キャンドル・イン・ザ・ウインド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

キャンドル・イン・ザ・ウインド」(原題:Candle in the Wind)は、エルトン・ジョン楽曲、またはシングル。別題、「風の中の火のように(孤独な歌手、ノーマ・ジーン)」。

本項では、「キャンドル・イン・ザ・ウインド」のリメイクである「キャンドル・イン・ザ・ウインド 〜ダイアナ元英皇太子妃に捧ぐ」(キャンドル・イン・ザ・ウインド1997)についても解説する。

概要[編集]

マリリン・モンローへ捧げた曲である。

1973年にオリジナルバージョンがアルバム『黄昏のレンガ路』に収録される。1974年にシングル発売され、全英チャートで最高11位を記録。但し、このときはアメリカでのシングル発売はなかった。このときの邦題は「風の中の火のように(孤独な歌手、ノーマ・ジーン)」。

1987年にオーストラリアでのライブ音源がアルバム『エルトン・スーパー・ライヴ 〜栄光のモニュメント〜』に収録され、同年にシングルとしても発売される。このときのシングルの邦題は「キャンドル・イン・ザ・ウインド」。全英チャートで最高5位。このバージョンはアメリカでもシングル発売され、Billboard Hot 100で最高6位を記録。

1997年リメイク版[編集]

キャンドル・イン・ザ・ウインド 〜ダイアナ元英皇太子妃に捧ぐ
エルトン・ジョンシングル
リリース 日本の旗1997年9月26日
規格 シングル
ジャンル ポップス
レーベル ロケット・レコード
A&Mレコード
マーキュリー・ミュージックエンタテインメント日本
作詞・作曲 エルトン・ジョン
プロデュース ジョージ・マーティン
ゴールド等認定
チャート最高順位
エルトン・ジョン シングル 年表
ライヴ・ライク・ホーシズ
1996年
キャンドル・イン・ザ・ウインド1997
(1997年)
リカヴァー・ユア・ソウル
1998年
テンプレートを表示

キャンドル・イン・ザ・ウインド 〜ダイアナ元英皇太子妃に捧ぐ」(キャンドル・イン・ザ・ウインド ダイアナもとえいこうたいしひにささぐ 原題:Something About the Way You Look Tonight / Candle in the Wind 1997" サムシング・アバウト・ザ・ウェイ・ユールック・トゥナイト/キャンドル・イン・ザ・ウインド1997)は、エルトン・ジョンが1997年に発表したシングル。

概要[編集]

ダイアナ元英皇太子妃への追悼シングル。上記のとおり、元々はマリリン・モンローへ捧げた曲であったが、バーニー・トゥーピンによって改作され、ダイアナへの追悼曲となった。

1997年9月6日に行われたダイアナ元英皇太子妃の葬儀でエルトン・ジョンによって歌われ[1]、その後CD化が発表された[2]。以前から発売を予定していた「サムシング・アバウト・ザ・ウェイ・ユールック・トゥナイト」との両A面シングルとして発売された。

アメリカでは初回出荷800万枚[3]サウンドスキャン調べによる全米での1週間の売上枚数は340万枚に達し(さらにサウンドスキャンが集計できなかった売上が50万枚あるともいう)、ホイットニー・ヒューストンオールウェイズ・ラヴ・ユー」が1992年に記録した63.2万枚を大きく上回った[4]。CDの生産能力が受注に追いつかないほどのヒットとなったため、発売元のA&Mレコードは一時期、CDの注文受付を中止していた[5]

日本では初回出荷30万枚[3]。日本のオリコンシングル総合チャートでは、セリーヌ・ディオン with クライズラー&カンパニーの「トゥ・ラヴ・ユー・モア」以来約1年9か月ぶりに、洋楽シングルでの1位を獲得。また、ダニエル・ブーンの「ビューティフル・サンデー」以来約21年6か月ぶりに、洋楽シングルでの初登場1位を獲得。

JASRACには「録音禁止著作物」として登録されており、新たな録音/出版は禁止されている。従って他に規定されたシングル/アルバム以外には収録されていない。

収録曲[編集]

  1. ユー・ルック・トゥナイト
  2. キャンドル・イン・ザ・ウインド1997
  3. ユー・キャン・メイク・ヒストリー(ヤング・アゲイン)

脚注[編集]

  1. ^ ダイアナ葬儀ロンドンは涙一色、ZAKZAK、1997年9月6日。
  2. ^ 「ダイアナさん追悼歌」CD発売、ZAKZAK、1997年9月8日。
  3. ^ a b ダイアナ追悼歌が全国一斉発売、ZAKZAK、1997年9月26日。(インターネット・アーカイブのキャッシュ)
  4. ^ ダイアナ元妃CDがギネス記録へ、ZAKZAK、1997年10月4日。
  5. ^ ファン殺到! 米でダイアナ追悼CD注文中止、ZAKZAK、1997年10月3日。