松尾和博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松尾 和博(まつお かずひろ、1964年1月19日 - )は、日本ギタリスト作曲家編曲家

来歴[編集]

1980年代後半に久保こーじ率いる「13's Paradise」に参加[1]

1992年に小室哲哉が個人事務所を立ち上げる際に、小室に誘われて所属する[1]

小室プロデュースの1992年発売の小林勇人のアルバム「GAMBLE」にギタリストとして参加する。その後引き続き、多くの小室プロデュース作品に参加し、1999年からのTM NETWORK再始動からは、ツアーメンバーとして参加している。

ザ・トロフィーズとしての活動の際には、「松尾バンナ」という変名を用いている。そのため愛称は『ばんちゃん』である。

参加ユニット[編集]

参加作品[編集]

プロデュース[編集]

作曲[編集]

  • 1998年 籐子 「is it too late?」
  • 1999年 籐子 「Distance」
  • 1999年 Ring 「MY TODAY, MY TOMORROW」「minamo」「DIARY」
  • 2000年 Zoie「kusya kusya」

編曲[編集]

レコーディング[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b リットーミュージック刊『ギター・マガジン』2019年11月号116P,120Pより。

外部リンク[編集]