僕の歌は君の歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
僕の歌は君の歌
エルトン・ジョンスタジオ・アルバム
リリース
録音 1970年1月
ロンドン、トライデントスタジオ
ジャンル ロック
時間
レーベル DJM Records(イギリス)
Uni Records(アメリカ)
東芝EMI(日本)
プロデュース ガス・ダッジョン
チャート最高順位
  • 4位(イギリス)
  • 11位(アメリカ)
  • 40位(日本)
エルトン・ジョン 年表
エンプティ・スカイ (エルトン・ジョンの肖像)
(1969年)
僕の歌は君の歌
(1970年)
エルトン・ジョン3
(1970年)
テンプレートを表示

僕の歌は君の歌』(ぼくのうたはきみのうた、原題:Elton John)は、1970年に発表されたエルトン・ジョンアルバム。全英4位を記録した。

解説[編集]

エルトン・ジョンの2ndアルバム。グラミー賞の最優秀アルバムと新人賞にノミネートされた。

ポール・バックマスターによる弦楽器のアレンジが、叙情性を際立たせている。幾度もCMなどで使用され、ファンのみならず最も馴染み深いだろうシンプルな名バラード、「僕の歌は君の歌」収録。日本では一般に、エルトン・ジョンのイメージと言えば、本作のような叙情派の静的な楽曲のイメージが強い。

なお、エルトン本人は、後のインタビューで、「『僕の歌は君の歌』は、飽きが来ないため、ライヴで唯一欠かしたことのない曲」だと語った。作詞家バーニー・トーピンは、歌詞を渡して15分ほどで出来上がったと述べている。

1996年のCDからは、当時のシングルB面だった未収録曲も収録された。2008年のリマスター、及びSHM-CD化再発に際しては、未発表のデモ音源やセッション音源も含む20曲のボーナス・ディスクを追加した、デラックス・エディションとして限定発売された。

ローリング・ストーン』誌が選んだ「オールタイム・ベスト・アルバム500」に於いて、468位にランクイン。

収録曲[編集]

オリジナル版[編集]

  1. 僕の歌は君の歌 - Your Song
  2. 君は護りの天使 - I Need You to Turn to
  3. パイロットにつれていって - Take Me to the Pilot
  4. ルイーズに靴紐はない - No Shoe Strings on Louise
  5. ハイアントンの思い出 - First Episode at Hienton
  6. 60才のとき - Sixty Years on
  7. 人生の壁 - Border Song
  8. 驚きのお話 - The Greatest Discovery
  9. 檻の中に住みたくない - The Cage
  10. 王は死ぬものだ - The King Must Die

ボーナス・トラック[編集]

  1. 悪い月 - Bad Side of the Moon
  2. グレイ・シール - Grey Seal (original version)
  3. ロックン・ロール・マドンナ - Rock and Roll Madonna

デラックス・エディション[編集]

上述の通り、2008年6月3日に発売されたCD2枚組セット。10曲入りオリジナル版と初出の未発表曲多数収録のボーナスディスク。15~17曲目は現行版のボーナストラックと同一。

ボーナスCD[編集]

  1. Your Song (Demo Version) 1990年発売のBOXセット、「トゥ・ビー・コンティニュード」に収録されたもの。
  2. I Need You To Turn To (Piano Demo) 未発表バージョン。
  3. Take Me To The Pilot (Piano Demo) 未発表バージョン。
  4. No Shoe Strings on Louise (Piano Demo) 未発表バージョン。
  5. Sixty Years on (Piano Demo) 未発表バージョン。
  6. The Greatest Discovery (Piano Demo) 未発表バージョン。
  7. The Cage (Piano Demo) 未発表バージョン。
  8. The King Must Die (Piano Demo) 未発表バージョン。
  9. Rock and Roll Madonna (Piano Demo) 未発表バージョン。
  10. Thank You Mama (Piano Demo) 未発表曲。
  11. All The Way Down To El Paso (Piano Demo) 未発表曲。
  12. I'm Going Home (Piano Demo) 未発表曲。
  13. Grey Seal (Piano Demo)
  14. Rock and Roll Madonna (Incomplete Band Demo)
  15. Bad Side of the Moon
  16. Grey Seal
  17. Rock and Roll Madonna
  18. Border Song (BBC Session) with Hookfoot フックフットとは、カリブ・クェイのバンド。カリブとは、かつてエルトンが在籍したバンド、ブルーソロジーのメンバーで、ファーストアルバムを共に製作した間柄。1970年12月4日収録。 未発表バージョン。
  19. Your Song (BBC Session) 1970年2月7日収録。 未発表バージョン。
  20. Take Me to the Pilot (BBC Session) 1970年2月7日収録。 未発表バージョン。
  • 作詞 バーニー・トーピン
  • 作曲 エルトン・ジョン

アルバム参加ミュージシャン[編集]

弦楽器編曲担当。
バックマスターの妻。

  • クライヴ・ヒックス(Clive Hicks) - 12 string guitar:1曲目,rhythm guitar:4曲目,guitar:7,8,10曲目,acoustic guitars:9曲目
  • コリン・グリーン(Colin Green) - guitar:1,7曲目, Spanish guitar:6曲目
  • フランク・クラーク(Frank Clark) - acoustic guitars:1,10曲目
  • ローランド・ハーカー(Roland Harker) - guitar:2曲目
  • アラン・パーカー(Alan Parker) - rhythm guitar:3曲目
  • デイヴ・リッチモンド(Dave Richmond) - bass guitar:1,7,8曲目
  • アラン・ウェイル(Alan Weighll) - bass guitar:3,4,9曲目
  • レス・ハーディ(Les Hurdie) - bass guitar:10曲目
  • バリー・モーガン(Barry Morgan) - drums:1,3,4,7,9曲目
  • テリー・コックス(Terry Cox) - drums:8,10曲目
  • スカイラ・カンガ(Skaila Kanga) - harp:2,8曲目
  • デニス・ロペス(Dennis Lopez) - percussion:3,4,10曲目
  • テックス・ナヴァラ(Tex Navarra) - percussion:9曲目
  • ブライアン・ディー(Brian Dee) - organ:6,7曲目
  • デヴィッド・カッツ(David Katz) - violin
  • background vocals
  • マデリーン・ベル(Madeline Bell)、トニー・バロウズ(Tony Burrows)、ロジャー・クック(Roger Cook)、レスリー・ダンカン(Lesley Duncan)、ケイ・ガーナー(Kay Garner)、トニー・ハザード(Tony Hazzard):3,4,7,9曲目
  • バーバラ・ムーア(Barbara Moore) - choir leader:7曲目

製作[編集]

この後長らくエルトンと共に仕事をすることになるプロデューサー。
  • スティーヴ・ブラウン - Co-ordinator
  • ロビン・ゲオフリー・ケーブル(Robin Geoffrey Cable) - Engineer
  • ガス・スキナス(Gus Skinas) - Editing
  • リッキー・グラハム(Ricky Graham) - Digital transfers
  • グレッグ・ペニー(Greg Penny) - Surround sound
  • ポール・バックマスター(Paul Buckmaster) - Arranger
彼の起用が先だったため、アレンジャーをやりたいと条件を出したジョージ・マーティンはプロデューサーにならなかった。ガスの起用はバックマスターの進言によるものである。
  • デヴィッド・カッツ(David Katz) - Orchestra contractor
  • デヴィッド・ラーカム(David Larkham) - Art direction
  • ショウェル・スタンフォード(Stowell Stanford) - Photography
  • ジム・ガフ - Sleeve production

  • トニー・コーシン(Tony Cousins) - Remastering
  • ガス・ダッジョン&ジョン・トブラー(John Tobler) - Liner notes(95年リマスター盤より)