BLUE HEAVEN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
BLUE HEAVEN
サザンオールスターズシングル
初出アルバム『さくら
B面 世界の屋根を撃つ雨のリズム
リリース
規格 8cmCD('97)
7インチレコード('97)
12cmCD('05)
デジタル・ダウンロード
録音 猫に小判STUDIO
VICTOR STUDIO
ジャンル ロック
時間
レーベル タイシタレーベル
作詞・作曲 桑田佳祐 (#1,#2)
プロデュース サザンオールスターズ
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間5位(オリコン
  • サザンオールスターズ シングル 年表
    01MESSENGER 〜電子狂の詩〜
    (1997年)
    BLUE HEAVEN
    (1997年)
    LOVE AFFAIR 〜秘密のデート
    1998年
    さくら 収録曲
    爆笑アイランド
    (5)
    BLUE HEAVEN
    (6)
    CRY 哀 CRY
    (7)
    EANコード
    EAN 4988002358472(8cmCD盤)
    EAN 4988002484300(12cmCD盤)
    テンプレートを表示

    BLUE HEAVEN」(ブルー・ヘヴン)は、サザンオールスターズの40枚目のシングル1997年11月6日発売。発売元はタイシタレーベル

    2005年6月25日には12cmCDで再発売されている。

    背景[編集]

    前作「01MESSENGER 〜電子狂の詩〜」から3ヶ月経たずして発売された。

    本作から「PARADISE」までの3作は、シングルのみオリコンシングルチャートで「SOUTHERN ALL STARS」の名義が使われていた。サザンはジャケットや表記として英語表記を使うことはあったが、グループ自体の名称を変更したことはないため、本来正式な表記ではない。再発盤など、オリコンでも現在では全てサザンオールスターズ名義で統一されている。

    リリース[編集]

    オリジナル8cm盤のジャケットは珍しく横向きに使用している。これは1992年の「シュラバ★ラ★バンバ」「涙のキッス」以来となる。2000年以降J-POPは12cm盤シングルが完全に主流になったこともあり、このような手法が取り入れられた作品は本作が現状最後となっている。CDケース自体も横向きに開くようになっており、通常接着されているプラスチックケースは取り外すことができる。

    アートワーク[編集]

    1991年の「ネオ・ブラボー!!」以来6年ぶりにメンバー6人全員がジャケットに登場している。この間「エロティカ・セブン」「素敵なバーディー (NO NO BIRDY)」でもメンバーの写真が使われたが休養中の関口和之を除く5人によるものであり、2000年大森隆志が脱退するため6人がジャケットに登場する最後のシングルとなった。ローリング・ストーンズ1976年に発表した作品「ブラック・アンド・ブルー」の中ジャケットを意識した写真撮影である。

    収録曲[編集]

    1. BLUE HEAVEN
      (作詞・作曲:桑田佳祐 英語補作詞:Tommy Snyder 編曲:サザンオールスターズ)
      ケンタッキーフライドチキン「ケンタッキークリスマス '97」CMソング
      サビが主に英語詞であるが、曲の最後にはフェードアウトしながら桑田の語りが収録されている。この部分は日本語のセリフであるが、歌詞カードには英語訳のみ記載されており(歌詞カード下部のプラスチックケースを取り外した部分に手書きで)、2005年の再発時や収録アルバム『さくら』『バラッド3』『海のOh,Yeah!!』ではいずれも省略されている。
      公式なPVのほか、2003年DVDInside Outside U・M・I』にイメージビデオが収録された。
    2. 世界の屋根を撃つ雨のリズム
      (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ)
      レディオヘッドを意識したというプログレッシブ・ロックサビの歌詞はまさに語感で選んだと考えられる言葉が並んでいる。
      当初アルバム『さくら』に収録される予定だったが、収録すると時間がオーバーしてしまうため未収録となり、現在シングル盤にのみ収録されている。

    参加ミュージシャン[編集]

    • BLUE HEAVEN
    • 世界の屋根を撃つ雨のリズム
      • 角谷仁宣:Computer Programming

    収録アルバム[編集]

    脚注[編集]

    [ヘルプ]

    注釈[編集]

    1. ^ 2003年6月度までの旧基準。最低累計正味出荷枚数20万枚以上の作品に適用。

    出典[編集]

    1. ^ ゴールドディスク認定作品 1997年11月度認定作品を閲覧。日本レコード協会

    外部リンク[編集]