Relation (globeのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Relation
globeスタジオ・アルバム
リリース
録音 tetsuya komuro sequence 1103st, 1105st(Tokyo)
RECORD PLANT(L.A.)
SONY MUSIC STUDIOS
IMAGE RECORDING(L.A.)
THE HIT FACTORY(N.Y.)
ジャンル J-POP
時間
レーベル avex globe
プロデュース globe
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1999年度年間12位(オリコン)
ゴールドディスク
globe 年表
Love again
1998年
Relation
(1998年)
FIRST REPRODUCTS
1999年
『Relation』収録のシングル
  1. wanna Be A Dreammaker
    リリース: 1998年9月2日
  2. Sa Yo Na Ra
    リリース: 1998年9月23日
  3. sweet heart
    リリース: 1998年9月30日
  4. Perfume of love
    リリース: 1998年10月7日
テンプレートを表示

Relation』(リレーション)は、globeの4枚目のアルバム

概要[編集]

前作『Love again』から約8ヶ月で発売され、「BRAND NEW globe 4 SINGLES」を収録したアルバム。

音作りのテーマは1970年代のプログレッシブ・ロックブリティッシュビートを参考にしている[1]

本作はglobeプロデュースの作品となっており、KEIKOが初めて作詞に挑戦した。音源が出来上がってから作詞を行う(依頼する)小室作品では珍しく、KEIKOの担当した歌詞が上がってから音源制作を行った[2]。また、KEIKO・MARCが単独で作詞を担当した楽曲では歌入れが終わった後も、小室抜きで意見を出し合う等ボーカルディレクションに近い作業も行った[1]

ジャケットはバラの花びらにモザイクがかかったもので、歌詞カードを開いていくとその部分が拡大されていく。裏ジャケットにはモザイクはない。

2016年12月21日に96kHz/24bitのハイレゾリューションオーディオとして鈴木浩二氏の手によりリマスタリングされ配信リリースされた。[3]

収録曲[編集]

全作曲・編曲:小室哲哉

  1. letting out a deep breath
    作詞:MARC
  2. across the street, cross the waters
    作詞:MARC
  3. wanna Be A Dreammaker - album version -
    作詞:MARC&小室哲哉
    NISSEKI「Enaカード」キャンペーンCMソング
  4. creamy day
    作詞:MARC
  5. Sa Yo Na Ra - album version -
    作詞:小室哲哉&MARC
    NESCAFE「ウェイクアップモーメント・ブレイクタイムモーメント」CMソング
  6. sweet heart - Full Length Version -
    作詞:小室哲哉&MARC
    FORD「COUNTDOWN FESTIVAL」キャンペーンソング
  7. like a snowy kiss
    作詞:KEIKO
  8. calls from the public
    作詞:MARC
  9. Relation
    インストゥルメンタル
  10. Perfume of love - album version -
    作詞:小室哲哉&MARC
    日本テレビ系ドラマ「P.A. プライベート・アクトレス」主題歌
  11. illusion
    作詞:KEIKO

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 日経BP刊『日経エンタテインメント!』1999年1月号より。
  2. ^ 学研ホールディングス刊「CD HITS!」1999年1月号より。
  3. ^ globe 20周年イヤーを記念したハイレゾリリース&期間限定フラッシュプライス! e-onkyo music NEWS 2016年12月22日閲覧