ドジャー・スタジアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ドジャー・スタジアム
Dodger Stadium
Dodger Stadium field from upper deck 2015-10-04.jpg
ドジャー・スタジアムの位置(ロサンゼルス内)
ドジャー・スタジアム
施設データ
所在地 1000 Vin Scully Ave.[1]
Los Angeles, California 90012
座標 北緯34度04分26.21秒 西経118度14分23.72秒 / 北緯34.0739472度 西経118.2399222度 / 34.0739472; -118.2399222座標: 北緯34度04分26.21秒 西経118度14分23.72秒 / 北緯34.0739472度 西経118.2399222度 / 34.0739472; -118.2399222
起工 1959年9月17日
開場 1962年4月10日
所有者 ロサンゼルス・ドジャース
グラウンド 天然芝 (Santa Ana Bermuda)
ダグアウト ホーム - 三塁側
アウェー - 一塁側
建設費 2,300万ドル
設計者 Emil Praeger
建設者 Vinell Construction Company
使用チーム • 開催試合
ロサンゼルス・ドジャース(1962年 - 現在)
ロサンゼルス・エンゼルス(1962年 - 1965年)
収容人員
56,000人
グラウンドデータ
球場規模 左翼 - 330 ft(約100.6 m)
左中間 - 385 ft(約117.3 m)
中堅 - 395 ft(約120.4 m)
右中間 - 385 ft(約117.3 m)
右翼 - 330 ft(約100.6 m)
バックネット - 75 ft (約22.9 m)
フェンス 両翼 ~ ブルペン - 4.5 ft(約1.4 m)
その他 - 8 ft(約2.4 m)

ドジャー・スタジアムDodger Stadium)は、アメリカカリフォルニア州ロサンゼルスにある野球場

概要[編集]

MLBロサンゼルス・ドジャースのホーム球場。また、1962年から1965年までロサンゼルス・エンゼルスも本拠地にしていた。ロサンゼルス市の都心部から見て北側にあるチャベス渓谷の中に位置する。

かつてオーナーのピーター・オマリーが「ボールパークにファンを呼ぶには、球場を楽しく美しいところ、つまり男がガールフレンドを連れて行きたくなるような場所にすることだ」という名言を残している。その言葉通りの楽しい演出が多く、また球場全体に清掃が行き届いている。さらにカリフォルニアの温暖な気候のおかげで雨天中止が非常に少ない。このことから「ドジャース永遠のホーム」と呼ばれ親しまれている。

歴史[編集]

第二次世界大戦後にロサンゼルス市の人口が急増したため、この地域では市当局による公営住宅の建設が予定されていたが、1957年にニューヨーク市のブルックリンからドジャースが移転することが決まると市は予定を変更し、当初はロサンゼルス・メモリアル・コロシアム[注釈 1]を本拠地としていたドジャースのための新球場を同地に作ると決定した。これに対し、ラテン系を中心に1800世帯が住んでいた地域住民は公営住宅計画以来からの反対運動を続け、ここを支持基盤とする民主党内のグループにドジャース(ウォルター・オマリー)への利益供与を拒む共和党内の保守派が合流して新球場への反対派連合が形成された。一方、商業機能の低下[注釈 2]などが進むロサンゼルス都心部(ダウンタウン)を近代化するには市庁舎から約1マイル(1.6km)の場所に新球場が生まれ、ニューヨークやシカゴなどのように文化やレジャーの拠点ができることが重要と考えた共和党のビジネス系グループや市内西部[注釈 3]に住む民主党の中道左派グループは新球場への賛成派連合を組み、市議会での土地譲渡承認を推進した。

結果として、実際にチームが移転した1958年の6月3日に行われた住民投票では投票総数67万7千票のうち約2万5千票の僅差で土地の譲渡が承認され、契約無効を訴えた2件の訴訟は一審で認められたものの控訴審で逆転敗訴となった。退去を拒んだ最後の住民は1959年5月8日にロサンゼルス郡保安局による強制執行によって住宅が壊され退去となった。地元紙などでも広く報じられたこの一連の住民運動は「チャベス渓谷の戦い」と呼ばれ、その後のラテン系アメリカ人(ラティーノ、ヒスパニック)による自身の権利を擁護する運動に影響を与えた。

その後の建設自体は順調に進み、1962年4月10日にドジャースのオマリーオーナーが臨席して開場式と同スタジアムでの最初の試合(シンシナティ・レッズ戦)が行われ、ドジャースはオーナーチームとして予定通りにメモリアル・コロシアムから移転した。この建設工事自体は100%民間資金でまかなわれた。

また、ナショナルリーグのドジャースに続くアメリカンリーグの新チームとして1961年に設立されたロサンゼルス・エンゼルスロサンゼルス・リグレー・フィールドから間借りで移り、「チャベス・ラヴィーン(チャベス渓谷)スタジアム」の名称で使用したが、エンゼルスの観客動員数はドジャースと比較すると半分以下と少なく、球場使用料も割高になったため、1964年にエンゼルスはロサンゼルス市の南東にあるアナハイム市でエンゼルス・スタジアム(現エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム)の建設を開始し、1966年シーズンの開幕から移転した[注釈 4]。これにより、ドジャースタジアムはMLBではドジャース専用に使われるようになった。

このドジャースタジアム建設を機に、ロサンゼルスのダウンタウンでは高級アパートや商店街、コンサートホールや美術館などの文化施設が整備され、都市の再生に大きく寄与したとされる一方、上記のような居住権の保証やスポーツ施設建設の是非など、その後にも残る課題が生まれたという指摘がなされている[2]

その後もスタジアムは随時改修が行われ、2005年の改修ではLED大型スクリーンが導入されたが、2012年にドジャースの経営権を取得したグッケンハイム・パートナーズ・グループはロサンゼルスでのNFLチーム用新スタジアム議論に連動して、ダウンタウンで新スタジアムが整備された場合はそのそばにドジャースが移転するという構想を提示したが、これは実現しなかった[注釈 5]。最新の改装は2019年のオフに始められ、2020年シーズンの開幕が遅れた中で完成した。

フィールドの特徴[編集]

1990年代以降、MLBで珍しくなった左右対称の球場(現ナショナルリーグの本拠地で唯一)。

外野ファウルグラウンドが比較的広く、当初から投手有利と評されている[3][4]。ドジャースタジアムのフィールド改修工事でファウルグラウンドを狭めてからは、この傾向が弱まり多少は打者有利に働くと言う状態には成ったものの[5]、依然として投手有利と評されている[6][7]

晴れた日のデーゲームは、ロサンゼルスの乾燥した空気と日中の暖かさの為、ナイトゲームと比較して打球が多少伸びる(密閉式屋根付きの球場を除く開閉式屋根付き球場でのデーゲーム中に屋根を開けた状態もしくは、開閉式屋根が無い球場で行なうデーゲーム下のボールの飛び方はナイトゲーム中よりも伸びる)傾向にあるが、ナイトゲームではロサンゼルスの昼夜の寒暖差が大きい為、日によってはが立ち込める場合も有る。この様な気象状況が訪れると、ボールが空気中の湿気を含んで重く成り、球足が遅くなる。さらに、中堅から本塁へ向かって吹く風が打球を押し戻すことも手伝い、本塁打が出にくい傾向にある[6]

カリフォルニア州は地中海性気候で、MLBシーズンとなる夏場は高温乾燥となる。ドジャースタジアムも5月から9月までは月平均最高気温が40度前後となり、合計降水量は5月から10月まで5mm以下となる。従ってドジャースタジアムは雨天による試合中止が極端に少なく、1988年4月21日から1999年4月11日まで856連続試合雨天中止なしのMLB新記録を作った後、2000年4月17日から2019年10月3日までの1471試合連続でさらに更新した。

設備、アトラクション、演出[編集]

  • この球場で販売されているホットドッグ「ドジャー・ドッグ(The World famous Dodger Dog)」は、数多くあるアメリカの野球場で販売されているホットドッグの中で最も販売数が多く、世界で最も有名なホットドッグとしてドジャースタジアム名物の1つに数えられている。
  • 2014年の小改装で拡張されたコンコースにバーベキューイタリア料理のレストランが開場し、後者にはドジャースの監督を長く務めたイタリア系アメリカ人トミー・ラソーダの名前がつけられた。
  • ほとんどの観客は自動車で来場するが、ロサンゼルスの主たる公共交通機関であるLA Metro(ロサンゼルス郡都市圏交通局)が、野球などのイベント開催中に限りユニオン駅(Union Station)から無料のシャトルバスを運行している。LA Metro はドジャース元オーナーのフランク・マコートと共同で駅とスタジアムを結ぶ、全長1.5マイル(約2.4km)のゴンドラ路線の建設を検討しているが、一部住民から反対運動が起きている[8]
  • 上記の通り、最大で5万6千人となる観客の大半が自動車で来場するため、球場の周囲には広大な駐車場が用意されているが、深刻な渋滞は緩和されていない。2018年には実業家のイーロン・マスクがイースト・ハリウッドからスタジアムまで3.6マイル(約5.8km)の自動車トンネルを作る構想を発表したが、これによるとトンネル完成後は5分で結ばれる両地点間が現状では1時間以上かかるとされている[9]

主要な出来事[編集]

野球[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1932年ロサンゼルスオリンピックのメインスタジアムとして建設された同競技場は陸上競技場であり、ここで野球を開催すると収容人数の多さと引き換えに左翼方向への距離が極端に短いという弊害を持った。
  2. ^ 引用元のガーディアン紙記事によると、ロサンゼルス市における都心部(ダウンタウン)の商業売上額比率は1920年の90%から1950年には17%へ低下していた。
  3. ^ この地域には映画製作で有名なハリウッドがあり、高級住宅地で名高いビバリーヒルズ市とも隣接している。
  4. ^ これに先立ち、1965年シーズン終盤の9月1日に「カリフォルニア・エンゼルス」へ改称している。
  5. ^ NFL用のスタジアムはロサンゼルス西郊のイングルウッド市に作られることとなり、2020年にSoFiスタジアムが完成した。

出典[編集]

  1. ^ 元は「Elysian Park Ave.」だったが、2016年限りで勇退する実況アナウンサーのビン・スカリーにちなみ、ロサンゼルス市議会が改名を決議し、2016年4月11日に改名セレモニーを行った。[1]
  2. ^ How the Dodger baseball stadium shaped LA – and revealed its divisions”. The Gardian (2017年4月12日). 2022年6月15日閲覧。
  3. ^ 「ナ・リーグ 全16ボールパーク詳細データ」『月刊スラッガー』No.72、2004年4月号、日本スポーツ企画出版社、2004年、雑誌15509-4、97頁
  4. ^ 「全ボールパーク 傾向と対策[ナ・リーグ16球場]」『月刊スラッガー』No.84、2005年4月号、日本スポーツ企画出版社、2005年、雑誌15509-4、97頁
  5. ^ 「全ボールパーク傾向と対策[ナ・リーグ]」『月刊スラッガー』No.108、2007年4月号、日本スポーツ企画出版社、2007年、雑誌15509-4、95頁
  6. ^ a b 『メジャー・リーグ30球団選手名鑑+球場ガイド 2016』 ベースボールマガジン社ISBN 4583624255、2016年
  7. ^ スタジアムから見るマー君のオススメ球団は?”. Full-count (2013年11月20日). 2016年4月9日閲覧。
  8. ^ Ted Chen (2022年5月24日). “Residents Play Hardball Over Dodgers Gondola Project”. NBC sandiego. 2022年6月16日閲覧。
  9. ^ 渋滞緩和なるか? 実業家E・マスク、ドジャース本拠地近くにトンネル建設へ”. スポーティング・ニュース・ジャパン (2018年8月21日). 2022年6月16日閲覧。
  10. ^ Dodger Stadium Boxrec
  11. ^ Elfrink, Tim (2019年2月5日). “A baseball killed a 79-year-old woman at Dodger Stadium, MLB's 1st foul-ball death in nearly 50 years”. シカゴ・トリビューン. https://www.chicagotribune.com/sports/ct-spt-fan-dies-batted-ball-dodgers-game-20190204-story.html 2019年5月31日閲覧。 

外部リンク[編集]

前本拠地:
ロサンゼルス・メモリアル・コロシアム
1958 - 1961
ロサンゼルス・ドジャースの本拠地
1962 - 現在
次本拠地:
n/a
-
前本拠地:
ロサンゼルス・リグレー・フィールド
1961 - (1シーズン限り)
ロサンゼルス・エンゼルスの本拠地
1962 - 1965
次本拠地:
エンゼル・スタジアム
1966 - 現在
先代
キングドーム
MLBオールスターゲーム開催場
第51回(1980年
次代
ミュニシパル・スタジアム
先代
クアーズ・フィールド
MLBオールスターゲーム開催場
第92回(2022年
次代
T-モバイル・パーク
先代
ペトコ・パーク2006年
WBC決勝戦実施スタジアム
第2回(2009年
次代
AT&Tパーク2013年
先代
AT&Tパーク2013年
WBC決勝戦実施スタジアム
第4回(2017年
次代
マーリンズ・パーク2023年