ピンボールの魔術師

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ピンボールの魔術師
ザ・フーシングル
初出アルバム『トミー
B面 ドッグズ・パート2
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 1969年2月7日 ロンドン モーガン・スタジオ[1]
ジャンル ロック
時間
レーベル イギリスの旗トラック・レコード
アメリカ合衆国の旗デッカ・レコード
作詞・作曲 ピート・タウンゼント
プロデュース キット・ランバート
チャート最高順位
  • 4位(イギリス[2]
  • 12位(オランダ[3]
  • 14位(アイルランド[4]
  • 19位(アメリカ [5]
  • 25位(ドイツ[6]
ザ・フー シングル 年表
マジック・バス
(1968年)
ピンボールの魔術師
(1969年)
僕は自由だ
(1969年)
テンプレートを表示

ピンボールの魔術師」(原題:Pinball Wizard)は、イギリスロックバンドザ・フー1969年に発表した楽曲。メンバーのピート・タウンゼントが作詞・作曲した。ロック・オペラ作品として知られるスタジオ・アルバムトミー』からの先行シングルとしてリリースされた曲で、『トミー』のストーリーの中に組み込まれている。

背景[編集]

本作の歌詞は、ピート・タウンゼントやプロデューサーのキット・ランバートと親交のあったロック評論家ニック・コーンのアイディアが元になっている[7]。歌詞はピンボールの腕自慢だった若者の目線で、ピンボールの大会においてロック・オペラ『トミー』の主人公トミー・ウォーカーに敗れる様が歌われており、トミーに与えられた称号がタイトルになっている[8]。この曲で使われたアコースティック・ギターは、タウンゼントが1968年に購入したギブソンJ-200である[9]

シングル・ヴァージョンは、アルバム・ヴァージョンよりもテンポが速められた[7]。シングルのB面には、スタジオ・アルバム未収録のインストゥルメンタル「ドッグズ・パート2」が収録されており、この曲の作曲クレジットにはキース・ムーンとメンバーの飼い犬2匹の名前が記載されている[10]

反響・影響[編集]

全英アルバムチャートでは4位に達し、ザ・フーにとって9作目のトップ10ヒットとなった[2]。アメリカのBillboard Hot 100では19位に達し、自身2度目のトップ20入りを果たした[5]

ショッキング・ブルーのヒット曲「ヴィーナス」のギター・リフは、この曲が元になっている[11]

1994年、この曲のタイトルから名前を取ったピンボール「The Who's Tommy Pinball Wizard」がデータイースト・ピンボールから発売された[12]

ザ・フーによる「ピンボールの魔術師」は、2008年発売の音楽ゲーム『Rock Band 2』で使用された[13]

タイム』誌の企画「最も愛されている魔法使いトップ10」では、「トミーは本当の意味での魔法使いではない。彼の驚異的なピンボールの技術によって魔法使いのように見えるのである」と前置きされた上で「The Pinball Wizard」が8位にランク・インした[14]

カヴァー[編集]

『トミー』の派生作品より[編集]

ロッド・スチュワート[編集]

ロッド・スチュワートは、ロンドン交響楽団が『トミー』をオーケストラ・アレンジした作品『Tommy - As Performed by London Symphony Orchestra & Chamber Choir』(1972年)において、フィーチャリング・アーティストとして「ピンボールの魔術師」を歌った[15]。スチュワートのヴァージョンは、ベスト・アルバム『シング・イット・アゲイン・ロッド』(1973年)にも収録されている。また、スチュワートは1972年12月9日にロンドンのレインボー・シアターで上演された『トミー』の再現コンサートにも出演した[16]

エルトン・ジョン[編集]

ピンボールの魔術師
エルトン・ジョンシングル
初出アルバム『「トミー」オリジナル・サウンドトラック』
B面 ハーモニー
リリース
規格 7インチ・シングル
ジャンル ロック
レーベル DJMレコード
作詞・作曲 ピート・タウンゼント
プロデュース ガス・ダッジョン
チャート最高順位
  • 7位(イギリス[17]
  • 13位(アイルランド[4]
エルトン・ジョン シングル 年表
今夜は怖いぜ! (国境の町酒場)
(1976年)
ピンボールの魔術師
(1976年)
恋のデュエット(withキキ・ディー)
(1976年)
テンプレートを表示

エルトン・ジョンは、ケン・ラッセル監督がアルバム『トミー』を映画化した『トミー』(1975年)に出演し、劇中でこの曲を歌った。また、映画のサウンドトラック・アルバムに収録され、同作の収録曲では唯一、既にジョンの作品を多数手掛けていたガス・ダッジョンがプロデュースしている[18]。なお、ロッド・スチュワートはジョンにこの曲を歌うオファーが来たら受けるかどうか尋ねたところ、ジョンは「そんなのまっぴらだ」と断ったが、その後ザ・フーからオファーが来たら受け入れたというエピソードがあり、ジョンは後年「ロッドはあのことを全く許していないだろうね」と語っている[19]。ジョンのヴァージョンはシングルとしてもリリースされ、全英シングルチャートでは7位に達して自身8作目のトップ10ヒットとなった[17]

ジョンのアルバム『カリブ』(1974年)が1995年にリマスターCDとして再発された際、この曲を含む4曲がボーナス・トラックとして収録された。

『Guitar World』誌が2013年に選出した「The Top 10 Covers of Songs by The Who」では、ジョンによる「ピンボールの魔術師」が9位にランク・インした[20]

その他のカヴァー[編集]

  • ニュー・シーカーズ英語版 - アルバム『Now』(1973年)に、「シー・ミー・フィール・ミー」とのメドレーとして収録[21]
  • シャドウズ - アルバム『Rockin' With Curly Leads』(1974年)に、「シー・ミー・フィール・ミー」とのメドレーとして収録[22]
  • ジェネシス - ライヴにおいて「ターン・イット・オン・アゲイン」を中心としたメドレーとして演奏。1984年のライヴの模様は映像作品『Genesis Live - The Mama Tour』に収録された。
  • ペトゥラ・クラーク - アルバム『Here for You』(1998年)に収録。
  • ピンク・クリーム69 - アルバム『エンデンジャード』(2001年)に収録。
  • アレックス・スコルニック・トリオ - アルバム『Goodbye to Romance: Standards for a New Generation』(2002年)に収録。
  • サンダー - アコースティック・ライヴ・アルバム『西暦2000年倫敦での"解散"アコースティック・ライヴ!!』(2003年)に収録。
  • ザ・スミザリーンズ英語版 - アルバム『The Smithereens Play Tommy』(2009年)に、この曲を含む『トミー』からの楽曲のカヴァーを収録[23]
  • カイザー・チーフス - 2012年ロンドンオリンピックの閉会式において演奏。コンピレーション・アルバム『A Symphony of British Music: Music for the Closing Ceremony of the London 2012 Olympic Games』(2012年)にも収録された[24]
  • ブラッド・ギルス、マイク・ピネーラ、テリー・リード - トリビュート・アルバム『Who Are You: An All-Star Tribute to The Who』(2012年)に提供[25]

脚注[編集]

  1. ^ a b thewho.com - Pinball Wizard - 2013年11月17日閲覧
  2. ^ a b WHO | Artist | Official Charts
  3. ^ dutchcharts.nl - The Who - Pinball Wizard
  4. ^ a b Irish Charts - 曲名「Pinball Wizard」を入力して検索すれば確認可
  5. ^ a b The Who | Awards | AllMusic
  6. ^ charts.de - 2014年6月22日閲覧
  7. ^ a b 『ザ・フー全曲解説』(著:クリス・チャールズワース/訳:藤林初枝/バーン・コーポレーション/1996年/ISBN 4-401-70108-9)p.56
  8. ^ 『レコード・コレクターズ増刊 ザ・フー アルティミット・ガイド』p.69(ミュージック・マガジン/2004年)
  9. ^ 10 Great Players Who Chose J-200s - ギブソン公式サイト - 2013年11月17日閲覧
  10. ^ 『ザ・フー全曲解説』p.189
  11. ^ Venus by Shocking Blue Songfacts
  12. ^ Internet Pinball Machine Database: Data East 'The Who's Tommy Pinball Wizard' - 2013年11月17日閲覧
  13. ^ Pinball Wizard by The Who // Songs // Rock Band® - 2013年11月17日閲覧
  14. ^ The Pinball Wizard - Top 10 Most Beloved Wizards - Time
  15. ^ Tommy - As Performed by London Symphony Orchestra & Chamber Choir - London Symphony Orchestra | AllMusic - Review by Bruce Eder
  16. ^ Dates 1972 - A History of the Rainbow - 2013年11月17日閲覧
  17. ^ a b ELTON JOHN | Artist | Official Charts
  18. ^ Who, The - Tommy - Original Sondtrack Recording (Vinyl, LP, Album) at Discogs
  19. ^ Pinball Wizard by The Who Songfacts
  20. ^ Next Generation: The Top 10 Covers of Songs by The Who | Guitar World - 2013年11月17日閲覧
  21. ^ New Seekers, The - Now (Vinyl, LP, Album) at Discogs
  22. ^ Rockin' with Curly Leads - Shadows | AllMusic - Review by Dave Thompson
  23. ^ The Smithereens Play Tommy | AllMusic
  24. ^ A Symphony of British Music: Music for the Closing Ceremony of the London 2012 Olympic Games - Various Artists | AllMusic
  25. ^ Who Are You: An All-Star Tribute to The Who - Various Artists | AllMusic