アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア
ビートルズ楽曲
収録アルバム プリーズ・プリーズ・ミー
リリース 1963年3月22日 (monaural version)
1963年4月26日 (stereo version)
録音 1963年2月11日
アビー・ロード・スタジオ
ジャンル ロック
時間 2分57秒 (monaural version)
2分53秒 (stereo version)
2分48秒 ("The Beatles Anthology 1" version)[1]
2分31秒 ("The Beatles Live At The BBC" version)
レーベル パーロフォン
作詞者 マッカートニー=レノン
プロデュース ジョージ・マーティン
ビートルズシングル盤 U.S. 年表
シー・ラヴズ・ユー
b/w
アイル・ゲット・ユー
(1963年)
抱きしめたい
b/w
アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア
(1963年)
プリーズ・プリーズ・ミー
b/w
フロム・ミー・トゥ・ユー
(1964年)
ビートルズシングル盤 日本 年表
キャント・バイ・ミー・ラヴ
b/w
ユー・キャント・ドゥ・ザット
(1964年)
フロム・ミー・トゥ・ユー
b/w
アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア
(1964年)
ツイスト・アンド・シャウト
b/w
ロール・オーヴァー・ベートーヴェン
(1964年)
プリーズ・プリーズ・ミー 収録曲
A面
  1. アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア
  2. ミズリー
  3. アンナ
  4. チェインズ
  5. ボーイズ
  6. アスク・ミー・ホワイ
  7. プリーズ・プリーズ・ミー
B面
  1. ラヴ・ミー・ドゥ
  2. P.S.アイ・ラヴ・ユー
  3. ベイビー・イッツ・ユー
  4. ドゥ・ユー・ウォント・トゥ・ノウ・ア・シークレット
  5. 蜜の味
  6. ゼアズ・ア・プレイス
  7. ツイスト・アンド・シャウト

アイ・ソー・ハー・スタンディングゼア(I Saw Her Standing There)は、ビートルズのデビュー・アルバム『プリーズ・プリーズ・ミー』の収録曲である。

解説[編集]

レノン=マッカートニーの作品。実質的にはマッカートニーの作った楽曲。リード・ヴォーカルはポール・マッカートニー。

1963年2月11日に録音された。午前中に9テイクが録音され、その内第1テイクに午後からオーヴァーダビングがおこなわれ第12テイクとして完成された。これに同年2月25日第9テイクにおけるカウント"one, two, three, four!"を編集でつなぎ合わせている。

曲はポール・マッカートニーによるカウント"one, two, three, four!"から始まる。仮タイトルは "Seventeen" であった[2]

冒頭の歌詞は元々"Well, she was just seventeen, never been a beauty queen."だったが、ジョンのアドバイスにより"You know what I mean."に書き換えた、とポールは後にインタビューで語っている[3]

ポール・マッカートニーは解散後のソロ・ライヴでもこの曲をレパートリーに加えている。また実質的にはポールの作品ではあるが、ビートルズの解散後ジョン・レノンがエルトン・ジョンとのライヴで演奏した。

アメリカにおいては、「ジス・ボーイ」との差し替えで「抱きしめたい」のB面として発売され、ビルボードHOT100でB面ながら14位まで上昇している。なお『キャッシュボックス』誌では最高位100位という記録に終わっている。日本においては、「フロム・ミー・トゥ・ユー」のB面として発売されている。

ボブ・ウェルチは、1979年に発表したアルバム「Three Hearts」において、この曲をAOR調にアレンジして収録している。 その他、アメリカの歌手、ティファニーが1988年に「アイ・ソー・ヒム・スタンディング・ゼア」とタイトルを変えてこの曲をカバーしている。このシングルはアメリカのビルボード誌で最高7位、イギリスで最高8位をそれぞれ記録している。

なお60~70年代の楽譜集では「その時ハートは盗まれた」という邦題表記も見られるが、レコード会社はその邦題を採らなかった。

95年の4曲入りシングル「フリー・アズ・ア・バード」では第9テイクを聴くことができる。

ローリング・ストーン(Rolling Stone)』誌が選んだ「オールタイム・グレイテスト・ソング500The RS 500 Greatest Songs of All Time)」と「オールタイム・グレイテスト・ギター・ソングス100(The RS 100 Greatest Guitar Songs of All Time)」、さらに「グレイテスト・ビートルズ・ソングス100(The RS 100 Greatest Beatles Songs)」に於いて、それぞれ140位[4]と45位[5]、16位[6]に選ばれた。

演奏[編集]

間奏のジョージのギターフレーズは、オリジナルのレコードやそれを音源とするCD等でしか聴くことが出来ない。ライヴにおいてはジョージは失敗を恐れて、常に簡単なフレーズに変えて演奏していた。したがって、後者がオリジナルと勘違いされることが殆どである。

ミキシング[編集]

米国盤"Introducing... The Beatles"収録分はイントロのカウントのうち"one, two, three"がカットされており"four!"から始まる。

収録盤[編集]

ビートルズ[編集]

メンバーのソロ・ヴァージョン収録盤[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 演奏後のポールの語りも含まれるため実際の演奏時間はさらに短い。演奏時間の出典は『ザ・ビートルズ・アンソロジー1』のインデックスである。
  2. ^ マーク・ルウィソーン『ビートルズ/レコーディング・セッション』内田久美子訳、シンコー・ミュージック、1990年、30ページ
  3. ^ マーク・ルウィソーン、同書、1990年、270ページ
  4. ^ [1]
  5. ^ [2]
  6. ^ [3]