グッバイ・イエロー・ブリック・ロード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
グッバイ・イエロー・ブリック・ロード
エルトン・ジョンシングル
初出アルバム『黄昏のレンガ路
リリース
録音 1973年3月
ジャンル ソフトロック
時間
作詞・作曲 エルトン・ジョンバーニー・トーピン
プロデュース ガス・ダッジョン
チャート最高順位
2位(アメリカ)、6位(イギリス
年表
土曜の夜は僕の生きがい
1973年
グッバイ・イエロー・ブリック・ロード
1973年
ステップ・イントゥ・クリスマス
1974年
黄昏のレンガ路 収録曲
ベニーとジェッツ
(3)
グッバイ・イエロー・ブリック・ロード
(4)
こんな歌にタイトルはいらない
(5)
テンプレートを表示

グッバイ・イエロー・ブリック・ロード」 (Goodbye Yellow Brick Road) は、イギリス出身のシンガーソングライターであるエルトン・ジョンのヒット曲で、1973年発表のアルバム『黄昏のレンガ路』に収録された。制作者はエルトン・ジョンと作詞家バーニー・トーピン全米シングルチャートで2位を、およびアダルト・コンテンポラリー・チャートでは1973年春に2週間1位を記録した[1]全英シングルチャートでは4位を記録した[2]

解説[編集]

1991年マツダ・センティアのTV-CFイメージソングに起用された。

チャート順位[編集]

チャート(1973年) 最高位
Australia KMR[3] 4
Canadian RPM 100 Top Singles 1
Dutch Singles Chart[4] 23
German Singles Chart[4] 49
Irish Singles Chart 4
New Zealand (Listener) [5] 2
Norwegian Singles Chart[4] 9
South African Singles Chart[6] 7
UK Singles (Official Charts Company)[7] 6
US Billboard Hot 100[8] 2
US Cash Box Top 100 1
US Adult Contemporary (Billboard)[9] 7

カヴァー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ allmusic - Elton John - Awards”. 2012年6月29日閲覧。
  2. ^ ChartArchive - Elton John - Daniel”. 2012年6月29日閲覧。
  3. ^ Australian Chart Book”. Austchartbook.com.au. 2016年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月8日閲覧。
  4. ^ a b c Steffen Hung. “Elton John - Goodbye Yellow Brick Road”. Swisscharts.com. 2016年10月8日閲覧。
  5. ^ flavour of new zealand - search listener”. Flavourofnz.co.nz. 2016年10月8日閲覧。
  6. ^ "Goodbye Yellow Brick Road" on the South African Singles Chart”. Springbok Radio. 2010年9月25日閲覧。
  7. ^ "Official Singles Chart Top 100". UK Singles Chart.
  8. ^ "Elton John Chart History (Hot 100)". Billboard.
  9. ^ "Elton John Chart History (Adult Contemporary)". Billboard.
  10. ^ 豪華アーティストたちがエルトン・ジョン(Elton John)の名曲をカヴァーしたトリビュート・アルバム”. タワーレコード・オンライン (2018年3月26日). 2018年4月15日閲覧。