ビッグ・ピクチャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビッグ・ピクチャー
エルトン・ジョンスタジオ・アルバム
リリース
録音 1997年1月 - 5月
タウンハウス・スタジオ
(イギリス、ロンドン)
ジャンル ロック
時間
レーベル ロケット・レコード(UK)
MCAレコード(US)
マーキュリー・ミュージック・エンタテインメント(JP)
プロデュース クリス・トーマス
チャート最高順位
  • 3位(イギリス)
  • 9位(アメリカ)
エルトン・ジョン アルバム 年表
ラヴ・ソングス
(1995年)
ビッグ・ピクチャー
(1997年)
アイーダ
(1999年)
テンプレートを表示

ビッグ・ピクチャー』(The Big Picture)は、1997年に発表されたエルトン・ジョンのアルバム。

解説[編集]

バラードを主体としたアルバム。ルチアーノ・パヴァロッティとデュエット・チャリティーシングルとしてリリースした「リヴ・ライク・ホーセズ」のソロ・バージョンなど。ロックらしい曲は最終曲「ウィキッド・ドリーム」のみである(「アイ・ノウ~」は日本のみのボーナストラック)。

この前年、友人のジャンニ・ヴェルサーチが死去したこともあってか、沈んだ穏やかなイメージを受けるアルバムである。また彼の葬儀で泣きじゃくるエルトンを慰めたのは、疎遠になっていた旧友ダイアナ元皇太子妃だった(エルトンはたびたび、舌禍により友人と仲違いしている)。親交を取り戻したばかりのダイアナはこの年、事故死した。葬儀での追悼歌は、当初パヴァロッティに依頼されたが辞退され、エルトンが引き受けた。「風の中の火のように」の歌詞を書き換えた「キャンドル・イン・ザ・ウインド1997」は世界で最も売れたシングルとなった。カップリングはこのアルバムからのシングル「ユー・ルック・トゥナイト」。

シングルとなった「ユー・ルック~」「リカヴァー~」のPVの一部が収録されたCD EXTRA版も翌年発売された。紫のフィルムがジャケットに同梱されたもの。

収録曲[編集]

  1. ロング・ウェイ・フロム・ハピネス - "Long Way From Happiness"
  2. リヴ・ライク・ホーセズ - "Live Like Horses"
  3. ジ・エンド・ウィル・カム - "The End Will Come"
  4. イフ・ザ・リヴァー・キャン・ベンド - "If The River Can Bend"
  5. ラヴズ・ゴット・ア・ロット - "Love’s Got A Lot To Answer For"
  6. ユー・ルック・トゥナイト - "Something About The Way You Look Tonight"
  7. ビッグ・ピクチャー - "The Big Picture"
  8. リカヴァー・ユア・ソウル - "Recover Your Soul"
  9. ジャニュアリー - "January"
  10. キャント・スティアー・マイ・ハート - "I Can’t Steer My Heart Clear Of You"
  11. ウィキッド・ドリーム - "Wicked Dreams"
  12. アイ・ノウ・ホワイ・アイム・イン・ラヴ - "I Know Why I'm In Love"
  • 作詞 バーニー・トーピン
  • 作曲 エルトン・ジョン

参加ミュージシャン[編集]


製作[編集]

  • クリス・トーマス - Producer
  • ピート・ルイス (Pete Lewis) - Engineer
  • アンディ・グリーン (Andy Green)&ジェイ・レイノルズ (Jay Reynolds) - Assistant Engineer
  • ジョン・リード - Management
  • リック・レコート (Rick Lecoat) - Design
  • ジュリアン・シュナベル (Julian Schnabel) - Paintings, Still Life Phot
  • マリオ・テスティノ (Mario Testino) - Portrait Phot