First Love (宇多田ヒカルのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
First Love
宇多田ヒカルスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル 東芝EMI/イーストワールド
EMI R/イーストワールド(15th Anniversary Edition)
プロデュース 三宅彰, 宇多田 Skingg 照實
チャート最高順位
  • 週間1位(2週連続3回・通算6週、オリコン
  • 1999年3月・4月度月間1位(オリコン)
  • 1999年度年間1位(オリコン)
  • 2000年度年間82位(オリコン)
  • 週間9位(15th Anniversary Edition、オリコン)
  • オリコン歴代アルバムランキング1位
ゴールド等認定
宇多田ヒカル 年表



Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2
Utada The Best
(2010年)
First Love
(1999年)


First Love -15th Anniversary Edition-
(2014年)
Distance
2001年


宇多田ヒカルのうた -13組の音楽家による13の解釈について-
(2014年)
First Love収録のシングル
  1. Automatic/time will tell
    リリース: 1998年12月9日
  2. Movin' on without you
    リリース: 1999年2月17日
  3. First Love
    リリース: 1999年4月28日
テンプレートを表示

First Love』(ファースト・ラヴ)は、日本女性シンガーソングライター宇多田ヒカルの1枚目のアルバム1999年3月10日発売。

概要[編集]

新人アーティストの1stアルバムとしては当時異例の初動売上200万枚超えを記録し、オリコン集計による累積売上765万枚は日本国内のアルバムセールス歴代1位の記録となっている[2]。また、発売4週目で累積売上400万枚を突破した唯一のアルバムでもある[注 1]

日本レコード協会の集計では発売から10日間で200万枚以上[3]、1999年4月20日までに600万枚以上[4][注 2]、5月20日までに700万枚以上[5]、9月20日までに800万枚以上[1]、2000年1月31日までに853万8465枚[6]を売り上げた。

1999年8月10日、東芝EMIから累計出荷枚数が800万枚を突破したと発表された[7]。現在までに日本で870万枚以上[8]、全世界で991万枚以上[9]を出荷している。

2014年3月10日、発売15周年を記念して『First Love -15th Anniversary Edition-』(ファースト・ラヴ -フィフティーンス アニバーサリー エディション-)をリリース。オリコンTOP10入りを果たした。

収録曲[編集]

  • 全曲作詞・作曲:宇多田ヒカル
  1. Automatic -Album Edit- (5:28)
    編曲:西平彰 / Rhythm track Arrangement:Taka & Speedy / Additional Arrangement:河野圭
    1stシングルのアレンジ。
    フジテレビ系「笑う犬の生活-YARANEVA!!-」エンディングテーマ。
  2. Movin' on without you (4:38)
    編曲:村山晋一郎
    2ndシングル。日産.テラノCMソング。
  3. In My Room (4:19)
    編曲:村山晋一郎
  4. First Love (4:17)
    編曲:河野圭
    後に3rdシングルとしてシングルカット。TBSドラマ「魔女の条件」主題歌。
  5. 甘いワナ 〜Paint It, Black (5:02)
    作詞・作曲:宇多田ヒカル(甘いワナ) / Mick Jagger & Keith Richards(Paint It, Black) / 編曲:西平彰
    ローリング・ストーンズの「黒くぬれ!(原題:Paint It, Black)」の詞の一節を引用している。
  6. time will tell (5:27)
    編曲:森俊之、磯村淳
    1stシングル。フジテレビ系『ごきげんよう』エンディング テーマ。
  7. Never Let Go (3:57)
    作詞・作曲:宇多田ヒカル / Sting[注 3] / Dominic Miller[注 4] / 編曲:河野圭
    スティングの「Shape of My Heart」 のガット・ギターのフレーズを引用している[10]
    TBS 系ドラマ『魔女の条件』挿入歌。
  8. B&C -Album Version- (4:20)
    編曲:西平彰 Rhythm track Arrangement:Taka & Speedy
    2ndシングルのカップリングのアレンジ。
    仮のタイトルは「何があっても」[要出典]
  9. Another Chance (5:22)
    編曲:西平彰、Taka & Speedy(Rhythm track Arrangement)
  10. Interlude (0:17)
    一部が、次作アルバム『Distance』収録の「言葉にならない気持ち」でも使用されている。
  11. Give Me A Reason (6:27)
    編曲:西平彰
  12. Automatic -Johnny Vicious Remix-(Bonus Track) (4:37)
    「Automatic」のジャニー・ヴィシャスによるリミックス。15th Anniversary Editionには本編には収録されずボーナスディスクに収録される。

アナログ盤収録曲[編集]

  • SIDE 1
    • 1.,2.,3.,4.
  • SIDE 2
    • 5.,6.,7.
  • SIDE 3
    • 8.,9.,10.,11.
  • SIDE 4 Remix Side
    • 12.+First Love -John Luongo Remix-

数字は上記のCDの順番に対応して表記。

SIDE 1,2とSIDE 3,4との2枚組。SIDE 4の2曲目には、CDシングル「First Love」にも収録されたリミックスが1ヴァージョン追加収録されている。

15th Anniversary Edition 収録曲[編集]

  • 15th Anniversary Editionは期間限定生産。ユニバーサル・ミュージックより2014年3月10日発売。
  • 15th Anniversary Editionの15,000セット完全限定生産として、『First Love -15th Anniversary Deluxe Edition-』(ファースト・ラヴ -フィフティーンス アニバーサリー デラックス エディション-)も発売された。
  • 本作の発売と同時期に、収録曲である「First Love」が新たにNTT東日本のCMソングに起用された[11]

First Love [2014 Remastered Album][編集]

  • 15th Anniversary EditionはSHM-CD。15th Anniversary Deluxe EditionはプラチナSHM
  • 収録曲はオリジナルと同じなのでここでは割愛(ただし、「Automatic -Johnny Vicious Remix-」は未収録で、Bonus Tracksに収録)。
  • テッド・ジェンセンによる2014年最新リマスター。

Luv Live[編集]

  • 1999年4月2日、Zepp TOKYOにて行われたファーストライブを収録したDVD
  1. 甘いワナ 〜Paint It, Black
  2. time will tell
  3. In My Room
  4. Never Let Go
  5. Another Chance
  6. Give Me A Reason
  7. Automatic
  8. 今夜はブギー・バック feat. スチャダラパー
    スチャダラパー/小沢健二のカバー。
  9. First Love
  10. Movin' on without you

First Love [TV Mixes][編集]

  • 15th Anniversary Deluxe Editionのみ収録。SHM-CD。「Interlude」を除くオリジナルカラオケを収録。
  1. Automatic [TV Mix]
  2. Movin' on without you [TV Mix]
  3. In My Room [TV Mix]
  4. First Love [TV Mix]
    宇多田の3rdシングル「First Love (8cmのみ)」にもOriginal Karaokeとして収録されたことがあるが、シングルの音源はコーラスが残っていない純粋なインストであったのに対して、本作のTV Mixではコーラスが残されている。
  5. 甘いワナ 〜Paint It, Black [TV Mix]
  6. time will tell [TV Mix]
  7. Never Let Go [TV Mix]
  8. B&C [TV Mix]
  9. Another Chance [TV Mix]
  10. Give Me A Reason [TV Mix]

First Love [Bonus Tracks][編集]

  • 15th Anniversary Deluxe Editionのみ収録。CD(通常のCD-DA)。レアトラックやカップリング曲を収録。
  1. Automatic -Johnny Vicious Remix-
  2. Movin' on without you -Tribal Mix-
  3. time will tell -Dub Mix-
  4. First Love -John Luongo Remix-
  5. In My Room -Alternate Version-
  6. time will tell -English Version-
  7. CALLING YOU
    作詞・作曲:ロバート・テルソン
  8. 言葉にならない気持ち -Demo Version-
  9. Movin' on without you -Demo Version-
  10. B&C -Demo Version-
  11. Another Chance -Demo Version-
  12. First Love -Demo Version-
  13. Give Me A Reason -Demo Version-
  14. Automatic -Demo Version-
  15. SUKIYAKI (上を向いて歩こう) -Live Version-
    作詞:永六輔 作曲:中村八大

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 初動で300万枚以上売り上げた自身の2ndアルバム『Distance』でも発売4週目では400万枚に到達できなかった。
  2. ^ 2016年現在、日本レコード協会から6ミリオン以上の認定を受けた作品はシングル、ダウンロードを含めても本作のみとなっている。
  3. ^ ノンクレジット。
  4. ^ ノンクレジット。

出典[編集]

  1. ^ a b 『The Record 1999年11月号』”. 日本レコード協会. p. 8 (1999年11月10日). 2016年5月4日閲覧。
  2. ^ 『First Love』発売から15年、宇多田ヒカルの色あせない輝き”. ORICON (2014年3月7日). 2016年5月4日閲覧。
  3. ^ 『The Record 1999年05月号』”. 日本レコード協会. p. 9 (1999年5月10日). 2016年5月4日閲覧。
  4. ^ 『The Record 1999年06月号』”. 日本レコード協会. p. 9 (1999年6月10日). 2016年5月4日閲覧。
  5. ^ 『The Record 1999年07月号』”. 日本レコード協会. p. 9 (1999年7月10日). 2016年5月4日閲覧。
  6. ^ 『60周年記念誌』”. 日本レコード協会. p. 8 (2002年12月20日). 2016年5月4日閲覧。
  7. ^ 「宇多田ヒカル800万枚 デビューアルバム『First Love』」『日経産業新聞』1999年8月11日付、3頁。
  8. ^ ヒッキーの初ベスト盤、発売初日で260万枚”. ZAKZAK (2004年4月1日). 2016年5月5日閲覧。
  9. ^ 宇多田&Utadaのライブ映像を配信 『First Love』15周年記念盤も発売決定”. ORICON (2013年12月9日). 2016年5月6日閲覧。
  10. ^ アルバム「First Love」収録曲「Never Let Go」の著作権に関して”. Hikki's WEBSITE (1999年4月4日). 2016年5月4日閲覧。
  11. ^ 宇多田ヒカル「First Love」がNTT東日本CM曲に “15周年”タッグ”. ORICON (2014年3月7日). 2016年5月4日閲覧。