b サザンオールスターズ、限定Tシャツが当たる応募キャンペーンがスタート BARKS 2019年8月12日配信, 2019年8月12日閲覧
  10. ^ a b ファンと共に“熟成”、自信と信頼から生まれたサザンの意欲作 オリコン 2019年8月23日配信, 2019年8月24日閲覧
  11. ^ 桑田佳祐、YouTubeライブ配信で「愛はスローにちょっとずつ」披露し大反響 音楽仲間と行った新たな試み Real Sound 2019年8月19日配信, 2019年8月24日閲覧
  12. ^ 【ビルボード】231,304枚を売り上げたNMB48「母校へ帰れ!」初登場総合1位、米津玄師「馬と鹿」は172,594DLで総合2位に初登場 Billboard JAPAN 2019年8月21日配信, 2021年8月4日閲覧。
  13. ^ 愛はスローにちょっとずつ サザンオールスターズ レコチョク 2019年8月18日閲覧
  14. ^ サザン「ニッポンノワール」主題歌を担当、東京ドーム公演や過去の映像映したMVも公開 音楽ナタリー 2019年10月3日配信, 2019年10月3日閲覧
  15. ^ サザンオールスターズ40周年ツアーで披露の新曲、8月にリリース 音楽ナタリー 2019年7月16日配信,2019年7月16日閲覧
  16. ^ a b 桑田佳祐、サザン新曲初オンエアで語った曲作りへの思い「時代はどんどん変わっても、音楽だけは怠けちゃいけない」 リアルサウンド 2019年7月15日配信,2019年7月16日閲覧
  17. ^ サザン40周年最大ツアー完結 レア曲祭りに未完成新曲披露、夢はEXILE加入!? オリコン 2019年6月17日配信,2019年7月21日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]