デュラン・デュラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デュラン・デュラン
2005年4月5日、カナダ・トロントでのライブ
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランド ウェスト・ミッドランズ バーミンガム
ジャンル ニュー・ウェーヴ
ニューロマンティック
ポップ・ロック
ポストパンク
シンセポップ
オルタナティヴ・ロック
活動期間 1978年 -
レーベル EMI / キャピトル・レコード
ハリウッド・レコード
エピック・レコード
公式サイト Official Website
メンバー
サイモン・ル・ボン (Simon Le Bon)
ニック・ローズ(Nick Rhodes)
ジョン・テイラー(John Taylor)
ロジャー・テイラー(Roger Taylor)
旧メンバー
アンディ・テイラー(Andy Taylor)
スターリン・キャンベル(Sterling Campbell)
ウォーレン・ククルロ(Warren Cuccurullo)
スティーヴン・ダフィ(Stephen Duffy)
アンディ・ヴィケット
サイモン・コリー
アラン・カーティス
ジェフ・トーマス

{{{Influences}}}

デュラン・デュランDuran Duran)は、イギリスロックバンド1978年イングランド中部・バーミンガムにて結成された。1980年代前半のニューロマンティック(New Romantic)といわれるムーブメントやMTVブームの火付け役。バンド名はジェーン・フォンダが主演したSF映画『バーバレラ』(1968年)で登場する悪役「デュラン・デュラン (Durand-Durand) 博士」より。

略歴[編集]

  • 1978年、ニック・ローズ(キーボード)、ジョン・テイラー(ギター)、サイモン・コリー(ベース)、スティーヴン・ダフィ(ヴォーカル)の4人によって結成される。ところが半年後にコリーとダフィが脱退。すぐに代わりのヴォーカルとしてアンディ・ヴィケットが加入する。そして、その年の暮れにロジャー・テイラー(ドラム)が加入。しばらくは、この4人で活動する。なお、ローズは、デュラン・デュラン結成時まで、キーボードの演奏歴がほとんどなく、取材に対して「自分はタイプライターを叩くのが上手だったので、キーボードもすぐに上達すると思った」と答えている。
  • 1979年、ヴォーカルのヴィケットが脱退。
  • 1980年、後任のベーシスト探しが難航し、ジョン・テイラーがベーシストへ転向する。そしてジェフ・トーマス(ヴォーカル)、アラン・カーティス(ギター)が加入しバンドは5人編成となる。ところが数か月後にトーマスとカーティスは脱退。そして後任のギタリストとしてアンディ・テイラーが加入。しかしヴォーカル探しは難航しバンドはオーディションに踏み切る。そんな中、サイモン・ル・ボンがヴォーカルとして採用される。採用された理由は「ルックスの良さ」「魅力的な声」「歌が上手い」そしてオーディションを受けた人たちの中でル・ボンだけが「詩や曲を書き溜めたノート」を持参していたからである。曲も書けて歌の上手いヴォーカルとしてル・ボンはバンドに迎え入れられ、ようやくメンバーが固定される。
  • 1981年2月、シングル「プラネット・アース」(英12位)でデビュー。
4月、シングル「ケアレス・メモリーズ」(英37位)リリース。
6月、1stアルバム『デュラン・デュラン』リリース。全英チャートで3位を記録。2度目の全英ツアーを行う。
7月、シングル「グラビアの美少女」(英5位)リリース。
9月、パリ、ブリュッセルなどでライヴ。その後、全米ツアーを行う。
11月、シングル「マイ・オウン・ウェイ」(英14位)リリース。
12月、3度目の全英ツアーを行う。
  • 1982年4月、PV撮影のため、スリランカへ。
4月25日〜5月1日、初来日公演。東京、大阪、名古屋で5公演を行う。
5月、シングル「ハングリー・ライク・ザ・ウルフ」(英5位)リリース。2ndアルバム『リオ』(英2位)リリース。
6月から8月にかけて、北米ツアーを行う。8月からはブロンディーのオープニング・アクトだった。
8月、シングル「セイヴ・ア・プレイヤー」(英2位)リリース。
9月から10月に、ヨーロッパ・ツアーを行う。
10月30日から、全英ツアーを行う。
11月、シングル「リオ」(英9位/アメリカでは1983年4月、最高位14位)リリース。
12月、ビルボード・チャートに「ハングリー・ライク・ザ・ウルフ」が77位に初登場。1983年3月、最高位3位を記録。
  • 1983年3月、シングル「プリーズ・テル・ミー・ナウ」(英1位/米4位)リリース。
4月、映像クリップ集『デュラン・デュラン』リリース。
6月、1stアルバム『デュラン・デュラン』に「プリーズ・テル・ミー・ナウ」を追加収録して、アメリカと日本で再リリース(米10位)。
アルバム『リオ』が、アメリカで最高位6位を記録。
7月、イギリス王室主催のチャリティ・コンサートに出演。
9月、ジョンとロジャーが、プロモーションのため来日。
10月、シングル「ユニオン・オブ・ザ・スネイク」(英3位/米3位)リリース。
11月、3rdアルバム『セヴン&ザ・ラクド・タイガー』(英1位/米8位)リリース。
12月、全英ツアー開始。
  • 1984年、シングル「ニュー・ムーン・オン・マンデイ」リリース。そして「ザ・リフレックス」が全米(6月23日付〜6月30日付の2週連続)、全英で初のシングルチャートNo.1を獲得。続く「ワイルド・ボーイズ」は全米(12月15日付〜1985年1月5日付の4週連続)、全英共に第2位だった。
  • 1985年、シングル「セイヴ・ア・プレイヤー」(米16位)がアメリカで発売。サイドプロジェクトも始動。ジョン・テイラーとアンディ・テイラーがドラマーに元シックのトニー・トンプソン、ボーカルにロバート・パーマーを従えパワー・ステーションを結成。アメリカでヒットする。ル・ボン、ローズ、ロジャー・テイラーはアーケイディアを結成し、アルバムにスティングデヴィッド・ギルモア土屋昌巳などの参加で話題を呼ぶ。同年7月13日に行われたライヴエイドに参加(参加会場は母国のイギリスではなくアメリカフィラデルフィアJFKスタジアム)。「007 美しき獲物たち」「ユニオン・オブ・ザ・スネイク」「セイヴ・ア・プレイヤー」「ザ・リフレックス」を披露。なおパワー・ステーションも参加している。そしてシングル「007 美しき獲物たち」が2週連続第1位(7月13日付〜7月20日付)を獲得(なお全英では第2位)。ロジャー・テイラー(実家の農家に専念するために脱退。後にアルバム『サンキュー』に2曲参加)とアンディ・テイラー(アルバム『ノトーリアス』に数曲参加)が脱退する。
  • 1986年、ローズ、ジョン・テイラー、ル・ボンの3人で活動は続行。アルバムのセッションには後にメンバーとなるフランク・ザッパ~ミッシング・パーソンズのウォーレン・ククルロ(ギター)、及び元アヴェレージ・ホワイト・バンドのスティーヴ・フェローン(ドラム)が参加。
  • 1987年、シングル「ノトーリアス」が全米2位(1月10日付)を記録(全英7位)。
  • 1988年、シングル「アイ・ドント・ウォント・ユア・ラヴ」が12月3日付のチャートで全米4位(全英14位)を記録。この曲を最後にしばらくバンドはトップ10ヒットから遠ざかる。
  • 1989年、アルバム『リバティ』の発表時よりバンドはツアーを行わず、「すぐにレコーディングに取り掛かる」と宣言。ウォーレン・ククルロとスターリン・キャンベル(ドラムス)が正式メンバーとして迎え入れられる。
  • 1990年、クリスマス前、キャンベルがニューヨークへ帰り、それっきり戻って来なかった。
  • 1991年、4人での活動を始める。
  • 1993年に発表のアルバム『デュラン・デュラン(ザ・ウェディング・アルバム)』からのシングル「オーディナリー・ワールド」と「カム・アンダーン」の大ヒットでシーンに復活。新しい世代のファンの獲得に成功する。
  • 1997年、バンド結成時からのメンバーであったジョン・テイラーが脱退。再びバンドは停滞期に突入する。
  • 2001年、オリジナルメンバー5人が再会し、再び5人揃って活動を開始。それを受けてククルロがバンドを脱退。
  • 2003年、日本を皮切りに米国、豪州などでツアーを展開、成功を収める。
  • 2004年、復活第一弾アルバム『アストロノート』を発表。
  • 2005年、ロジャー・テイラーが足の小指を「骨折」した為、予定されていた日本ツアーをすべてキャンセル。しかし、日本ツアー予定日当日にロジャー・テイラーが元気にドラムを叩く姿が海外で放送された為、各方面で物議を醸す。代わって8月、summer sonic 2005 の東京・大阪両会場で公演。併せて東京で1日だけの単独ライヴも行った。
  • 2006年、アンディ・テイラー再度脱退。
  • 2007年7月1日、コンサート・フォー・ダイアナに参加。
7月7日、Live Earth コンサートに参加。
11月、アルバム『レッド・カーペット・マサカー〜美しき深紅〜』発表。
  • 2010年、12月21日、マーク・ロンソンをプロデューサーに迎えたアルバム『オール・ユー・ニード・イズ・ナウ』をiTunes Store先行で発表。2ndアルバム『リオ』に回帰したサウンドを展開している。2011年2月にはCDでリリースされた。
Duran Duran live(2005年)

逸話・その他[編集]

  • ジョン・テイラー、ロジャー・テイラー、アンディ・テイラーとテイラー姓の人物が三人いるが、いずれも血縁関係はない。
  • 初来日時に『夜のヒットスタジオ』に出演した際、司会の芳村真理が「何か知っている日本語はありますか?」と質問し、ル・ボンが話した言葉は「コンヤ、ドウ?(今夜、どう?)」であった。これは同じく司会の井上順が教えたと言われている。
  • 1989年2月の東京ドーム公演には小室哲哉がゲスト出演し、その後小室のソロアルバム『Digitalian is eating breakfast』とソロツアーにはククルロが、ソロツアーのみにキャンベルがサポートメンバーとして参加している。
  • ロキシー・ミュージックの影響もあるのか女性モデルや女優を起用したミュージックビデオをよく好む。(サイドプロジェクトのパワー・ステーションアーケイディア も多い)

Reema Ruspoli (Rio),Perri Lister(Chuffeur),Sheila Ming(Hungry Like The Wolf),Grace Jones(A View to a Kill),Christy Turlington (Notorious),Tess Daly(Violence of Summer)(Serious),Myka Dunkle(Electric Barbarella),Naomi Campbell, Cindy Crawford, Helena Christensen, Eva Herzigova, Yasmin Le Bon(Girl Panic!)

  • ダイアナ元皇太子妃が彼らの大ファンで、旅の時にはアルバム「リオ(Rio)」のカセットテープをいつも持参していたと言われている。

メンバーと担当楽器[編集]

第1期 1978年[編集]

  • ニック・ローズ(Nick Rhodes) - keyboard/tapes/rhythm machine バンドリーダー
  • ジョン・テイラー(John Taylor)[1] - guitar
  • サイモン・コリー(Simon Colley) - bass guitar/clarinet
  • スティーヴン・ダフィ(Stephen Duffy) - vocal/bass guitar

第2期 1978年~1979年[編集]

  • ニック・ローズ(Nick Rhodes) - keyboard バンドリーダー
  • ジョン・テイラー(John Taylor) - guitar
  • アンディ・ヴィケット(Andy Wickett) - vocal
  • ロジャー・テイラー(Roger Taylor) - drums[2]

第3期 1980年[編集]

  • ニック・ローズ(Nick Rhodes) - keyboard バンドリーダー
  • ジョン・テイラー(John Taylor) - bass guitar
  • ロジャー・テイラー(Roger Taylor) - drums
  • ジェフ・トーマス(Jeff Thomas) - vocal
  • アラン・カーティス(Alan Curtis) - guitar


ジョン・テイラーがベースに転向。

第4期 1980年~1985年[編集]

  • ニック・ローズ(Nick Rhodes) - keyboard バンドリーダー
  • サイモン・ル・ボン(Simon Le Bon) - vocal
  • ジョン・テイラー(John Taylor) - bass guitar
  • ロジャー・テイラー(Roger Taylor) - drums
  • アンディ・テイラー(Andy Taylor) - guitar


デビュー・シングル「Planet Earth / Late Bar」録音。
1st『Duran Duran』、2nd『Rio』、3rd『Seven And The Ragged Tiger』、4th『Arena』録音。

第5期 1986年~1988年[編集]

  • ニック・ローズ(Nick Rhodes) - keyboard バンドリーダー
  • サイモン・ル・ボン(Simon Le Bon) - vocal
  • ジョン・テイラー(John Taylor) - bass guitar

+

  • ウォーレン・ククルロ(Warren Cuccurullo) - guitar(ゲスト/5th、6th)
  • アンディ・テイラー(Andy Taylor) - guitar(ゲスト/5th)
  • ナイル・ロジャース(Nile Rodgers) - guitar(ゲスト/5th)
  • スティーヴ・フェローン(Steve Ferrone) - drums(ゲスト/5th、6th)
  • スターリング・キャンベル(Sterling Campbell) - drums(ゲスト/6th)


5th『Notorious』、6th『Big Thing』録音。

第6期 1989年~1990年[編集]

  • ニック・ローズ(Nick Rhodes) - keyboard バンドリーダー
  • サイモン・ル・ボン(Simon Le Bon) - vocal
  • ジョン・テイラー(John Taylor) - bass guitar
  • ウォーレン・ククルロ(Warren Cuccurullo) - guitar
  • スターリング・キャンベル(Sterling Campbell) - drums


7th『Liberty』録音。

第7期 1991年~1996年[編集]

  • ニック・ローズ(Nick Rhodes) - keyboard バンドリーダー
  • サイモン・ル・ボン(Simon Le Bon) - vocal
  • ジョン・テイラー(John Taylor) - bass guitar
  • ウォーレン・ククルロ(Warren Cuccurullo) - guitar

+

  • スティーヴ・フェローン(Steve Ferrone) - drums(ゲスト/8th、9th)
  • ヴィニー・カリウタ(Vinnie Colaiuta) - drums(ゲスト/8th)
  • ファーガス・ジェラルド(Fergus Gerrand) - drums(ゲスト/8th)
  • テリー・ボジオ(Terry Bozzio) - drums(ゲスト/9th)
  • トニー・トンプソン(Tony Thompson) - drums(ゲスト/9th)
  • ロジャー・テイラー(Roger Taylor) - drums(ゲスト/9th)
  • エイブ・ラボリエル Jr.(Abe Laboriel Jr.) - drums(ゲスト/9th)
  • アンソニー・J.・レスタ(Anthony J. Resta) - drums(ゲスト/9th)


8th『Duran Duran (The Wedding Album)』、9th『Thank You』、録音。

第8期 1997年~2001年[編集]

  • ニック・ローズ(Nick Rhodes) - keyboard バンドリーダー
  • サイモン・ル・ボン(Simon Le Bon) - vocal
  • ウォーレン・ククルロ(Warren Cuccurullo) - guitar/bass guitar

+

  • ジョン・テイラー(John Taylor) - bass guitar(ゲスト/10th、11th)
  • スティーヴ・アレキサンダー(Steve Alexander) - drums (ゲスト/10th)
  • アンソニー・J.・レスタ(Anthony J. Resta) - drums(ゲスト/10th)
  • ジョン・トンクス(John Tonks) - drums(ゲスト/11th)
  • グレッグ・ビソネッテ(Greg Bissonette) - drums(ゲスト/11th)


10th『Medazzaland』、11th『Pop Trash』録音。

第9期(再結成第4期) 2001年~2006年[編集]

  • ニック・ローズ(Nick Rhodes) - keyboard バンドリーダー
  • サイモン・ル・ボン(Simon Le Bon) - vocal
  • ジョン・テイラー(John Taylor) - bass guitar
  • ロジャー・テイラー(Roger Taylor) - drums
  • アンディ・テイラー(Andy Taylor) - guitar


12th『Astronaut』録音。

第10期 2006年~[編集]

  • ニック・ローズ(Nick Rhodes) - keyboard バンドリーダー
  • サイモン・ル・ボン(Simon Le Bon) - vocal
  • ジョン・テイラー(John Taylor) - bass guitar
  • ロジャー・テイラー(Roger Taylor) - drums

+

  • ドミニク・ブラウン(Dominic Brown) - guitar(ゲスト/13th、14th)


13th『Red Carpet Massacre』、14th『All You Need Is Now』録音。

ディスコグラフィー[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • 『デュラン・デュラン』 (Duran Duran) (1981年 第4期) 英3位・米10位
  • 『リオ』 (Rio) (1982年 第4期) 英2位・米6位
  • 『セヴン&ザ・ラグド・タイガー』 (Seven and the Ragged Tiger) (1983年 第4期) 英1位・米8位
  • 『ノトーリアス』 (Notorious) (1986年 第5期) 英16位・米12位
  • 『ビッグ・シング』 (Big Thing) (1988年 第5期) 英15位・米24位
  • 『リバティ』 (Liberty) (1990年 第6期) 英8位・米46位
  • 『デュラン・デュラン(ザ・ウェディング・アルバム)』 (Duran Duran (A.K.A."The Wedding Album")) (1993年 第7期) 英4位・米7位
  • 『サンキュー』 (Thank You) (1995年 第7期) 英12位・米19位 ※カバー盤
  • 『メダザランド』 (Medazzaland) (1997年 第8期) 米58位
  • 『ポップ・トラッシュ』 (Pop Trash) (2000年 第8期) 英53位・米135位
  • 『アストロノート』 (Astronaut) (2004年 第9期) 英3位・米17位
  • 『レッド・カーペット・マサカー〜美しき深紅〜』 (Red Carpet Massacre) (2007年 第10期) 英44位・米36位
  • 『オール・ユー・ニード・イズ・ナウ』 (All You Need Is Now) (2010年 第10期) 英11位/iTunes1位・米29位/iTunes2位

ライブ・アルバム[編集]

コンピレーション[編集]

  • 『ディケイド』 (Decade: Greatest Hits) (1989年) 英5位・米67位 ※ベスト盤
  • 『グレイテスト』 (Greatest) (1998年) 英4位・米146位 ※ベスト盤
  • 『ストレンジ・ビヘイヴィア』 (Strange Behaviour) (1999年) ※リミックス盤

シングル[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ジョン・テイラーという名前の有名人は何人かいるが、いずれも別人である。
  2. ^ 同じ英国のバンドクイーンにもロジャー・テイラーというドラマーがいるが別人である。

外部リンク[編集]