さくら (サザンオールスターズのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さくら
サザンオールスターズスタジオ・アルバム
リリース
録音 1997年2月13日 - 1998年9月28日
VICTOR STUDIO
猫に小判STUDIO
ジャンル ロック[1]
歌謡曲[2]
電子音楽[2]
ファンク[2]
ハードロック[2]
ジャズ[2]
時間
レーベル タイシタレーベル
プロデュース サザンオールスターズ
専門評論家によるレビュー
CDJournal.com link
チャート最高順位
  • 週間1位(2週連続、オリコン[3]
  • 1998年度年間32位(オリコン)
ゴールドディスク
サザンオールスターズ アルバム 年表
海のYeah!!
(1998年)
さくら
(1998年)
バラッド3 〜the album of LOVE〜
2000年
EANコード
EAN 4988002375318(CD盤)
EAN 4988002375325(アナログ盤)
EAN 4988002563975(2008年盤)
『さくら』収録のシングル
  1. 01MESSENGER 〜電子狂の詩〜
    リリース: 1997年8月21日
  2. BLUE HEAVEN
    リリース: 1997年11月6日
  3. LOVE AFFAIR 〜秘密のデート
    リリース: 1998年2月11日
  4. PARADISE
    リリース: 1998年7月29日
テンプレートを表示

さくら』(英語: Sakura)は、サザンオールスターズの13枚目のオリジナル・アルバム1998年10月21日にCDで発売。発売元はタイシタレーベル

発売1週間後の10月28日にはレコードとして発売され、2008年12月3日にCDで再発売されている。2014年12月17日からはダウンロード配信、2019年12月20日からはストリーミング配信が開始されている[5][6]

背景[編集]

前作『Young Love』から約2年3か月ぶりとなり、自身のデビュー20周年を迎えた後に発売されたアルバム[7]。本作が発売された1998年の世の中は『ノストラダムスの大予言』が的中、パソコンが誤作動を起こす2000年問題の可能性があった。こうした世の中や時代の光や影、21世紀に向けて制作された楽曲が収録されている[2][8]。アルバム全体のテーマとして「ネオジャパネスク」が挙げられている[9]

録音[編集]

この作品は総レコーディング時間は3,000時間に及び、1985年発売の『KAMAKURA』で記録した1,800時間を超え、当時のオリジナル・アルバムとしては最も長期にわたるレコーディングとなった[10]。クレジットにあるように実際1年半以上の期間をかけて製作した意味を込め、録音期間及び録音スタジオの記載の後には“So long long time!”との表記がある。その他SPECIAL THANKSとして製作に関わった人物に対し、それぞれ感謝の言葉が記されている。小林武史小倉博和には「For Your Advice and Warmest Friendship(あなたのアドバイスと温かい友情のおかげです)」と記載されている[11]

収録時間は78分27秒と12cmCDの最大収録時間である80分に近いものとなっているため、ビクターのサイトにも「問題作」と記されている[12]

リリース[編集]

発売形態

初回限定版は専用スリーブケース・ステッカー付き。アナログ(LP)盤も追って10月28日にVINYL版として発売された。

CDのジャケットは、前作『Young Love』や『海のYeah!!』に引き続き信藤三雄が手がけている[11]

再発売

プロモーション[編集]

本作のテレビCMは、収録曲の一部をいくつか流した全体的なアルバム宣伝向けのものと、タイアップの付いた「素敵な夢を叶えましょう」のみを流した2つのバージョンがある。この2つのCMは、共に2004年発売のDVDベストヒットUSAS (Ultra Southern All Stars)』に収録されている。

ツアー[編集]

1999年3月から5月にかけて本作と「イエローマン 〜星の王子様〜」を引っさげて全国ツアー「Se O no Luja na Quites(セオーノ・ルーハ・ナ・キテス) 〜素敵な春の逢瀬〜」を開催[13][14]

このツアーで歌われた曲数は全28曲に渡り旧作や「イエローマン」を含めマニアックな曲を中心に構成された。このアルバムからは13曲歌われている。「勝手にシンドバッド」「いとしのエリー」などのヒット曲は歌われず「いかにもサザンっぽい曲は封印した異色のコンサートだった」と評された[15][16]

自身初の4大ドーム公演(東京ドーム大阪ドームナゴヤドーム福岡ドーム)を含む全国10都市22公演が開催された。これまでのサザンはスタジアムでのライブのイメージが強かったが、このころからドーム公演も本格的に行うようになった[16]

受賞歴[編集]

チャート成績[編集]

本作は累計96.9万枚(オリコン調べ)を売り上げ、オリジナル・アルバムとしては『KAMAKURA』以来のミリオン割れとなった[18]。しかし、出荷枚数の関係により、日本レコード協会では、旧基準の時のトリプル・プラチナ(最低出荷枚数120万枚以上)に認定されている[4]

収録曲[編集]

  • シングル収録曲は各シングルで説明しているため、ここでは説明を省略する。
  • 収録時間はCD(VICL-63314)付属ブックレットに記載されている時間である。
  1. NO-NO-YEAH / GO-GO-YEAH (5:38)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    歌詞中にはSGT. Doraemonが登場する。
    コーラスを付けようか迷っていたところ、小林武史がたまたま同じビクタースタジオにいたため、アドバイスを貰ったという[10]。そのため、本アルバムではプロデューサーでは無いが、歌詞カードのクレジットに小林の名前がSPECIAL THANKS表記で載せられている[11]
    ドラムスミュージックシーケンサーによる打ち込みと松田による生音を切り替えた音の取り方となっている[10]
  2. YARLEN SHUFFLE 〜子羊達へのレクイエム〜 (4:16)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/管編曲:山本拓夫
    日本の安全神話の崩壊を歌った社会風刺曲。
    直後に公式で行われたファンを対象にしたインターネットでの人気投票で1位になった[19]
  3. マイ フェラ レディ (3:55)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:島健 & サザンオールスターズ/管編曲:山本拓夫/弦編曲:島健)
    桑田がフォー・フレッシュメン&ファイヴ・トロンボーンズの作品をモチーフにして制作した楽曲。製作時から仮タイトルは「マイ フェラ レディ」だったという[10]
    タイトルだけでなく歌詞にも性的な表現が多数登場する。本格的なジャズのメロディに、日本語とスペイン語との口語表現を掛けている。また、桑田の多重録音によるコーラスが用いられている。
  4. LOVE AFFAIR 〜秘密のデート〜 (5:20)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/管編曲:山本拓夫)
    1998年に発売された41枚目シングル。
  5. 爆笑アイランド (4:07)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    歌詞は社会問題などに関するものである[20]
    間奏のラップは1998年の小渕内閣発足時に小渕恵三首相が演説で実際に使った言葉である[20]
  6. BLUE HEAVEN (4:47)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/英語補作詞:Tommy Snyder/編曲:サザンオールスターズ)
    1997年に発売された40枚目シングル。
  7. CRY 哀 CRY (4:57)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    42枚目シングル「PARADISE」のカップリング曲。
  8. 唐人物語 (ラシャメンのうた) (4:21)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    テレビ朝日ドキュメンタリー番組驚きももの木20世紀』テーマソング。
    原由子ボーカル曲。前曲終了直後にイントロなく歌い出される。括弧内の「ラシャメンのうた」はサブタイトルであり、タイトルは「とうじんものがたり」と読む。また“ラシャメン”とは「洋妾」のことである[21]
    歌詞は江戸時代末期に実在した芸者“唐人お吉”こと斎藤きちの事を綴っており、お吉の出身地である下田の情景が随所に記されている(唐人坂、稲生沢など)[2]
    ベスト・アルバム『バラッド3 〜the album of LOVE〜』や『海のOh, Yeah!!』にも収録されている。
  9. 湘南SEPTEMBER (4:32)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/弦編曲:島健)
    湘南を舞台にした失恋ソング[22]
    ミュージック・ビデオは製作されていないが、2003年のDVDInside Outside U・M・I』にイメージビデオが収録された。また、アルバム『バラッド3 〜the album of LOVE〜』にも収録されている。
    桑田と親交を持っている三代目 桂春蝶は、この曲を「僕が愛してやまない曲」であると述べている[23]
  10. PARADISE (5:54)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/英語補作詞:Tommy Snyder/編曲:サザンオールスターズ)
    1998年に発売された42枚目シングル。
  11. 私の世紀末カルテ (6:42)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    41枚目シングル「LOVE AFFAIR 〜秘密のデート〜」のカップリング曲。
  12. SAUDADE 〜真冬の蜃気楼〜 (4:52)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/管編曲:山本拓夫)
    ボサノヴァ調の曲で、タイトルの「サウダージ」とは哀愁、郷愁などの意味を持つ[2][24]。歌詞には「コルコバードの丘」「イエマンジャー」「アフォシェ」などブラジルを舞台にした言葉が使われている。アルバム『バラッド3 〜the album of LOVE〜』や『海のOh, Yeah!!』にも収録されている。
  13. GIMME SOME LOVIN' 〜生命果てるまで〜 (4:02)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    タイトルはスペンサー・デイヴィス・グループの同名曲の引用。SMについての歌[2]
  14. SEA SIDE WOMAN BLUES (4:22)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    39枚目のシングル「01MESSENGER 〜電子狂の詩〜」のカップリング曲。
  15. (The Return of) 01MESSENGER 〜電子狂の詩〜 <Album Version> (5:12)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/編曲補:林憲一 & 角谷仁宣/管編曲:山本拓夫)
    1997年に発売された39枚目シングル。
    ドラムンベースの要素が追加されるなど、シングルバージョンからは大幅にアレンジが加えられている。イントロのアレンジは同年8月に行われたライブ『スーパーライブ in 渚園 モロ出し祭り』でのものであるが、本作では歌入り以降にも全体的なアレンジが加えられている。他にもシングルとアルバムバージョンではアレンジなどが違う曲がいくつか存在するが、同曲は唯一別表記が制定されている曲である。
  16. 素敵な夢を叶えましょう (5:09)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:島健 & サザンオールスターズ)
    関西テレビ・フジテレビ系ドラマこいまち』主題歌。また、TBSラジオ爆笑問題カーボーイ』エンディングテーマ。
    ピアノオーケストラを主体としているが、1番後の間奏ではピアニカが使用され、2番後の間奏以降はジャズ風のサクソフォーンが加わる。『バラッド3 〜the album of LOVE〜』や『海のOh, Yeah!!』でも最後に収録されている。
    歌詞にはビートルズの「Let It Be」のフレーズが引用されている。
    2015年4月3日に放送されたテレビ朝日系『ミュージックステーション』で、ゆず北川悠仁が応援ソングとしてこの曲を挙げ、「ちょうどデビューして2年目くらいで、環境や仲間が変わった時にこの曲ばかりを聴いて励まされた」と語った[25][注 2]

参加ミュージシャン[編集]

NO-NO-YEAH / GO-GO-YEAH
YARLEN SHUFFLE 〜子羊達へのレクイエム〜
マイ フェラ レディ
  • 島健 - ピアノ
  • 村田陽一 - トロンボーン
  • 広原正典 - トロンボーン
  • 片岡雄三 - トロンボーン
  • 山城純子 - バストロンボーン
  • 角谷仁宣 - コンピュータ・オペレーション
LOVE AFFAIR 〜秘密のデート〜
  • 角谷仁宣 - コンピュータ・オペレーション
  • 山本拓夫 - テノール & バリトン・サクソフォーン
  • 金原千恵子グループ - ストリングス
爆笑アイランド
  • もののけ隊 - シャウト
  • 渡辺理恵 - フィーメイルラップ
  • 山門雅代 - フィーメイル・ラップ
  • 角谷仁宣 - コンピュータ・オペレーション
BLUE HEAVEN
  • 角谷仁宣 - コンピュータ・オペレーション
CRY 哀 CRY
  • 角谷仁宣 - コンピュータ・オペレーション
唐人物語 (ラシャメンのうた)
  • 角谷仁宣 - コンピュータ・オペレーション
湘南SEPTEMBER
  • 金原千恵子グループ - ストリングス
  • 山本拓夫 - テノール・サクソフォーン
  • 角谷仁宣 - コンピュータ・オペレーション

SAUDADE 〜真冬の蜃気楼〜
GIMME SOME LOVIN' 〜生命果てるまで〜
  • 角谷仁宣 - コンピュータ・オペレーション
SEA SIDE WOMAN BLUES
(The Return of) 01MESSENGER 〜電子狂の詩〜 <Album Version>
  • 小倉博和 - エレクトリックギター
  • 山本拓夫 - テノール & バリトン・サクソフォーン
  • 村田陽一 - トロンボーン & バストロンボーン
  • 荒木敏男 - トランペット
  • 角谷仁宣 - コンピュータ・オペレーション
素敵な夢を叶えましょう
  • 島健 - ピアノ & ピアニカ
  • 金原千恵子グループ - ストリングス
  • BOB ZUNK - アルト・サクソフォーン & フルート
  • 淵野繁雄 - アルト・サクソフォーン
  • 包国充 - テノール・サクソフォーン
  • 竹野昌邦 - テノール・サクソフォーン
  • 山本拓夫 - バリトン・サクソフォーン
  • 藤田乙比古 - ホルン
  • 萩原顕彰 - ホルン
  • 朝川朋之 - ハープ
  • 三沢またろう - ティンパニ & シンバル
  • 角谷仁宣 - コンピュータ・オペレーション

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2003年6月度までの旧基準。最低累計正味出荷枚数120万枚以上の作品に適用。
  2. ^ 桑田とゆずはこのアルバムが発売された年の6月28日放送のスペースシャワーTVの特番『電リク野郎ELVISスペシャル“オール サザン 電リク”』で初めて共演し[26]、それ以来互いの才能を認め合う仲になっている[25][27]

出典[編集]

  1. ^ 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p66
  2. ^ a b c d e f g h i 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p128-129
  3. ^ 【オリコン】サザンオールスターズ、今年度初のアルバム2週連続首位 オリコン 2018年8月14日閲覧
  4. ^ a b The Record vol.470 p9 日本レコード協会 2020年9月10日閲覧
  5. ^ サザン、全266曲を世界111ヶ国で配信 オリコン 2014年12月17日配信, 2020年6月4日閲覧
  6. ^ サザン関連全972曲 サブスク一斉解禁 メンバーソロ曲も対象に オリコン 2019年12月20日配信, 2019年12月20日閲覧
  7. ^ 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p126-129
  8. ^ 個々の聞き手にダイレクトに届くことを願った『さくら』WHAT's IN? tokyo 2020年2月10日配信 2021年3月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月17日閲覧。
  9. ^ サザンオールスターズ さくらApple Music 2021年10月17日閲覧
  10. ^ a b c d 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p80-83
  11. ^ a b c CD(VICL-63314)付属の歌詞ブックレット クレジット欄より
  12. ^ 「STANDOOH! AREEENA!! C'MOOOON!!!」
  13. ^ 三菱電機DIGITAL FESTA サザンオールスターズ1999『Se O no Luja na Quites(セオーノ・ルーハ・ナ・キテス)〜素敵な春の逢瀬〜』SOUTHERN ALL STARS OFFICIAL SITE
  14. ^ STANDOOH! AREEENA!! C'MOOOON!!! 1999年 2021年4月29日閲覧
  15. ^ 【サザンオールスターズ40周年への轍】1998、1999年 20周年の総決算と“異色”コンサート (2/3ページ)zakzak 2019年2月18日配信 2021年4月29日閲覧
  16. ^ a b 【サザンオールスターズ40周年への轍】1998、1999年 20周年の総決算と“異色”コンサート(3/3ページ)zakzak 2019年2月18日配信 2021年4月29日閲覧
  17. ^ 第13回日本ゴールドディスク大賞 日本ゴールドディスク大賞 2017年3月2日閲覧
  18. ^ サザンオールスターズ 売上別TOP10&主な記録 オリコン 2015年1月22日閲覧
  19. ^ ニューアルバム『さくら』人気投票結果発表!
  20. ^ a b 『ROCKIN'ON JAPAN』2015年4月号(29巻5号、通巻450号)、ロッキング・オン、2015年、68頁。
  21. ^ CD『海のOh, Yeah!!』歌詞カード 8.唐人物語 (ラシャメンのうた)の項より。
  22. ^ 9月をテーマにした曲ランキング Rankin Clip 2020年9月8日配信, 2020年10月31日閲覧
  23. ^ 桂春蝶オフィシャルブログ 「湘南」が持つインパクト 2012年09月14日 ライブドアブログ
  24. ^ CD『海のOh, Yeah!!』歌詞カード 9.SAUDADE 〜真冬の蜃気楼〜の項より。
  25. ^ a b サザン桑田佳祐、『Mステ』でビートルズへの思いを語る「体に電気が走って、人生が変わった」Real Sound
  26. ^ サザンオールスターズ biography 1998 sas-fan.net
  27. ^ 【エンタがビタミン♪】桑田佳祐が選ぶ“2014年邦楽ベスト20”に異変。今年はアイドルの楽曲が入らず。 2014年12月29日 Techinsight

外部リンク[編集]