ヒア・アンド・ゼア〜ライブ・イン・ロンドン&N.Y.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヒア・アンド・ゼア〜ライブ・イン・ロンドン&N.Y.
エルトン・ジョンライブ・アルバム
リリース
録音 1974年5月18日
ロンドン、ロイヤル・フェスティバル・ホール
1974年11月28日
ニューヨークマディソン・スクエア・ガーデン
ジャンル ロック
時間
レーベル DJM Records(イギリス)
MCAレコード(アメリカ)
プロデュース ガス・ダッジョン
チャート最高順位
  • 6位(イギリス)
  • 4位(アメリカ)
エルトン・ジョン アルバム 年表
ロック・オブ・ザ・ウェスティーズ
(1975年)
ヒア・アンド・ゼア〜ライブ・イン・ロンドン&N.Y.
(1976年)
蒼い肖像
(1976年)
テンプレートを表示

ヒア・アンド・ゼア〜ライブ・イン・ロンドン&N.Y.』(Here and There)は、1976年に発表されたエルトン・ジョンのアルバム。

解説[編集]

イギリスではDJMレコードとの契約終了となったライブアルバム。レコードでの発売時は、A面に1974年5月18日のロンドン、ロイヤル・フェスティバル・ホールでのオーケストラとの競演ライヴ5曲と、B面に同年11月28日のマディソン・スクエア・ガーデンでのライヴ4曲収録という、小ぶりなアルバムだった。

1995年のリマスター化の際、多くの楽曲が追加収録された。特にニューヨークでのライヴでは元ビートルズジョン・レノンとの競演曲三曲が収録された。エルトンは、レノンの「真夜中を突っ走れ」のレコーディングに参加。このシングルが一位になった際はライヴに来て欲しいと頼んでおり、実際一位となったため実現した競演である。なおこれはレノン最後から二番目のライヴ出演となった。

収録曲[編集]

LP盤[編集]

  • A面
  1. スカイライン・ピジョン - Skyline Pigeon
  2. 人生の壁 - Border Song
  3. ホンキー・キャット - Honky Cat
  4. 愛の歌 - Love Song
  5. クロコダイル・ロック - Crocodile Rock
  • B面
  1. 葬送〜血まみれの恋はおしまい - Funeral For A Friend/Love Lies Bleeding
  2. ロケット・マン - Rocket Man
  3. ベニーとジェッツ (やつらの演奏は最高) - Bennie & The Jets
  4. パイロットにつれていって - Take Me To The Pilot

リマスター盤[編集]

  • ディスク1
  1. スカイライン・ピジョン - Skyline Pigeon
  2. 人生の壁 - Border Song
  3. パイロットにつれていって - Take Me to the Pilot
  4. 故郷は心の慰め - Country Comfort
  5. 愛の歌 - Love Song
  6. 悪い月 - Bad Side of the Moon
  7. 布教本部を焼き落とせ - Burn Down the Mission
  8. ホンキー・キャット - Honky Cat
  9. クロコダイル・ロック - Crocodile Rock
  10. 風の中の火のように - Candle in the Wind
  11. 僕の歌は君の歌 - Your Song
  12. 土曜の夜は僕の生きがい - Saturday Night's Alright for Fighting
  • ディスク2
  1. 葬送〜血まみれの恋はおしまい - Funeral for a Friend/Love Lies Bleeding
  2. ロケット・マン - Rocket Man (I Think It's Going to Be a Long Long Time)
  3. パイロットにつれていって - Take Me to the Pilot
  4. ベニーとジェッツ (やつらの演奏は最高) - Bennie and the Jets
  5. グレイ・シール - Grey Seal
  6. ダニエル - Daniel
  7. ニューヨークの尻軽女 - You're So Static
  8. 真夜中を突っ走れ - Whatever Gets You Thru the Night
  9. ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ - Lucy in the Sky With Diamonds
  10. アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア - I Saw Her Standing There
  11. 僕の瞳に小さな太陽 - Don't Let the Sun Go Down on Me
  12. 僕の歌は君の歌 - Your Song
  13. あばずれさんのお帰り - The Bitch Is Back

プレイヤー[編集]

  • エルトン・ジョン - Vocal, Piano
  • デイビー・ジョンストン - Guitar, Backing Vocal
  • ディー・マレイ - Bass, Backing Vocal
  • ナイジェル・オルソン - Drums, Backing Vocal
  • レイ・クーパー - Percussion

製作[編集]

  • ガス・ダッジョン - Producer
  • デヴィッド・ラーカム - Art Direction, Design
  • デヴィッド・ナッター(David Nutter) - Phot