ザ・モンスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ザ・モンスター
レディー・ガガスタジオ・アルバム
リリース
録音 2009年
ジャンル ポップエレクトロ・ポップシンセポップダンス
時間
レーベル インタースコープチェリーツリー、ストリームライン、コンライブ
プロデュース ロドニー・ジャーキンスフェルナンド・ゲリベイレッドワンロン・フェアースペース カウボーイテディー・ライリー
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 2010年4月度月間5位(オリコン)
  • 2010年5月度月間2位(オリコン)
  • 2010年度上半期12位(オリコン)
  • 2010年6月度月間10位(オリコン)
  • 2010年度年間14位(オリコン)
  • 2011年度上半期36位(オリコン)
  • 2011年度年間44位(オリコン)
  • 登場回数135回(オリコン)
レディー・ガガ アルバム 年表
ザ・フェイム
(2008年)
ザ・モンスター
(2009年)
ボーン・ディス・ウェイ
(2011年)
『ザ・モンスター』収録のシングル
  1. バッド・ロマンス
    リリース: 2009年10月26日
  2. テレフォン
    リリース: 2010年3月15日
  3. アレハンドロ
    リリース: 2010年4月20日
  4. ダンス・イン・ザ・ダーク
    リリース: 2010年7月26日
テンプレートを表示

ザ・モンスター』(The Monster、原題はThe Fame Monster)は、2009年11月18日に発売されたアメリカ合衆国レコーディング・アーティストレディー・ガガの2枚目のスタジオ・アルバムである。アルバムに収録されている8曲以外はガガの1枚目のアルバム『ザ・フェイム』の再発版である。しかし、ガガはこのアルバムは新曲を多く含むと発表した。それは、ガガが再発版にしては高価であり、再発版はファンにとって公平でないと思ったからである。

このアルバムは『ザ・フェイム』より暗い部分を扱う。ガガが2008年から2009年にかけて行った世界コンサートツアーの間の経験を「怪物」で比喩的に表現している。CDジャケットはエディ・スリマンが手がけている。構成はゴシック音楽とファッションショーからインスピレーションを得ている。批評家はアルバムに肯定的な評価をした。特に『バッド・ロマンス』と『ダンス・イン・ザ・ダーク』に敬意を表した。

背景[編集]

作品名がガガとドクター・ドレーが共同で手がけたヘッドフォンの名前と類似しているが、これは偶然の一致であるという。彼女はドクター・ドレーとモンスター・ケーブルのCEOノエル・リーに会う前に「モンスター」というタイトルを思いついて、既に曲も書き始めていた。また、ガガは怪物映画に取り付かれたために付けたものでもあると説明している。2008年から2009年にかけて行った世界コンサートツアーの間の経験がこのアルバムに反映されているとガガは以下の様に説明する[1]

本作では『ザ・フェイム』では書かなかったようなことを取り上げたわ。2年も世界中を旅して回った結果、いくつもの内なる魔物に会ったの。それら"セックス"、"アルコール"、"愛"、"死"、そして"孤独"という魔物たちへの恐れが、それぞれの曲に反映されている。

私は長い間、東ヨーロッパに滞在していた。だから、ポップにインダストリアル/ゴス・ビートを合わせる実験的な作品になっている。'90年代のダンス・メロディ、'80年代のメランコリック・ポップの素晴らしい歌詞も意識したわ[1]

『スピーチレス』というバラード曲があるが、これはガガが自身の父親に向けて書いたものである。彼女は新曲では名声やお金については扱わないとコメントした。全ての曲をファンに捧げると述べた[1]。『ザ・フェイム』の雰囲気と比較し、陰と陽であると言った。

チャート・パフォーマンス[編集]

アメリカでは通常版は17.4万枚を売り上げて初登場5位、デラックス版は15.1万枚を売り上げて6位でチャート入りした[2]。アルバムの8曲のうち7曲がHotデジタルソングチャートでチャート入りした[3]。アルバムもダンス/エレクトロニックアルバムチャートで1位を獲得し、ガガの1枚目のアルバム『ザ・フェイム』の1位連続記録を止めた[4]。2010年1月に、アルバムは50万枚の売り上げで、RIAAよりゴールドディスクに認定された[5]。ニールセン・サウンドスキャンによればアルバムはアメリカ合衆国で63.7万枚売れた[6]。カナダでは初登場2位[7]

オーストラリアとニュージーランドでは再発版ではなく独立したアルバムとしてチャート入りした。どちらも初登場10位だった[8][9]。日本のオリコンチャートでは初登場7位でチャート入り[10]。2010年4月に来日した後には2位に上昇した。また、リミックスアルバムも同じくTOP10に入った[11]。その後も売れ続け日本では50万枚以上を売り上げている。

イギリスでは『ザ・モンスター』は『ザ・フェイム』によるデラックス版として発売された。そして、それは初登場7位(55位からのジャンプアップ)、2010年1月3日に1位になった[12]。ヨーロッパでは100万枚が出荷され、IFPIにプラチナに認定された[13]

シングル[編集]

『バッド・ロマンス』がアルバムからの最初のシングルである。歌の簡素な部分は、『ポーカー・フェイス』『ラヴゲーム[14][15]と同じ様に2009年10月3日に『サタデー・ナイト・ライブ』で披露された。同年10月6日に行われたファッションデザイナーアレキサンダー・マックイーンの2010年春夏パリファッションウィークのフィナーレで起用された[16]。同年10月27日にダウンロード販売が開始された。歌はアメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、ベルギー、スウェーデンで最高2位、カナダ、イギリス、ヨーロッパ、ドイツ、オーストリア、ブルガリア、デンマーク、フィンランド、フランス、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ノルウェー、ルーマニア、スロバキア、スペイン、スウェーデンのそれぞれのHot100チャートで1位になった[17][18][19]

『テレフォン』はアルバムからの2枚目のシングルである[20]。アメリカのR&B歌手ビヨンセをフィーチャーしている。ガガは2010年ブリット・アワード授賞式のパフォーマンスでアレキサンダー・マックイーンに敬意を表す目的で『ダンス・イン・ザ・ダーク』と共に披露した[21]。『テレフォン』はこのアルバムからの際立ったトラックで、批評家からも認められた。公式発売の前にビルボードHot100で15位、ダンスクラブチャートで1位になった[22]

収録曲[編集]

『ザ・モンスター』の収録曲は2009年10月14日にユニバーサルミュージックジャパンの公式サイトで初公開された[23]

通常版[編集]

#タイトル作詞作曲時間
1.バッド・ロマンス レディー・ガガ、レッドワン
2.アレハンドロ レディー・ガガ、レッドワン
3.「モンスター」 レディー・ガガ、レッドワン、スペース・カウボーイ
4.スピーチレス レディー・ガガ
5.「ダンス・イン・ザ・ダーク」 レディー・ガガ、フェルナンド・ゲリベイ
6.テレフォン(featuring ビヨンセ) レディー・ガガ、ロドニー・ジャーキンス、ラショーン・ダニエルズ、フランクリン、ビヨンセ
7.「ソー・ハッピー・アイ・クッド・ダイ」 レディー・ガガ、レッドワン、スペース・カウボーイ
8.「ティース」 レディー・ガガ、テディー・ライリー
アメリカ / カナダ iTunesボーナストラック[24]
#タイトル作詞作曲時間
9.「バッド・ロマンス」(スタースミス・リミックス) レディー・ガガ、レッドワン、スタースミス

デラックス/限定版[編集]

Disc 1: ザ・モンスター (通常版全て、デラックスと限定版)
#タイトル作詞作曲時間
1.バッド・ロマンス レディー・ガガ、レッドワン
2.アレハンドロ レディー・ガガ、レッドワン
3.「モンスター」 レディー・ガガ、レッドワン、スペース・カウボーイ
4.スピーチレス レディー・ガガ
5.「ダンス・イン・ザ・ダーク」 レディー・ガガ、フェルナンド・ゲリベイ
6.テレフォン(featuring ビヨンセ) レディー・ガガ、ロドニー・ジャーキンス、ラショーン・ダニエルズ、フランクリン、ビヨンセ
7.「ソー・ハッピー・アイ・クッド・ダイ」 レディー・ガガ、レッドワン、スペース・カウボーイ
8.「ティース」 レディー・ガガ、テディー・ライリー
Disc 2: ザ・フェイム (デラックスと限定版のみ)[25]
#タイトル作詞作曲時間
1.ジャスト・ダンス(featuring コルビー・オドニス) レディー・ガガ、レッドワン、エイコン
2.ラヴゲーム レディー・ガガ、レッドワン
3.パパラッチ レディー・ガガ、ロブ・フサーリ
4.ポーカー・フェイス レディー・ガガ、レッドワン、
5.エイ、エイ (ナッシング・エルス・アイ・キャン・セイ) レディー・ガガ、マーティン・キールセンバウム
6.ビューティフル、ダーティ、リッチ レディー・ガガ、フサーリ
7.「ザ・フェイム」 レディー・ガガ、キールセンバウム
8.「マニー・ハニー」 レディー・ガガ、レッドワン、ビラル・ハジ
9.「スターストラック」(featuring スペース・カウボーイ、フロー・ライダー) レディー・ガガ、キールセンバウム、スペース・カウボーイ、フロー・ライダー
10.「ボーイズ・ボーイズ・ボーイズ」 レディー・ガガ、レッドワン
11.「ペーパー・ギャングスタ」 レディー・ガガ、レッドワン
12.「ブラウン・アイズ」 レディー・ガガ、フサーリ
13.「アイ・ライク・イット・ラフ」 レディー・ガガ、キールセンバウム
14.「サマーボーイ」 レディー・ガガ、ブライアン・キエラーフ、ジョシュア・M・シュワルツ
ボーナストラック
#タイトル作詞作曲時間
15.「ディスコ・ヘブン」(international editions[26]) レディー・ガガ、フサーリ、トム・カーファフィアン 
16.「アゲイン・アゲイン」(イギリス、日本[26]、オーストラリア版) レディー・ガガ、フサーリ
17.「レトロ、ダンス、フリーク」(メキシコ[27] German, Japanese,[26]、ブラジル発売[28]) レディー・ガガ、フサーリ

チャートと売上など[編集]

  • A^ 特定の地域では『ザ・フェイム』と同じくチャート入りした。

チャート推移[編集]

先代
レディー・ガガザ・フェイム
アメリカ ビルボード ダンス/エレクトロニック・アルバム 第1位
2009年12月12日 – 19日
次代
レディー・ガガ『ザ・フェイム』
先代
アンドレア・ボチェッリ『My Christmas』
ポリッシュ・アルバム・チャート 第1位
2010年1月4日 - 10日
次代
Marcin Wyrostek『Magia del Tango』
先代
ロビー・ウィリアムズヴィデオ・スターの悲劇
ドイツ・アルバム・チャート第1位
2010年1月5日 - 2月4日
次代
Tocotronic『Schall & Wahn』
先代
アリシア・キーズエレメント・オブ・フリーダム
スイス・アルバム・チャート 第1位
2010年1月10日 -
次代
-
先代
パオロ・ヌティーニ『サニー・サイド・アップ』
アイリッシュ・アルバム・チャート 第1位
2010年1月21日 - 2月11日
次代
マイケル・ブーブレクレイジー・ラヴ

各国の発売日[編集]

地域 発売日 規格 レーベル
日本 2009年11月18日[45] CD、デジタル・ダウンロード ユニバーサルミュージック デラックス
オーストラリア 2009年11月20日[46][47]
リミテッド
チリ 通常、デラックス
アイルランド デラックス
ドイツ リミテッド、通常、デラックス
アメリカ 2009年11月23日[48] インタースコープ、ストリームライン、コンライブ、チェリーツリー リミテッド、デラックス
イギリス ポリドール デラックス
デラックス
カナダ ユニバーサルミュージック
ブラジル 2009年11月27日[28]
アメリカ 2009年11月28日 インタースコープ、ストリームライン、コンライブ、チェリーツリー 通常
カナダ 2009年12月1日[49] ユニバーサルミュージック
アメリカ 2010年1月15日[50] ボックスセット インタースコープ、ストリームライン、コンライブ、チェリーツリー スーパーデラックス
LP 通常
2010年1月26日 デジタル・ダウンロード 通常[51]
中国 2010年2月1日[52] CD ユニバーサルミュージック 通常

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c Release, Press (2009年10月8日). “Lady Gaga Returns With 8 New Songs on 'The Fame Monster'”. Yahoo! Finance (Yahoo!). http://www.prnewswire.com/news-releases/lady-gaga-returns-with-8-new-songs-on-the-fame-monster-63780227.html 2009年10月9日閲覧。 
  2. ^ Pietrolungo, Silvio (2009年12月2日). “Susan Boyle Sees Dream Soar To No. 1 On Billboard 200”. Billboard (Nielsen Business Media, Inc). http://www.billboard.com/#/news/susan-boyle-sees-dream-soar-to-no-1-on-billboard-1004050070.story 2009年12月3日閲覧。 
  3. ^ Grein, Paul (2009年12月2日). “Week Ending Nov. 29, 2009: Women Take Charge”. Yahoo!. http://new.music.yahoo.com/blogs/chart_watch/42389/week-ending-nov-29-2009-women-take-charge/ 2009年12月3日閲覧。 
  4. ^ a b Billboard Dance/Electronic Albums”. Billboard. Nielsen Business Media, Inc (2009年12月12日). 2009年12月4日閲覧。
  5. ^ a b Searchable Database - RIAA - Lady Gaga”. Recording Industry Association of America (2010年1月7日). 2010年1月13日閲覧。
  6. ^ Grein, Paul (2010年1月20日). “Week Ending Jan. 17, 2010: 21 Million Lady Gaga Fans Can't Be Wrong”. Yahoo!. http://new.music.yahoo.com/blogs/chart_watch/44797/week-ending-jan-17-2010-21-million-lady-gaga-fans-cant-be-wrong/ 2009年12月31日閲覧。 
  7. ^ a b Williams, Greg (2009年11月3日). “Susan Boyle soars to No. 1”. Jam! (Canadian Online Explorer). http://jam.canoe.ca/Music/Artists/B/Boyle_Susan/2009/12/02/12009771-jam.html 2009年12月3日閲覧。 
  8. ^ Lady Gaga - The Fame Monster (album)”. Australian Recording Industry Association australian-charts.com (2009年12月14日). 2009年12月18日閲覧。
  9. ^ a b New Zealand Albums Chart: Chart #1698”. Recording Industry Association of New Zealand (2009年12月7日). 2009年12月8日閲覧。
  10. ^ Japanese Oricon Top 30 Albums” (Japanese). 'Oricon'. 2009年11月26日閲覧。
  11. ^ レディー・ガガのアルバム2作同時TOP10 ~マドンナ以来洋楽女性ソロ25年ぶり
  12. '^ Lady Gaga - The Fame positions”. 'The Official Charts Company. ChartArchive.org (2009年11月30日). 2012年7月2日閲覧。
  13. ^ a b IFPI Platinum Europe Awards - Q4 2009”. International Federation of the Phonographic Industry (2010年1月). 2010年2月3日閲覧。
  14. ^ Reporter, RS (2009年9月29日). “Lady Gaga Readies New Single for “SNL,” “The Fame” Re-Release”. Rolling Stone (Jann Wenner). http://www.rollingstone.com/rockdaily/index.php/2009/09/29/lady-gaga-readies-new-single-for-snl-the-fame-re-release/ 2009年10月8日閲覧。 
  15. ^ Reporter, RS (2009年10月5日). “Lady Gaga Fights Madonna, Debuts “Bad Romance” on “Saturday Night Live””. Rolling Stone (Jann Wenner). http://www.rollingstone.com/rockdaily/index.php/2009/10/05/lady-gaga-fights-madonna-debuts-bad-romance-on-saturday-night-live/ 2009年10月7日閲覧。 
  16. ^ SHOWstudio presents Alexander McQueen S/S10 Live”. SHOWstudio.com (2009年10月7日). 2009年10月8日閲覧。
  17. ^ “Ireland Singles Top 50”. Irish Recorded Music Association (acharts.us). (2009年11月5日). http://acharts.us/ireland_singles_top_50/2009/45 2009年10月31日閲覧。 
  18. ^ Pietroluongo, Silvio (2009年11月5日). “DeRulo Tops Hot 100 But Swift Swoops In”. Billboard (Nielsen Business Media, Inc). http://www.billboard.com/#/news/derulo-tops-hot-100-but-swift-swoops-in-1004033394.story 2009年11月5日閲覧。 
  19. ^ Canadian Hot 100 - Week of November 14, 2009”. Billboard. Nielsen Business Media, Inc (2009年11月14日). 2009年11月5日閲覧。
  20. ^ Chartifacts - Week Commencing: November 30, 2009 Issue #1031”. ARIA Charts Pandora.nla.gov.au (2009年11月30日). 2009年12月2日閲覧。
  21. ^ Vena, Jocelyn (2010年2月16日). “Lady Gaga Pays Tribute To Alexander McQueen At Brit Awards”. MTV (MTV Networks). http://www.mtv.com/news/articles/1631990/20100216/lady_gaga.jhtml 2010年2月17日閲覧。 
  22. ^ Billboard - Lady Gaga ft. Beyonce - Telephone”. Billboard. Nielsen Business Media, Inc. 2012年7月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年2月9日閲覧。
  23. ^ Official Fame Monster Tracklist”. 'Universal Music Japan' (2009年10月14日). 2021年2月9日閲覧。
  24. ^ United States/ Canada iTunes bonus”. iTunes. 2009年11月20日閲覧。
  25. ^ The Fame Deluxe Edition”. iTunes. 2009年11月30日閲覧。
  26. ^ a b c Bonus Tracks on The Fame Deluxe edition”. CDJapan. 2009年11月30日閲覧。
  27. ^ Mexican release of The Fame Monster”. Mixup.com. 2009年12月1日閲覧。
  28. ^ a b Lady Gaga - The Fame Monster (Brazil)”. livrariacultura.com.br (2009年11月12日). 2009年11月15日閲覧。
  29. ^ The Fame Monster - Australia”. Australian Recording Industry Association australian-charts.com (2009年12月14日). 2009年12月18日閲覧。
  30. ^ a b c d e f g h i Lady Gaga - The Fame Monster (album)”. 'Ultratop 50'. Hung Medien. 2009年12月1日閲覧。
  31. ^ Fame Monster - TOP50 Prodejní”. 'International Federation of the Phonographic Industry'. TOP50 Prodejní (2010年1月17日). 2010年1月25日閲覧。
  32. ^ French Download Album Top 50” (French). 'Syndicat National de l'Édition Phonographique'. 2010年1月19日閲覧。
  33. ^ Reporter, MC. “Lady Gaga an der Spitze der Album-Charts”. Media Control Charts. http://www.media-control.de/lady-gaga-an-der-spitze-der-album-charts.html 2010年1月5日閲覧。 
  34. ^ Top 40 album- és válogatáslemez- lista - 200952” (Hungarian). 'Mahasz'. Magyar Hanglemezkiadók Szövetsége (2009年12月31日). 2010年1月25日閲覧。
  35. ^ Artisti – Classifica settimanale dal 28–12–2009 al 03–01–2010” (Italian). 'Federation of the Italian Music Industry'. 2010年1月3日閲覧。
  36. ^ ザ・モンスター - レディー・ガガ” (Japanese). 'Oricon'. 2009年11月26日閲覧。
  37. ^ Official Retail Sales Chart - OLiS Poland”. 'OLiS'. 2010年1月15日閲覧。
  38. ^ Российский чарт 01-2010” (Russian). '2M-Online'. 2010年1月25日閲覧。
  39. ^ UK Albums Chart”. 'The Official Charts Company'. acharts.us (2009年11月29日). 2009年12月1日閲覧。
  40. ^ Caulfield, Keith (2009年12月2日). “Susan Boyle Tops Billboard 200 With Stellar First Week Sales”. Billboard (Nielsen Business Media, Inc). http://www.billboard.biz/bbbiz/content_display/industry/e3i7be089acf10901c7939511666602a091 2009年12月2日閲覧。 
  41. ^ Oficjalna Lista Sprzedazy” (Polish). OLiS (2010年1月31日). 2010年2月10日閲覧。
  42. ^ ARIA Charts: Year End: Top 100 Albums 2009”. Australian Recording Industry Association. 2009年12月30日閲覧。
  43. ^ Best of 2009”. Irish Recorded Music Association. 2010年2月2日閲覧。
  44. ^ 2009: being Boyled”. Music Week. 2010年2月3日閲覧。
  45. ^ The Monster - Lady Gaga”. Universal Music (2009年10月30日). 2009年10月30日閲覧。
  46. ^ The Fame Monster at Sanity - Lady GaGa”. Sanity music store. 2009年10月30日閲覧。
  47. ^ The Fame Monster - Lady GaGa (Mimix Chile)”. Mimix.cl. 2009年11月20日閲覧。
  48. ^ The Fame Moster 2 Disc”. Billboard. Nielsen Business Media, Inc (2009年11月24日). 2009年10月8日閲覧。
  49. ^ Canada release of The Fame Monster”. HMV Group. 2009年11月22日閲覧。
  50. ^ Lady Gaga Releases Brand New Album on November 23”. Interscope Records (2009年11月12日). 2009年11月15日閲覧。
  51. ^ The Fame Monster (Explicit)”. iTunes. 2010年2月4日閲覧。
  52. ^ Lady Gaga: The Fame Monster”. Amazon.cn (2010年2月1日). 2010年2月9日閲覧。