ガス・ダッジョン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ガス・ダッジョン
Gus Dudgeon
出生名 Angus Boyd Dudgeon
生誕 (1942-09-30) 1942年9月30日
イングランドの旗 イングランド サリー ウォキング
死没 (2002-07-21) 2002年7月21日(59歳没)
イングランドの旗 イングランド バークシャー
ジャンル ポップス
職業 音楽プロデューサー
活動期間 1962年 - 2002年

ガス・ダッジョンGus Dudgeon、1942年9月30日 - 2002年7月21日)は、イギリス音楽プロデューサーエルトン・ジョンの作品のプロデューサーを多く務めたことで知られる。

若手時代[編集]

ガス・ダッジョンは、イギリス サリーウォキングで生まれた。そして、ウエスト・ハムステッドにあるデッカ・レコードのスタジオで勤務した[1]。最初は雑用係だったが後にエンジニアとなり、アートウッズデイヴィ・グレアムゾンビーズ[1]らと仕事をし、トム・ジョーンズローリング・ストーンズ[1]のオーディションの手伝いを経て、1967年に発表されたテン・イヤーズ・アフターのデビューアルバム『テン・イヤーズ・アフター・ファースト』の共同プロデューサーとして名を連ねている[2]ボンゾ・ドッグ・ドー・ダー・バンドのアルバム『おばあちゃんの温室のドーナツ』(1968年)[3]・『タッドポール』(1969年)[4]のプロデューサーも務めた。

他にはマイケル・チャップマンのデビュー作『Rainmaker』(1969年)[5]・2枚目『Fully Qualified Survivor』(1970年)[6]・3枚目『Wrecked Again』(1971年)[7]のプロデューサーを務めた。そしてダッジョンの仕事で有名なものは、デヴィッド・ボウイの1969年のヒットシングル「スペイス・オディティ」のプロデュースである[1][8]

エルトン・ジョンとの活動[編集]

ダッジョンはデッカ・レコードを離れ、自らの会社を興した。1970年に独立したダッジョンは、エルトン・ジョンと仕事をし始めた。彼らが最初に一緒に取り組んだものは、シングル「僕の歌は君の歌」であり、シンプルなピアノ曲にオーケストラ・アレンジを加えた。シングルは成功し、全米シングルチャートで8位まで上昇する[9]、エルトン・ジョンにとっての最初の大ヒット曲となった。その後はエルトン・ジョンの数々のアルバムのプロデュースを務めて成功を収めたが、ダッジョンは批判的なコメントも残している。1974年のアルバム『カリブ』について「サウンドは最悪、歌はどこにもないし、ジャケットも間違っていて、歌詞もよくないし、歌唱もまともではない。演奏も今一つであり、何よりもプロデュースが最低である。」と批判している[10]

ダッジョンとエルトン・ジョン、作詞家のバーニー・トーピン、スティーヴ・ブラウンで1973年にレコード・レーベル、ロケット・レコードを設立した。エルトン・ジョンとの共同制作は1976年のアルバム『蒼い肖像』で一旦終わりとなったが[1]、1985年のアルバム『アイス・オン・ファイアー』で久しぶりに再会してプロデュースを担当している[1]。1986年の終りに行われたエルトン・ジョンのオーストラリア・ツアーでは、メルボルン交響楽団の80名以上のメンバーとのミキシング作業を担当した[11]。ツアーの最終日の録音は、アルバム『エルトン・スーパー・ライヴ 〜栄光のモニュメント〜』(1987年)として発表されている。1995年にはダッジョンはエルトン・ジョンの多くのカタログをリマスタリングしている。

その他の活動[編集]

1972年にジョアン・アーマトレーディングのデビューアルバム『Whatever's for Us』のプロデュースを務めた[12]。1975年にはキキ・ディーのシングル「愛しているのに」(ナンシー・ウィルソンのカバー。原題「(You Don't Know) How Glad I Am」)のプロデュースを行っている。エルキー・ブルックスのヒット作『Pearls』(1979年)[13]・『Pearls II』(1982年)[14]のプロデューサーを務め、ドイツの歌手トーマス・アンダースのソロデビューアルバム『Different』(1989年)のプロデュース、XTCのアルバム『ノンサッチ』(1992年)のプロデュース[15]など、様々なアーティストの作品のプロデューサーとして活動していた。

[編集]

2002年7月21日、イギリス バークシャーM4モーターウェイレディングメイデンヘッドの間近辺にて、ダッジョンが運転する車が事故を起こして妻のシーラとともに亡くなった[16]。検死では事故死と記録された[17]。エルトン・ジョンは知らせを聞いて酷く悲しみ、ダッジョンのことを「彼の世代でもっとも偉大なプロデューサー」と評している[1]

エルトン・ジョンの2004年のアルバム『ピーチ・ツリー・ロード』は、ガスとシーラに捧げられている[18]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g Ankeny, Jason. “Gud Dudgeon - Biography”. allmusic. 2015年6月27日閲覧。
  2. ^ Tes Years After - Ten Years After - Credits”. allmusic. 2015年6月27日閲覧。
  3. ^ The Doughnut in Granny's Greenhouse - The Bonzo Dog Band - Credits”. allmusic. 2015年6月27日閲覧。
  4. ^ Tadpoles - The Bonzo Dog Band - Credits”. allmusic. 2015年6月27日閲覧。
  5. ^ Rainmaker - Michael Chapman - Credits”. allmusic. 2015年6月27日閲覧。
  6. ^ Fully Qualified Survivor - Michael Chapman - Credits”. allmusic. 2015年6月27日閲覧。
  7. ^ Wrecked Again - Michael Chapman - Credits”. allmusic. 2015年6月27日閲覧。
  8. ^ Thompson, Dave. “Space Oddity - David Bowie - Song Review”. allmusic. 2015年6月27日閲覧。
  9. ^ Elton John - Elton John - Awards”. allmusic. 2015年6月27日閲覧。
  10. ^ Rosenthal, Elizabeth J. (2001). His song : the musical journey of Elton John (1. publ. ed.). New York: Billboard Books. ISBN 978-0-8230-8893-5. 
  11. ^ Live in Australia - Elton John - Credits”. allmusic. 2015年6月27日閲覧。
  12. ^ Ruhlmann, William. “Whatever's for Us - Joan Armatrading”. allmusic. 2015年6月27日閲覧。
  13. ^ Mawer, Sharon. “Pearls - Elkie Brooks”. allmusic. 2015年6月27日閲覧。
  14. ^ Mawer, Sharon. “Pearls, Vol. 2 - Elkie Brooks”. allmusic. 2015年6月27日閲覧。
  15. ^ Erlewine, Shaphen Thomas. “Nonsuch - XTC”. allmusic. 2015年6月27日閲覧。
  16. ^ “Record producer dies in crash”. BBC. (2002年7月22日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/2144817.stm 2012年1月17日閲覧。 
  17. ^ “Elton pal drowned in ditch”. The Sun (London: News International). http://www.thesun.co.uk/sol/homepage/news/148943/Elton-pal-drowned-in-ditch.html?print=yes 2012年1月17日閲覧。 
  18. ^ Erlewine, Shaphen Thomas. “Peachtree Road - Elton John”. allmusic. 2015年6月27日閲覧。
  • Mayes, Sean (1990). Joan Armatrading – A Biography (unauthorised). Weidenfeld and Nicolson. ISBN 0-297-81058-8.

外部リンク[編集]