この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

元ちとせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
元 ちとせ
出生名 元ちとせ
生誕 (1979-01-05) 1979年1月5日(39歳)
出身地 日本の旗 日本 鹿児島県大島郡瀬戸内町
学歴 鹿児島県立古仁屋高等学校
ジャンル J-POP民謡
職業 歌手唄者(奄美民謡歌手)
担当楽器 三味線
活動期間 2001年 -
レーベル アリオラジャパン
事務所 オフィスオーガスタ
共同作業者 福耳、お中元
公式サイト www.office-augusta.com/hajime/
中野豊成

元 ちとせ(はじめ ちとせ、1979年1月5日 - )は、日本歌手奄美民謡歌手唄者)。旧姓の本名同じ。

鹿児島県大島郡瀬戸内町奄美大島)出身。アリオラジャパンオフィスオーガスタ所属。

来歴

出身地、嘉徳集落全景。

奄美大島南部の海辺に30世帯くらいが寄り集まっている嘉徳(かとく、かどく)[1]集落で育つ。通っていた瀬戸内町立嘉徳小学校2005年廃校)は全校児童が4人ほどの複式授業で、卒業式は1人きりであった。幼少より三味線を習っていたが、古仁屋中野豊成に師事してひぎゃ唄と呼ばれる地元のシマ唄を習う。1993年、中学3年生の時「塩道長浜節」で奄美民謡大賞少年の部優秀賞を受賞。

1994年鹿児島県立古仁屋高等学校1年在学時に「俊良主節」で奄美民謡大賞青年の部新人賞を受賞し、翌1995年奄美市セントラル楽器からシマ唄のカセットテープ『ひぎゃ女童(めらべ)』発売[1]、元が唄う「朝花節」が1995年の松竹映画『男はつらいよ 寅次郎紅の花』で使われた。1996年、高校3年生の時、「嘉徳なべ加那節」を歌い、高校生初、史上最年少(当時)で奄美民謡大賞を受賞。1996年11月にシマ唄のCD『故郷・美ら・思い (しま・きょら・うむい)』が発売[1]された。高校卒業後、美容師を目指して三重県に転居、その後大阪で美容師となるが薬剤アレルギーのため断念。

1998年10月、歌手デビューを目指し上京。HMV数寄屋橋店でアルバイトをしながら、自分の音楽を模索する日々を送る[2]2001年3月、The Sugarcubes山崎まさよしらの曲をカバーしたミニアルバム『Hajime Chitose』でインディーズデビュー。7月にはオリジナル曲を収録したミニアルバム『コトノハ』をオーガスタレコードより発売。(正確には沖縄在住中に沖縄民謡のCDデビュー済み)[要出典]

2002年エピックレコードジャパンより発売したメジャーデビューシングル「ワダツミの木」が発売2ヶ月後にシングルチャートで1位となる。サウンドスキャンジャパンの2002年度年間シングルチャートでも1位を記録(オリコンプラネットでは年間3位)。2002年度の新人歌手では最大のヒット曲となった。同年7月、ファーストアルバム『ハイヌミカゼ』を発売。2週連続でチャート1位を記録。『第44回日本レコード大賞』ベストアルバム賞受賞。また同年、ディープ・フォレストのアルバム『Music Detected』に参加[3]。2002年10月 2003年3月まで放送されたNHK連続テレビ小説まんてん』の主題歌「この街」を歌唱[4]

2003年は6月に「千の夜と千の昼」、8月に「いつか風になる日」のシングル2作品を発売。9月に発売のセカンドアルバム『ノマド・ソウル』はアルバム・チャートで初登場1位(2003年9月15日)を記録。ファーストに続いてアルバム2作連続初登場1位となった。同月、初の全国ツアー「元ちとせ コンサートツアー2003 "はじめまして"」を行う。

2005年6月、PlayStation 2向けに発売された『GENJI』の主題歌「月を盗む」を歌唱[5]。同年8月5日、出産後初めてテレビに登場し、TBS筑紫哲也 NEWS23』に坂本龍一と共に生出演、広島市原爆ドーム前で反戦歌死んだ女の子」を演奏した。同年11月23日、新曲「語り継ぐこと」を発売し、歌手活動を再開。

2006年6月、パイオニアCMに出演[6]2007年にはデビュー5周年を迎え、アイルランドの国民的バンド、チーフタンズとのコラボレーションが実現。6月には彼らの全国ツアーに参加し、大きな話題となる。同年8月、フジテレビ系アニメ『ミヨリの森』で、一本桜の精として声優に初挑戦した。

2008年11月、福耳のメンバーである山崎まさよし杏子とともに、ハウス食品ウコンの力CMに出演した。

2011年に奄美大島出身の中孝介との二人ユニット「お中元」を発足。3月9日に同ユニットにて、九州新幹線 (鹿児島ルート)全線開業のイメージソング「春の行人」をエピック・レーベルより発表。作曲は大橋卓弥、作詞は岡本定義[7]同年、所属レーベルをオフィスオーガスタのレーベルがあるアリオラジャパンに変更。

2012年11月からは奄美市あまみエフエムでレギュラー担当番組『Do you know me?』が開始、バーの常連客「スタートちゃん」(はじめの直訳)を演じて、店のネオママとトークしている。

私生活では、2004年1月に飲食店経営の男性と結婚。その際妊娠していたが流産した。しかし2005年1月、待望の第一子となる女児を出産。更に2009年7月、第二子の妊娠を公表。同年12月12日に第二子となる男児を出産した。現在[いつから?]は子育てもあって瀬戸内町の実家に戻っているが、仕事があるたびに上京している[要出典]

趣味は相撲観戦で、白鵬を応援している。

ディスコグラフィ

シングル

発売日 タイトル
1st 2002年2月6日 ワダツミの木
2nd 2002年5月22日 君ヲ想フ
3rd 2002年11月7日 この街
4th 2003年6月11日 千の夜と千の昼
5th 2003年8月13日 いつか風になる日
6th 2005年11月23日 語り継ぐこと
7th 2006年3月8日 春のかたみ
8th 2006年5月3日 青のレクイエム
9th 2007年8月22日 あなたがここにいてほしい/ミヨリの森
10th 2008年7月2日 蛍星
11th 2011年8月31日 永遠の調べ

配信シングル

※厳密には配信シングルではないものも含む(配信後、アルバム等に収録されるなどした楽曲。)

配信日 タイトル 収録アルバム 備考
2005年8月5日[8] 死んだ女の子 3作目のアルバム『ハナダイロ(初回限定盤ボーナストラック) 映画「キャタピラー」主題歌
2006年11月22日 六花譚(ロッカバラード) 4作目のアルバム『カッシーニ ドラマ『氷点(2006年版)』主題歌
2007年12月26日 恵みの雨 コンピレーションアルバム『image7
4作目のアルバム『カッシーニ
P&G シャンプー「h&s」テレビCMソング
2009年3月4日(着うた/RBT)

2009年3月21日(着うたフル)

遠い海へ旅に出た私の友達 11作目のシングル「永遠の調べ TBS系ドキュメンタリー番組「ウミガメが教えてくれること」テーマソング
2010年1月27日(着うたR)

2010年2月1日(着うたフルR、RBT、PC)

やわらかなサイクル 11作目のシングル「永遠の調べ 2010 JFL ECO MESSAGE SONG
新千歳空港エコエアポート2010公式応援ソング
2012年10月3日 ワダツミの木 with SLY&ROBBIE (アルバム未収録) 1作目のシングル「ワダツミの木」のリプロダクト曲
2012年10月10日 語り継ぐこと 2012 (アルバム未収録) 6作目のシングル「語り継ぐこと」のリプロダクト曲
2013年12月25日 星めぐりの歌 (アルバム未収録) ソニー4K対応ブラビア TVCFソング
宮沢賢治作詞・作曲の曲のカバー
2016年8月3日 君の名前を呼ぶ (アルバム未収録) 映画『ゆずの葉ゆれて』主題歌

アルバム

インディーズ作品

民謡
発売日 タイトル 備考
1st 1995年4月 ひぎゃ女童(めらべ) カセット。奄美民謡大賞新人賞受賞記念作品。発売元は奄美市セントラル楽器。現在入手可能な最も初期の音源で、18曲入り、「子守唄」はCD未収録。収録曲は全てシマ唄。囃子:森山ユリ子、中野末子
2nd 1996年11月 故郷・美ら・思い (しま・きょら・うむい) CD。奄美民謡大賞受賞記念作品。22曲入り、収録曲は全てシマ唄。一部はカセットと同じ音源、一部再録音[9]。セントラル楽器。囃子:森山ユリ子、中野末子。2002年6月10日にジャケットを変えて再発売。
ポップス
発売日 タイトル 備考
1st 2001年3月10日 Hajime Chitose 全曲カバーのアルバム。2010年5月26日再発売され、ポップスでは現在入手出来る初の音源。
2nd 2001年8月1日 コトノハ 全曲オリジナルによる初の音源。2010年5月26日再発売。

メジャーレーベル作品

発売日 タイトル
1st 2002年7月10日 ハイヌミカゼ
2nd 2003年9月3日 ノマド・ソウル
3rd 2006年5月10日 ハナダイロ
4th 2008年7月16日 カッシーニ
5th 2010年8月4日 Orient
6th 2010年8月4日 Occident (Orientと同時発売)
7th 2012年10月24日 語り継ぐこと (ベストアルバム)
8th 2015年7月22日 平和元年

未音源化楽曲

  • サンスベリア ハニー(作詞・作曲:アナム&マキ)
2011年の冬の「ハイヌミカゼ」(定期的に行われるワンマンライブ)にて初披露。

参加作品

  • 福耳
福耳」を参照。
台湾ブラックメタル・バンドの作品にゲストボーカル(「元千歲」名義)として参加、台湾語で歌唱。

出演番組

テレビ

ドキュメンタリー

その他

ラジオ

2012年11月に始まったレギュラー担当番組。毎週金曜22:00から30分間。再放送は土曜23:00。インターネットのサイマル・ラジオ、ListenRadioによって世界各地でも聴くことができる。

CM

脚注

  1. ^ a b c 島唄 元ちとせ” (日本語). 株式会社セントラル楽器. 2017年12月3日閲覧。
  2. ^ sonymusic - 元ちとせ久々のインストアライヴ「千の夜と千の昼」初披露 (2003年6月4日) 。
  3. ^ Deep Forest: will you be ready angela mcclusky and chitose hajime - YouTube(投稿日: 2007年6月16日)
  4. ^ NHKより早くから『第53回NHK紅白歌合戦』の出演打診を受けており、一部メディアに「出場確実」と報じられていた。しかし、事務所側より「元ちとせ単独ではなく、福耳ユニットとの抱き合わせでないと出場させない」と杏子の紅白出場に森川社長が執着したが、NHKがその要望を断ったため、最終的に元は出場を辞退した。
  5. ^ シングル「語り継ぐこと」収録
  6. ^ 青のレクイエム」を歌うシーンで、自身初のCM出演となった
  7. ^ http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/211829
  8. ^ 初回配信は2005年8月5日から8月15日までで、その後、毎年8月に限定配信された。
  9. ^ 大人青年 唄者・元ちとせさん 2” (日本語). 株式会社セントラル楽器 (2007年). 2017年11月26日閲覧。
  10. ^ 元ちとせ「アメトーーク!」で“ド田舎芸人”千鳥・大悟と離島対決” (日本語). 株式会社ナターシャ (2017年5月25日). 2017年11月26日閲覧。

関連項目

  • 福耳 - 事務所の仲間とともに活動するユニット。
  • ヴァージンVS -冬のサナトリウム・百合コレクションの原曲を作ったあがた森魚のバンド。
  • 中孝介 - 元ちとせと同じ奄美大島出身で、元ちとせの唄を聞いて島唄を始めた男性歌手。「お中元」のメンバーで、ジョイントコンサートもたびたび開催。
  • RIKKI(中野律紀) - シマ唄を習った中野豊成の姪で、鹿児島県立古仁屋高等学校の先輩。1990年に史上最年少で日本民謡大賞を受賞。
  • 里歩寿 - 元ちとせと同じく中野豊成に師事、中学校の後輩、元ちとせが持っていた奄美民謡大賞最年少受賞記録を更新。
  • 城南海 - 元ちとせと同じ奄美大島出身で、中学校の後輩、元ちとせの唄などを聞いて島唄を練習した女性歌手で、親交がある。
  • ハシケン - 元ちとせに楽曲を提供してる奄美大島在住のシンガーソングライター。奄美観光大使。

外部リンク