FAKE STAR〜I'M JUST A JAPANESE FAKE ROCKER〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
FAKE STAR 〜I'M JUST A JAPANESE FAKE ROCKER〜
黒夢スタジオ・アルバム
リリース
録音 1995年 - 1996年日本の旗 日本
West side studios
Landmark studio
dog house studio
On Air AZABU
Mayfair studios (London)
RAK Studios (London)
ジャンル ロック
ビッグ・ビート
パンク・ロック
グラム・ロック
レーベル 東芝EMI/EAST WORLD
プロデュース 黒夢
チャート最高順位
黒夢 年表
feminism
(1995年)
FAKE STAR 〜I'M JUST A JAPANESE FAKE ROCKE〜
(1996年)
Drug Treatment
(1997年)
『FAKE STAR〜I'M JUST A JAPANESE FAKE ROCKER〜』収録のシングル
  1. BEAMS
    リリース: 1995年10月13日
  2. SEE YOU
    リリース: 1996年2月21日
  3. ピストル
    リリース: 1996年4月17日
テンプレートを表示

FAKE STAR 〜I'M JUST A JAPANESE FAKE ROCKER〜』 (フェイク・スター・アイム・ジャスト・ア・ジャパニーズ・フェイク・ロッカー) は、日本ロックバンド黒夢のメジャー4作目のアルバム

概要[編集]

  • 初回特殊スリーブケース & CDケース、ブックレット付。
  • 「FAKE STAR」の歌詞は当時のJ-POPシーンを強烈に皮肉ったものであり、ライブではアルバムバージョンよりリズムが速くなっている。
  • BARTER (バーター) とは本来物々交換の意味だが、ここでは業界用語のBARTERを指す。
  • 「SEE YOU」はBメロに歌詞が追加されている。
  • 「S.O.S」はライブの定番曲。ライブでは必ずイントロを流した後にサビの最後を歌ってから演奏する事が多い
  • 「「H・L・M」 is ORIGINAL」の歌詞は、全て暗号のようなオリジナルの言語であり解読不能である。「H・L・M」とは「Habit・Lyric・Melody」の頭文字であり、レコーディングの仮歌をそのまま録音したもの。
  • 「IV "EITHER SIDE"」は 後に、横浜アリーナでのライヴで無料配布され、高橋克典に提供した楽曲のワンフレーズである。

収録曲[編集]

全作詞: 清春
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. Noise Low3 清春 人時 人時
2. FAKE STAR 清春 清春 黒夢
3. BEAMS (FAKE STAR VERSION)(5thシングル) 清春 清春 黒夢、西平彰
4. BARTER 清春 人時 黒夢
5. I "SUNNY'S VOICE" 清春   PRODUCED BY 黒夢 & 菊地圭介
6. SEE YOU (FAKE STAR VERSION)(6thシングル) 清春 人時 黒夢
7. REASON OF MY SELF 清春 人時 黒夢、佐久間正英
8. 清春   PRODUCED BY 黒夢 & 菊地圭介
9. SEX SYMBOL 清春 人時 黒夢
10. Cool Girl 清春 人時 黒夢
11. S.O.S 清春 清春 黒夢
12. 清春   PRODUCED BY 黒夢 & 菊地圭介
13. HYSTERIA'S 清春 人時 黒夢、佐久間正英
14. ピストル (FAKE STAR VERSION)(7thシングル) 清春 清春 黒夢、是永巧一
15. 清春 清春 黒夢、佐久間正英
16. 「H・L・M」 is ORIGINAL 清春 黒夢 黒夢
17. IV "EITHER SIDE" 清春   PRODUCED BY 黒夢 & 菊地圭介
合計時間:

参加ミュージシャン[編集]

アルバム曲タイアップ[編集]