クリス・トーマス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クリス・トーマス(Chris Thomas、1947年1月13日-)は、英国出身の音楽プロデューサーである。

略歴[編集]

1960年代から現在に至るまで、英国ロック界の第一線で活躍する名プロデューサーとして知られる。エルトン・ジョンとは同窓生であり、学生時代に共にバンドを組んでいた。お互いのデビュー後も交流は続いており、クリスがエルトンの多くのアルバムをプロデュースしている。

プロデューサーとしての活動のきっかけは、ビートルズのプロデューサーとして有名なジョージ・マーティンに手紙を書いたことに始まる。それが認められジョージの傍らで働いていたが、そこから間もなくビートルズの『ホワイト・アルバム』(1968年)にアシスタント・プロデューサーとして携わっている。ただし、ほとんど無名の若者プロデューサーに耳を貸す人物はおらず、ビートルズのメンバーはバラバラの状態でのレコーディングを続けた。

それ以降、プロコル・ハルムピンク・フロイドジョン・ケイルロキシー・ミュージックセックス・ピストルズポール・マッカートニープリテンダーズピート・タウンゼントエルトン・ジョンINXSパルプU2レイザーライトザ・ストライプスなどのプロデュースを行い、輝かしい経歴を刻んでいる。

ビートルズのメンバーではジョン・レノンジョージ・ハリスンのファンだったらしく、ビートルズ解散後の各メンバーのソロ作品に関しては、ジョージ・ハリスンの作品を最も高く評価している。

クリスは片耳の聴力が極端に弱いと言われている。実際、彼のプロデュース作品はステレオ感が希薄であるが、すべての音が中音域に密集してダンゴのように耳に飛び込んで来るパンチの効いた音響処理が特徴である。

サディスティック・ミカ・バンドのプロデュースを行ったのが縁でメンバーの加藤ミカと不倫になり、その結果、ミカは当時の夫である加藤和彦と離婚。サディスティック・ミカ・バンドは解散となった。入籍しないまま数年で二人も別れた。