ロケットマン (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロケットマン
Rocketman
監督 デクスター・フレッチャー
脚本 リー・ホール英語版
製作 アダム・ボーリング
デヴィッド・ファーニッシュ
デヴィッド・リード
マシュー・ヴォーン
製作総指揮 マイケル・グレイシー
エルトン・ジョン
ブライアン・オリヴァー
クラウディア・ヴォーン
スティーヴ・ハミルトン・ショウ
出演者 タロン・エジャトン
ジェイミー・ベル
リチャード・マッデン
ブライス・ダラス・ハワード
音楽 マシュー・マージェソン英語版
主題歌 エルトン・ジョン & タロン・エジャトン
(アイム・ゴナ)ラヴ・ミー・アゲイン
撮影 ジョージ・リッチモンド英語版
編集 クリス・ディケンズ
製作会社 ニュー・リパブリック・ピクチャーズ
マーヴ・フィルムズ英語版
ロケット・ピクチャーズ英語版
配給 イギリスの旗アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 東和ピクチャーズ
公開 イギリスの旗 2019年5月24日
アメリカ合衆国の旗 2019年5月31日[1]
日本の旗 2019年8月23日[2]
上映時間 121分[3]
製作国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $40,000,000[4]
興行収入 世界の旗 $195,179,299[5]
日本の旗 $5,850,325[6]
テンプレートを表示

ロケットマン』(原題:Rocketman)は、2019年イギリスアメリカ合衆国伝記ミュージカル映画

イギリスのミュージシャン・エルトン・ジョンの半生を描く[7]デクスター・フレッチャー監督、タロン・エジャトンがエルトン・ジョンを演じる[8][9]。タイトルはエルトン・ジョンのシングル「ロケット・マン」から。

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替[10]

製作[編集]

企画の段階では主演としてジャスティン・ティンバーレイクが候補に挙がり、マイケル・グレイシー監督(最終的にはエグゼクティブ・プロデューサーとしてクレジット)の下で製作が本格的に動き始めた時にはトム・ハーディに一旦決まったものの、ハーディの歌唱力不足や役に対して年齢が高すぎたことなどから、プロデューサーのマシュー・ヴォーンの提案とデクスター・フレッチャー監督の後押しによってタロン・エジャトンに決まった [11]

サウンドトラック[編集]

作品の評価[編集]

映画批評家によるレビュー[編集]

Rotten Tomatoesによれば、355件の評論のうち、89%にあたる316件が高く評価しており、平均して10点満点中7.64点を得ている[12]Metacriticによれば、49件の評論のうち、高評価が35件、賛否混在が13件、低評価が1件、平均して100点満点中69点を得ている[13]

受賞歴[編集]

第77回ゴールデングローブ賞においてミュージカル・コメディ部門の作品賞主演男優賞タロン・エジャトン)、主題歌賞の3部門にノミネートされ[14]、主演男優賞と主題歌賞を受賞している[15]

第25回放送映画批評家協会賞において衣装デザイン賞とメイクアップ&ヘア賞、歌曲賞の3部門にノミネートされ、歌曲賞を受賞している[16]

第73回英国アカデミー賞英語版において主演男優賞(タロン・エジャトン)と英国作品賞音響賞英語版メイクアップ&ヘア賞英語版の4部門にノミネートされている[17]

第92回アカデミー賞では歌曲賞を受賞[18]

出典[編集]

  1. ^ D'Alessandro, Anthony (2018年8月23日). “'Rocketman': Elton John Biopic Moves Back Two Weeks” (英語). Deadline. https://deadline.com/2018/08/rocketman-elton-john-biopic-movie-release-transformers-7-undated-1202396997/ 2019年3月24日閲覧。 
  2. ^ 海江田宗 (2019年4月25日). “エルトン・ジョン映画『ロケットマン』は8月23日公開!特報映像公開”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0108362 2019年5月6日閲覧。 
  3. ^ ROCKETMAN” (英語). British Board of Film Classification. 2019年5月25日閲覧。
  4. ^ Keegan, Rebecca (2019年3月22日). “Elton John Biopic 'Rocketman' Expected to Get R-Rating for Sex, Drug Scenes” (英語). The Hollywood Reporter. 2019年3月24日閲覧。
  5. ^ Rocketman (2019)” (英語). Box Office Mojo. 2019年10月3日閲覧。
  6. ^ Rocketman (2019) - International Box Office Results” (英語). Box Office Mojo. 2019年10月3日閲覧。
  7. ^ “エルトン・ジョンの半生を描く タロン・エガートン主演『ロケットマン』公開決定”. リアルサウンド. (2019年3月25日). https://realsound.jp/movie/2019/03/post-336970.html 2019年3月25日閲覧。 
  8. ^ “エルトン・ジョン伝記ミュージカル2019年5月公開!主演は『キングスマン』タロン・エガートン”. シネマトゥデイ. (2018年5月25日). https://www.cinematoday.jp/news/N0101095 2019年3月24日閲覧。 
  9. ^ “タロン・エガートンがエルトン・ジョン役!『ロケットマン』初予告が公開”. シネマトゥデイ. (2018年10月2日). https://www.cinematoday.jp/news/N0103948 2019年3月24日閲覧。 
  10. ^ ロケットマン 4K Ultra HD+ブルーレイ<英語歌詞字幕付き>”. 2019年10月22日閲覧。
  11. ^ 猿渡由紀 (2019年8月21日). “エルトン・ジョン役はトム・ハーディのはずだった。「ロケットマン」主演俳優が決まるまで”. Yahoo!ニュース. https://news.yahoo.co.jp/byline/saruwatariyuki/20190821-00139198/ 2019年12月10日閲覧。 
  12. ^ Rocketman (2019)” (英語). Rotten Tomatoes. 2019年12月17日閲覧。
  13. ^ Rocketman Reviews” (英語). Metacritic. 2019年10月3日閲覧。
  14. ^ Ana Maria Bahiana (2019年12月9日). “Nominations for the 77th Golden Globes Have Been Announced” (英語). Golden Globes. 2019年12月17日閲覧。
  15. ^ 77th Golden Globe Awards Winners” (英語). Golden Globes (2020年1月5日). 2020年1月11日閲覧。
  16. ^ Angelique Jackson (2020年1月12日). “Critics’ Choice Awards: The Complete Winners List” (英語). Variety. https://variety.com/2020/scene/awards/critics-choice-awards-winners-list-2020-1203464376/ 2020年1月13日閲覧。 
  17. ^ “Bafta Film Awards 2020: The nominations in full” (英語). BBC News. (2020年1月7日). https://www.bbc.com/news/entertainment-arts-51013333 2020年1月12日閲覧。 
  18. ^ Hugh McIntyre (2020年2月9日). “Elton John Wins His Second Academy Award For ‘Rocketman’ Song ‘(I’m Gonna) Love Me Again’”. Forbes. https://www.forbes.com/sites/hughmcintyre/2020/02/09/elton-john-wins-his-second-academy-award-for-rocketman-song-im-gonna-love-me-again/ 2020年2月10日閲覧。 

外部リンク[編集]