LOVE BRACE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
LOVE BRACE
華原朋美スタジオ・アルバム
リリース
録音 tetsuya komuro sequence 1102st, 1103st & 1104st
A&M RECORDING STUDIOS (L.A.)
HITOKUCHIZAKA KAWAGUCHIKO studio
HITOKUCHIZAKA studio
WOODSTOCK KARUIZAWA RECORDING studio
VICTOR studio
KANNONZAKI MARINE STUDIO
CAPITOL RECORDING STUDIO Bst (L.A.)
OCEAN STUDIO (L.A.)
ジャンル J-POP
時間
レーベル ORUMOK RECORDS
プロデュース TETSUYA KOMURO
チャート最高順位
  • 週間1位(通算2週、オリコン
  • 1996年度年間9位(オリコン)
ゴールドディスク
  • 2ミリオン(日本レコード協会
  • 華原朋美 年表
    LOVE BRACE
    (1996年)
    storytelling
    1997年
    『LOVE BRACE』収録のシングル
    1. keep yourself alive
      リリース: 1995年9月8日
    2. I BELIEVE
      リリース: 1995年10月11日
    3. I'm proud
      リリース: 1996年3月6日
    4. LOVE BRACE
      リリース: 1996年7月22日
    テンプレートを表示

    LOVE BRACE』(ラヴ・ブレス)は、日本女性歌手華原朋美の1作目のオリジナルアルバム小室哲哉プロデュースによるアルバムである。

    解説[編集]

    • シングルアルバム通じて、初の1位を獲得した。
    • 初動でいきなりのミリオンセールスを記録し、当時のファーストアルバム初動セールスで歴代最高の売上を記録した。この記録は、後にデビューした宇多田ヒカル倉木麻衣が更新し、現在は倉木・宇多田に次いで3位となっている。また、女性ソロのファーストアルバムとしては累計でも宇多田、倉木、MISIAに次ぐ歴代4位のセールスを誇る。
    • アルバム収録曲の中でも、「Just a real love night」や「Living on...!」のアップナンバーを音楽番組プロモーションで歌っていた。また、TVで披露していた「Just a real love night」は、イントロとエンディング(フェイドアウト終了でないver.)が当作品収録とは異なっている[RADIO EDIT MIX]で、後に発売されたベストアルバム『kahala compilation』と『Best Selection』に収録された。
    • このアルバムのヒットを記念して発売月の中旬には、新高輪プリンスホテルにて“華原朋美ヒット記念パーティー”が開催され、小室哲哉dosらがお祝いに駆けつけ、業界・報道関係者1000人以上が出席し、大変な賑わいとなった。また、来場者には記念品として、シングル「keep yourself alive」「I BELIEVE」「I'm proud」と、このアルバム『LOVE BRACE』のそれぞれのジャケット写真を模した、いわゆる“非売品の販促用テレカ”のセット(4枚組・特製台紙付き)や、2枚1組のブロ生が封入された特製パンフレット(非売品、A4サイズ)も配布された。
    • タイトル曲の「LOVE BRACE」は、翌月7月22日にシングルカットされた。カップリング曲も同じくシングルカットの「MOONLIGHT」。
    • 深田恭子が、自身お気に入りのCD1位にこの「LOVE BRACE」を挙げていた。他にも、2000年7月の「music-enta」フェイバリットソングのコーナーで2位に「MOONLIGHT」を、1位には「I'm proud」を選んでいた。
    • 2011年4月29日にパシフィコ横浜で行われたチャリティーライブ『Friend's Whistle』で演奏された。このときは坂本美雨がヴォーカルを担当し、演奏には小室哲哉も参加した。
    • ミキシングはアメリカのスタジオで行われたが、小室は日本語の歌詞を重点に置かない仕上がりに納得できず、ギリギリのスケジュールで小室一人で1からミキシングをやり直した[1]。その甲斐もあり、小室は「終始コンセプトに忠実であり、良く出来ているお気に入りのアルバム」と語っている[2]

    主な記録[編集]

    • 初動売り上げだけでミリオン、登場7週目でダブルミリオンを達成。
    • オリコン・歴代ファーストアルバム初動売上 3位。
    • オリコン・1996年間アルバムチャート 9位。
    • オリコン・1996年間アーティストセールス 6位。

    収録曲[編集]

    1. LOVE BRACE [overture]
      オーケストラによるインストゥルメンタル。曲間なしで「Just a real love night」に繋がる。
    2. Just a real love night
      DDIポケット(現・ウィルコム) CMソング。CMには華原本人が出演。当初は「イントロで東京駅の効果音を使用」とされていたが、2013年4月29日~5月5日放送の「小室哲哉 Radio Digitalian」の中で小室哲哉直々に「ニューヨークでレコーディングをしていて、SEの音はマンハッタン五番街です。(この放送をきっかけに)Wikipediaも訂正されるとすごいですね。」と冗談まじりに訂正を求めていた。
      早口の英語で歌わなければいけないパートで華原の舌が回らない所を見かねた小室が譜面に片仮名を書き込むことでクリアした[3]
    3. keep yourself alive [more rock]
      テクノ色の強いシングルver.[RADIO EDIT MIX]を、[more rock]ver.でリアレンジした曲。華原が歌ったパートはそのままに、小室のコーラスが更に厚く重ねられてギター・サウンドを前面に押し出したリミックス[3]
    4. Living on…!
      ハウス調の曲。本人の苦手としていた低音にも挑戦し、小室は新たな才能に気付いたと語っていた。
      華原がデモテープをもらったのが歌入れ直前だったが、4回リピートして聞いて華原自身も不思議に思うほどに感覚にスムーズに合い、歌入れは1時間で終わった。本楽曲でハモりに始めてチャレンジした[3]
    5. I BELIEVE [album earth mix]
      シングルVER.[RADIO EDIT]を、リアレンジしたリミックス。
      リズムそのものから変えて、終始バラード調にアレンジした[3]
    6. summer visit
      本人はこの曲をシングルカットしたかったと語っている。
      「楽曲の雰囲気を実感しながらやってほしい」という小室の配慮で観音崎の海の見えるスタジオでレコーディングを行った[3]
    7. MOONLIGHT
      小室と華原の共作詞によるピアノの弾き語りナンバー。歌詞は「漢字を使うのはイメージにそぐわない」という華原の意向で当時の華原の日記からの引用され、全てひらがなで表記され、童話を意識している[3]
    8. I'm proud [full version]
      サビに最大に盛り上がる部分が加わったバージョン。
    9. Somebody loves you
      小室と華原のコーラスが絡み合う。
      華原は『相手の気持ちを考えずに自分の正直な気持ちを言う』『ディズニーランドに行きたい』等本来の私の本質が詞に描かれてしまった様だ」と評している[3]
    10. LOVE BRACE
      タイトル曲。4枚目としてシングルカットされた。
    11. I BELIEVE [play piano]
      小室によるアコースティック・ピアノ曲。最後には華原の最初に提供した曲の一部が収録されて、締められている。

    参加ミュージシャン[編集]

    出典[編集]

    1. ^ 集英社刊「華原朋美を生きる。』華原朋美著156Pより。
    2. ^ マガジンハウス刊『GINZA』2017年4月号113Pより。
    3. ^ a b c d e f g 角川書店刊『月刊カドカワ』1996年7月号156P-160Pより。