タウンハウス・スタジオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

タウンハウス・スタジオ (Townhouse Studios) は、かつて西ロンドンにあった録音スタジオである。正式名称はザ・タウン・ハウス (The Town House) 。1978年にリチャード・ブランソンによって建てられ、ヴァージン・スタジオ・グループの一つとしてバーバラ・ジェフリーズが運営していた。ヴァージン・スタジオ・グループはリチャードによって1992年にヴァージン・レコードと共にEMIに売却され、その後2002年にサンクチュアリ・グループがEMIから買収している。サンクチュアリによる買収後の2008年4月頃にユニバーサルがスタジオを閉めたが、タウンハウス・スタジオでその技術を磨いたレコーディング・エンジニアで音楽プロデューサーのアル・ストーンは、スタジオの最後を見届けるだけのために、2006年にサンクチュアリのもとでスタジオ運営をした。施設内には3つのレコーディング・ルームがあり、それぞれNo.1、No.2、No.4とナンバリングされていたが、No.3はザ・フーが所有するラムパート・スタジオを指している。

タウンハウス・スタジオでレコーディングをしたアーティストには、エルトン・ジョン[1]クイーンフィル・コリンズザ・ジャム[2]エイジアブライアン・フェリーコールドプレイミューズデュラン・デュランジャミロクワイカイリー・ミノーグオアシスXTCロビー・ウィリアムズなどがいる。「ストーン・ルーム」と呼ばれたスタジオ2は、ドラムのレコーディングで1980年代に特に人気があった場所であるが、これは世界中のラジオを席巻し、ポップ史最大のヒット曲の一つに数えられるフィル・コリンズの「夜の囁き」のドラムが、ヒュー・パジャムのプロデュースのもと、ここスタジオ2で収録されていたことによるものである。

タウンハウス・スタジオは、その歴史を通してソリッド・ステート・ロジックと緊密であり、Bシリーズをイギリスで最初に導入したスタジオである。また、SSLの生産した1000台目のコンソールもスタジオ1に納入された。使用されていたSSL 4000Bは現存しており、使用されていた当時以上に良好な状態が保たれている[3]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ フレッド・ブロンソン "The Billboard book of number one hits" p.860. 『ビルボード・ブックス』(1997年)
  2. ^ セッティング・サンズ』のインナー・ノーツ、ポリドール・レコード PD-1-6249(1979年)
  3. ^ SSL史 - VinylCarvers

外部リンク[編集]

座標: 北緯51度30分06秒 西経0度13分55秒 / 北緯51.501733度 西経0.231823度 / 51.501733; -0.231823