ザ・ジャム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ザ・ジャム
Thejam.gif
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランド サリー
ウォキング
ジャンル パンク・ロック
ネオ・モッズ
パワー・ポップ
ポップ・パンク
ニュー・ウェイヴ
活動期間 1977年 - 1982年
レーベル ポリドール・レコード
共同作業者 ポール・ウェラー
スタイル・カウンシル
From The Jam
旧メンバー ポール・ウェラー
ブルース・フォクストン
リック・バックラー

ザ・ジャム (The Jam) は、イギリスロックバンド。ポール・ウェラーを中心にしてロンドン1977年デビューし、1982年10月に解散した[1]

メンバーはポール・ウェラー (Paul Weller / Vo,G)、ブルース・フォクストン (Bruce Foxton / Vo,B)、リック・バックラー (Rick Buckler / Ds)の3人。パンク・ムーブメントの全盛期にデビューしながら、モッズ・スタイルを貫き、R&B方面にもアプローチをすることでオリジナリティーを獲得し、イギリス国民の間で絶大な人気を獲得した。解散した現在でもなお、イギリスでは強く支持されている。

来歴[編集]

1977年、イギリスを席巻していたパンクムーブメントの真只中、2月にポリドールと契約し、4月にシングルイン・ザ・シティ」、ついで同タイトルのファーストアルバム『イン・ザ・シティ』が5月に発売された。

当時18歳のフロントマン、ポール・ウェラーの、精悍ながらも少年の面影を残すルックスとはあまりに対照的な激しいコードカットとボーカル、ブルース・フォクストンのヘビーかつタイトなベース、リック・バックラーの疾走感溢れるドラムスにより生み出されるジャムサウンドは、既にライブにおいて一部の熱狂的なファンに支持されていた。 アルバムでは、ウェラーのアイドルでもあるスモール・フェイセススティーヴ・マリオットの影響も窺えるも、全体にはパンキッシュなライブ感そのままのサウンドを聴かせた。その最初期のサウンドにはザ・フーやモータウンの他にも先輩格にあたるTHE BOYSやDr.FEELGOODからの影響がうかがえる。 パンク/ニュー・ウェイヴの追い風もあり人気を獲得した彼らは、その勢いに乗って2作目『ザ・モダン・ワールド』を発表するものの、まとまりに欠ける散漫な曲ばかりと酷評された。実際、ポールウェラー自身も「あのアルバムはリリース以来一度も聞いていない」とインタビューで語っている。

しかし、翌1978年にリリースされた3作目『オール・モッド・コンズ』は、ザ・フースモール・フェイセスモータウンサウンドの影響を受けたR&Bが取り入れられたサウンドを創り出し、モッズとしてのアイデンティティー、独自性を前面に打ち出した傑作となった。特にウェラーのソングライティングが進境を見せ、アコースティックギターによる「イングリッシュ・ローズ」や夜の都会の風景を描く「チューブ・ステーション」等、これまでのストレートなイメージとは一線を画す楽曲を作り出している。モッズ・リヴァイヴァルの立役者ともなった『オール・モッド・コンズ』はファン、ジャーナリズムに高く支持されバンドの最初のピークとなり、これを機にジャムの快進撃が始まる。

ヒット曲「イートン・ライフルズ(The Eton Rifles)」を含む1979年発表の4thアルバム『セッティング・サンズ』では、「電話のあの娘(Girl on the Phone)」などのストレートなジャムサウンドに加え、ヘビーな展開を見せる「プライベート・ヘル(Private Hell)」や曲調の変化に富んだ「少年の兵士(Little Boy Soldier)」、ウェラーのロマンチストとしての一面を覗かせる「不毛の荒野(Wasteland)」など充実した楽曲が多く、3rdアルバムと並ぶ傑作とファンの呼び声も高い。同年の英音楽誌『ニュー・ミュージカル・エクスプレス』でのリーダーズポールでは、ベストバンド、ベストアルバム(『セッティング・サンズ』)、各プレイヤー等の主要部門を独占、英国での人気が絶大なものであることを世に知らしめた。以降、解散まで同誌でのベストバンドの座は譲らなかった。

1980年にはシングル「ゴーイング・アンダーグラウンド(Going Underground)」を発表。元々はカップリングの「ドリームズ・オブ・チルドレン(Dreams of Children)」と両A面の予定だったが、レコードプレスの間違いで「ゴーイング~」がA面扱いとなったこのシングルは英国で初登場 No.1 を獲得。後のライブアルバム『ディグ・ザ・ニュー・ブリード(Dig the New Breed)』でも素晴らしい演奏を聞かせる両曲は、今もジャムの楽曲中で人気が高い。この年には待望の初来日公演を果たしている(来日は翌1981年1982年の計3回)。同年発表された5thアルバム『サウンド・アフェクツ』では先の「ドリームズ〜」でもその予兆が見られたサイケデリックな要素等、さまざまな音楽を取り入れた実験性、重厚な音作りを見せる。シングルカットされた「スタート!(Start!)」はビートルズの「タックスマン(Taxman)」を連想させるベースラインで『リボルバー』的なアルバムとも例えられる。また、収録された「ザッツ・エンターテインメント」はファンの人気も高く、ウェラー自身も後のソロキャリアでも取り上げる程の代表曲の一つとなった。この曲はザ・スミス解散後のモリッシー等にカバーされている。

1982年、結果的にスタジオ盤ではラストとなる『ザ・ギフト(The Gift)』を発表。ホーンセクションの導入、ファンク、カリプソ等の要素を取り入れ音楽性の振幅はさらに広くなり、モータウン調の「悪意という名の町(A Town Called Malice)」はシングルカットされ No.1 となる。また、このアルバムではフォクストンの活躍が目覚しく、ファンクに傾倒したグルーヴィーなベースを聴かせるほか、自らも「サーカス(Circus)」というファンキーなインストゥルメンタル曲を提供しアルバムの方向性を特徴付ける貢献をしている。こと、バンドの音楽的なピークとしてこのアルバムをベストにあげるファンも多い。また、このアルバムでのブラックミュージック寄りの音作りは後のスタイル・カウンシルへの先鞭ともなる。

しかし、音楽的には充実期を迎えていたものの、ウェラーは「ザ・ジャム」という枠組みの中での活動に終止符を打つことを選び、「自分たちの成し遂げたことに意味を持たせたい」というコメントと共に同年10月に突如、解散を宣言した。間髪を容れず発表されたラストシングル「ビート・サレンダー(The Beat Surrender)」はまたも初登場 No.1を獲得した。英国では未だ絶大な支持を得ていたにも関わらず、同年暮れのブライトンでのラストギグを最後に、バンドは幕を降ろした。

解散後、ウェラーは元マートン・パーカスミック・タルボット(Mick Talbot / Key)と新ユニット「スタイル・カウンシル(The Style Council)」を結成。そしてブルース・フォクストンは、元ビッグ・カントリーのマーク・ブレゼジッキーと元ザ・フーピート・タウンゼントの弟、サイモン・タウンゼントとでカスバ・クラブを結成。新たな道を歩むことになった。

ジャムはよくパンク・ロックに分類される事が多く、当時ウェラーも「セックス・ピストルズにインスパイアされた」と語りデビュー当時の作風にはパンクの影響が色濃かったが、ウェラー自身は元々スティーヴ・マリオットザ・フー、更にモータウンスタックスといったR&Bの大ファンであり、ファッションにしても細身のスーツ+ネクタイからカラフルなシャツ、スカーフといったパンクとは異なるものをウェラーは当時から(スタカンの前から)スタイリッシュに着こなしていた。そういう意味ではモッズというべきで、モッズを意識した作品を作り続けたことからモッズフリークからは「モッド・ファーザー」とも呼ばれている。 一方で、ワーキングクラス出身のリアリティを見せるシリアスな歌詞と時々織り込まれるユーモア、インタビューでの政治的な発言とその裏腹のピュアネス、何よりそのソリッドでハードなジャムサウンドから、やはり彼らはパンク/ニュー・ウェイヴの中心的存在であり、そのようなムーブメント、カテゴリを飛び越え、当時のイギリスの普通の若者達から絶大な支持を受けた特異な存在であった。

2007年、デビュー30周年を機に、ポール・ウェラー抜きで「From The Jam」名義の再結成ツアーが行われた。2010年に発表されたポール・ウェラーのソロ・アルバム『ウェイク・アップ・ザ・ネイション』では、ウェラーとブルース・フォクストンが、ザ・ジャム解散から28年ぶりに共演している。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

スタジオ盤[編集]

タイトル 発売年月日 チャート
イン・ザ・シティ(In the City) 1977年5月20日 全英20位
ザ・モダン・ワールド(This Is The Modern World 1977年11月18日 全英22位
オール・モッド・コンズ(All Mod Cons) 1978年11月3日 全英6位
セッティング・サンズ(Setting Sons) 1979年11月16日 全英4位、全米137位
サウンド・アフェクツ(Sound Affects) 1980年11月28日 全英2位、全米72位
ザ・ギフト(The Gift 1982年3月12日 全英1位、全米82位

ライブ、コンピレーション盤[編集]

タイトル 発売年月日 チャート
Dig The New Breed(ライブ) 1982年12月10日 全英2位、
全米131位
Snap!(ベスト盤) 1983年10月14日 全英2位
Compact Snap!(ベスト盤)(Snap!の抜粋CD版) 1983年 -
Greatest Hits(シングル集) 1991年7月1日 全英2位
Extras(レア・トラック集) 1992年4月6日 全英15位
Live Jam(ライブ) 1993年10月25日 全英25位
The Jam Collection(編集盤) 1996年10月22日 -
Direction, Reaction, Creation(5枚組ボックス・セット) 1997年5月26日 全英8位
The Very Best of the Jam(ベスト盤) 1997年 全英9位
Fire and Skill: The Songs of the Jam(トリビュート・アルバム) 1999年11月1日 -
45 rpm: The Singles, 1977-1979(全シングル集・上) 2001年4月2日 -
45 rpm: The Singles, 1980-1982(全シングル集・下) 2001年4月30日 -
The Jam at the BBC(BBCライブ 2枚組) 2002年5月21日 全英33位
The Sound of the Jam(25周年記念ベスト盤) 2002年5月21日 全英3位

シングル[編集]

タイトル 発売年月日 収録アルバム チャート
イン・ザ・シティ(In the City) 1977年4月29日 イン・ザ・シティ 40
All Around the World 1977年7月23日 - 13
The Modern World 1977年11月5日 This Is the Modern World 36
News of the World 1978年3月11日 - 27
David Watts
/ 'A' Bomb In Wardour Street(両A面)
1978年8月6日 オール・モッド・コンズ 25
Down in the Tube Station at Midnight 1978年10月21日 オール・モッド・コンズ 15
Strange Town 1979年3月17日 - 15
When You're Young 1979年8月25日 - 17
The Eton Rifles 1979年11月3日 セッティング・サンズ 3
Going Underground
/ Dreams of Children(両A面)
1980年3月22日 - 1
Start! 1980年8月23日 サウンド・アフェクツ 1
ザッツ・エンターテインメント(That's Entertainment) 1981年2月7日 サウンド・アフェクツ 21
Funeral Pyre 1980年6月6日 - 4
Absolute Beginners 1981年10月24日 - 4
Town Called Malice
/ Precious(両A面)
1982年2月13日 The Gift 1
Just Who Is the 5 O'Clock Hero? 1982年7月3日 The Gift 8
The Bitterest Pill 1982年9月18日 - 2
Beat Surrender 1982年12月4日 - 1

「That's Entertainment」、「Just Who Is the 5 O'Clock Hero?」の2枚はドイツからの輸入盤がUKチャートインしたもの。

脚注[編集]

  1. ^ 小野島大「ザ・ジャムの歩み」、『レコード・コレクターズ』第14巻第10号、ミュージック・マガジン1995年9月、 42頁。