FACES PLACES (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
FACES PLACES
globeスタジオ・アルバム
リリース
録音 RECORD PLANT
LARRABEE NORTH
LARRABEE WEST
RUMBO RECORDING
TRACK RECORD IND.
STUDIO 56
tetsuya komuro sequence 1105st
ジャンル J-POP
オルタナティヴ・ミュージック
時間
レーベル avex globe
プロデュース 小室哲哉
チャート最高順位
  • 週間1位(2週連続、オリコン
  • 1997年度年間3位(オリコン)
  • オリコン歴代アルバムランキング16位
ゴールドディスク
globe 年表
globe
1996年
FACES PLACES
(1997年)
Love again
1998年
『FACES PLACES』収録のシングル
  1. Is this love
    リリース: 1996年8月28日
  2. Can't Stop Fallin' in Love
    リリース: 1996年10月30日
  3. FACE
    リリース: 1997年1月15日
  4. FACES PLACES
    リリース: 1997年3月5日
  5. Anytime smokin' cigarette
    リリース: 1997年4月9日
テンプレートを表示

FACES PLACES(フェイセス・プレイセス)は、globeの2枚目のアルバム

解説[編集]

ミリオンセラーシングル2曲『Can't Stop Fallin' in Love』、『FACE』を含む、6thシングル『Is this love』から10thシングル『Anytime smokin' cigarette』までのシングル5曲を収録。

初週で164万枚を売り上げ、オリコン初登場1位を記録し翌週も1位を獲得した。累積売上は323.9万枚。

アルバムのテーマは「ギターのハネる表現・特有のグルーヴ感・スウィング奏法を表現し切ること」であり、シングルで先行発売された楽曲以外は全てドラムマシンを起動しながらギターの即興の弾き語りの形で小室の仮歌を録った後、マークにコード進行を教えながらベースを弾き語り、KEIKOもエフェクトをかけずに生で歌う形でデモテープを制作した。デモテープの段階で荒々しさを気に入った小室がそのままOKテイクにしようとしたが、流石に周囲からNGを出されたため、「デモテープに録った味を殺さずに荒さを消して、CDとして発売できるまでのクオリティへ高める」ような小室も「今までのレコーディングで、一番難しくて大変だった」と振り返るほどのレコーディング作業が行われた[1][2][3]

2016年12月21日に96kHz/24bitのハイレゾリューションオーディオとして鈴木浩二氏の手によりリマスタリングされ配信リリースされた[4]

収録曲[編集]

全作曲・編曲:小室哲哉 作詞:小室哲哉&MARC(track:2~4・6~8・10~12)、MARC(track:5)

  1. overdose
    インストゥルメンタル
  2. DEGENERATE
  3. FACES PLACES
  4. Is this love
    ニュー・アレンジで収録。
  5. So far away from home(Beautiful Journey)
  6. a temporary girl
  7. Because I LOVE the NIGHT
    カネボウ「マイルドコートシャンプー」CMソング
  8. Anytime smokin' cigarette 
  9. Watch the movie?
    インストゥルメンタル
  10. a picture on my mind
  11. FACE
    ニュー・アレンジで収録。
  12. Can't Stop Fallin' in Love
    ニュー・アレンジで収録。
  13. can't stop PIANO SOLO
    インストゥルメンタル
  14. FACES PLACES(REMIX)
    Remixed by EDDIE DELENA

参加ミュージシャン[編集]

  • TETSUYA KOMURO: ALL KEYBOARDS and PROGRAMMING on ALL TRACKS, GUITARS on 3,7,8 and 10, BLUES HARP on 7,8 and 10, GLOCKEN on 10
  • KENJI SANO: BASS on ALL TRACKS except 1,2 and 13 (BY THE COURTESY OF PONY CANION INC.)
  • KAZUHIRO MATSUO: GUITARS on ALL TRACKS except 1,2 and 13
  • KEN KIMURA: GUITARS on ALL TRACKS except 1,2,4,12 and 13
  • KAORI ONO: PERCUSSION, DRUM KIT on ALL TRACKS except 1,2,12 and 13
  • LYNN MABRY: CHORUS on 2
  • VALERIE MAYO: CHORUS on 2
  • WILL WHEATON: CHORUS on 2
  • MIXED by EDDIE DELENA
  • VOCAL DIRECTED by TETSUYA KOMURO, KENJI SANO
  • SYNTHESIZER PROGRAMMING by GARY THOMAS WRIGHT, AKIHISA MURAKAMI(tetsuya komuro sequence), SUSUMU KASAI

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ソニー・マガジンズ刊「PATi PATi」1997年4月号より。
  2. ^ オリコン・エンタテインメント刊「オリコン・ウィーク The Ichiban」1997年3月3日号136Pより。
  3. ^ beatfreak 111 issue」より。
  4. ^ globe 20周年イヤーを記念したハイレゾリリース&期間限定フラッシュプライス! e-onkyo music NEWS 2016年12月22日閲覧