1965年のワールドシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1965年のワールドシリーズ
チーム 勝数
ロサンゼルス・ドジャースNL 4
ミネソタ・ツインズAL 3
シリーズ情報
試合日程 10月6日–14日
観客動員 7試合合計:36万4326人
1試合平均:05万2047人
MVP サンディー・コーファックス(LAD)
殿堂表彰者 ウォルター・オルストン(LAD監督)
ドン・ドライスデール(LAD投手)
サンディー・コーファックス(LAD投手)
ハーモン・キルブルー(MIN内野手)
チーム情報
ロサンゼルス・ドジャース(LAD)
シリーズ出場 02年ぶり12回目
GM バジー・バベシ
監督 ウォルター・オルストン
シーズン成績 097勝65敗・勝率.599
分配金 選手1人あたり1万0297.43ドル[1]
ミネソタ・ツインズ(MIN)
シリーズ出場 32年ぶり04回目
GM カルビン・グリフィス
監督 サム・ミール
シーズン成績 102勝60敗・勝率.630
分配金 選手1人あたり6634.36ドル[1]
全米テレビ中継
放送局 NBC
ワールドシリーズ
 < 1964 1966 > 

1965年の野球において、メジャーリーグベースボール(MLB)優勝決定戦の第62回ワールドシリーズ(62nd World Series)は、10月6日から14日にかけて計7試合が開催された。その結果、ロサンゼルス・ドジャースナショナルリーグ)がミネソタ・ツインズアメリカンリーグ)を4勝3敗で下し、2年ぶり4回目の優勝を果たした。

両チームの対戦はシリーズ史上初めて。ツインズは、前回のシリーズ出場時ワシントンD.C.を本拠地都市とする "ワシントン・セネターズ" として活動しており、ミネソタ州に移転してツインズとなってからは今回が初のシリーズ出場だった。シリーズMVPには、3試合24.0イニングで2勝1敗・防御率0.38という成績を残したドジャースのサンディー・コーファックスが、2年前の前回優勝時に続いて選出された。ユダヤ系アメリカ人のコーファックスは、ユダヤ教の祭日 "ヨム・キプル" と日付が重なる第1戦の登板を見送ったため、第2戦・第5戦・第7戦と8日間で3先発しており、第7戦で完封勝利を挙げたあとには「100歳になったみたいだ」と疲労感を吐露している[2]

試合結果[編集]

1965年のワールドシリーズは10月6日に開幕し、途中に移動日を挟んで9日間で7試合が行われた。日程・結果は以下の通り。

日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月06日(水) 第1戦 ロサンゼルス・ドジャース 2-8 ミネソタ・ツインズ メトロポリタン・スタジアム
10月07日(木) 第2戦 ロサンゼルス・ドジャース 1-5 ミネソタ・ツインズ
10月08日(金) 移動日
10月09日(土) 第3戦 ミネソタ・ツインズ 0-4 ロサンゼルス・ドジャース ドジャー・スタジアム
10月10日(日) 第4戦 ミネソタ・ツインズ 2-7 ロサンゼルス・ドジャース
10月11日(月) 第5戦 ミネソタ・ツインズ 0-7 ロサンゼルス・ドジャース
10月12日(火) 移動日
10月13日(水) 第6戦 ロサンゼルス・ドジャース 1-5 ミネソタ・ツインズ メトロポリタン・スタジアム
10月14日(木) 第7戦 ロサンゼルス・ドジャース 2-0 ミネソタ・ツインズ
優勝:ロサンゼルス・ドジャース(4勝3敗 / 2年ぶり4度目)

第1戦 10月6日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ロサンゼルス・ドジャース 0 1 0 0 0 0 0 0 1 2 10 1
ミネソタ・ツインズ 0 1 6 0 0 1 0 0 X 8 10 0
  1. : マッドキャット・グラント(1勝)  : ドン・ドライスデール(1敗)  
  2. :  LAD – ロン・フェアリー1号ソロ  MIN – ドン・ミンチャー1号ソロ、ソイロ・ベルサイエス1号3ラン
  3. 審判:球審…エディ・ハーリー(AL)、塁審…一塁: トニー・ベンゾン(NL)、二塁: レッド・フラハーティ(AL)、三塁: エド・スドル(NL)、外審…左翼: ボブ・スチュワート(AL)、右翼: エド・バーゴ(NL)
  4. 試合時間: 2時間29分 観客: 4万7797人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ロサンゼルス・ドジャース ミネソタ・ツインズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 M・ウィルス 1 Z・ベルサイエス
2 J・ギリアム 2 S・バルデスピーノ
3 W・デービス 3 T・オリバ
4 R・フェアリー 4 H・キルブルー
5 L・ジョンソン 5 J・ホール
6 J・ラフィーバー 6 D・ミンチャー
7 W・パーカー 7 E・バッティ
8 J・ローズボロ 8 F・クイリーチ
9 D・ドライスデール 9 M・グラント
先発投手 投球 先発投手 投球
D・ドライスデール M・グラント

2回にドジャースとツインズがそれぞれソロ本塁打で得点を挙げ、1-1とする。3回裏、ツインズは無死一・三塁からソイロ・ベルサイエスに3点本塁打が出て勝ち越し、さらにドン・ドライスデールを攻め立て二死満塁とすると、アール・バッティフランク・クイリーチの連続適時打で3点を追加しドライスデールを降板に追い込む。マッドキャット・グラントは9回表に1点を失うが完投し、ツインズがまず1勝した。

第2戦 10月7日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
9回表、ジム・カートが代打ディック・トレズースキーを投直に打ち取り、完投勝利を挙げる(25秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ロサンゼルス・ドジャース 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 7 3
ミネソタ・ツインズ 0 0 0 0 0 2 1 2 X 5 9 0
  1. : ジム・カート(1勝)  : サンディー・コーファックス(1敗)  
  2. 審判:球審…トニー・ベンゾン(NL)、塁審…一塁: レッド・フラハーティ(AL)、二塁: エド・スドル(NL)、三塁: ボブ・スチュワート(AL)、外審…左翼: エド・バーゴ(NL)、右翼: エディ・ハーリー(AL)
  3. 試合時間: 2時間13分 観客: 4万8700人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ロサンゼルス・ドジャース ミネソタ・ツインズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 M・ウィルス 1 Z・ベルサイエス
2 J・ギリアム 2 J・ノセック
3 W・デービス 3 T・オリバ
4 L・ジョンソン 4 H・キルブルー
5 R・フェアリー 5 E・バッティ
6 J・ラフィーバー 6 B・アリソン
7 W・パーカー 7 D・ミンチャー
8 J・ローズボロ 8 F・クイリーチ
9 S・コーファックス 9 J・カート
先発投手 投球 先発投手 投球
S・コーファックス J・カート

ジム・カートサンディー・コーファックスの両左腕の投げ合いで、5回終了時まで両軍とも無得点のまま。6回裏、ツインズは相手の失策から一死三塁とすると、トニー・オリバハーモン・キルブルーに連続適時打が出て2点を先制する。直後の7回、ドジャースは一死二・三塁から8番ジョン・ローズボロの右前打で1点を返し、なおも二・三塁で9番コーファックスの打順を迎えると、ドン・ドライスデール代打に送った。ドライスデールはこの年、投手ながら打率.300・7本塁打を記録していたが、ここは三振に倒れた。続くモーリー・ウィルスも中飛で、ドジャースは追いつくことができず。その裏、ドジャースは2番手ロン・ペラノスキー暴投で1点を失うと、続く8回には二死満塁から9番カートに2点適時打を打たれ、4点差に突き放された。カートは1失点で完投し、ツインズが本拠地で連勝した。

第3戦 10月9日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ミネソタ・ツインズ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 0
ロサンゼルス・ドジャース 0 0 0 2 1 1 0 0 X 4 10 1
  1. : クロード・オスティーン(1勝)  : カミロ・パスカル(1敗)  
  2. 審判:球審…レッド・フラハーティ(AL)、塁審…一塁: エド・スドル(NL)、二塁: ボブ・スチュワート(AL)、三塁: エド・バーゴ(NL)、外審…左翼: エディ・ハーリー(AL)、右翼: トニー・ベンゾン(NL)
  3. 試合時間: 2時間6分 観客: 5万5934人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ミネソタ・ツインズ ロサンゼルス・ドジャース
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 Z・ベルサイエス 1 M・ウィルス
2 J・ノセック 2 J・ギリアム
3 T・オリバ 3 W・デービス
4 H・キルブルー 4 R・フェアリー
5 E・バッティ 5 L・ジョンソン
6 B・アリソン 6 J・ラフィーバー
7 D・ミンチャー 7 W・パーカー
8 F・クイリーチ 8 J・ローズボロ
9 C・パスカル 9 C・オスティーン
先発投手 投球 先発投手 投球
C・パスカル C・オスティーン

ドジャースは4回、カミロ・パスカルを攻め一死満塁とすると、8番ジョン・ローズボロの2点適時打で先制する。続く5回には二死二塁からルー・ジョンソン二塁打で1点を追加、6回にもツインズ2番手ジム・メリットからモーリー・ウィルスの二塁打で4-0とした。ドジャース先発クロード・オスティーンはツインズ打線を5安打に抑え完封、ドジャースがシリーズ初勝利を挙げた。

第4戦 10月10日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
4回裏、ウェス・パーカーのソロ本塁打でドジャースがリードを2点に広げる(34秒)
6回表、トニー・オリバのソロ本塁打でツインズが2-3と1点差に詰め寄る(42秒)
9回表、ドン・ドライスデールがドン・ミンチャーを空振り三振に仕留め、ドジャースが2勝目(1分10秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ミネソタ・ツインズ 0 0 0 1 0 1 0 0 0 2 5 2
ロサンゼルス・ドジャース 1 1 0 1 0 3 0 1 X 7 10 0
  1. : ドン・ドライスデール(1勝1敗)  : マッドキャット・グラント(1勝1敗)  
  2. :  MIN – ハーモン・キルブルー1号ソロ、トニー・オリバ1号ソロ  LAD – ウェス・パーカー1号ソロ、ルー・ジョンソン1号ソロ
  3. 審判:球審…エド・スドル(NL)、塁審…一塁: ボブ・スチュワート(AL)、二塁: エド・バーゴ(NL)、三塁: エディ・ハーリー(AL)、外審…左翼: トニー・ベンゾン(NL)、右翼: レッド・フラハーティ(AL)
  4. 試合時間: 2時間15分 観客: 5万5920人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ミネソタ・ツインズ ロサンゼルス・ドジャース
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 Z・ベルサイエス 1 M・ウィルス
2 S・バルデスピーノ 2 J・ギリアム
3 T・オリバ 3 W・デービス
4 H・キルブルー 4 R・フェアリー
5 J・ホール 5 L・ジョンソン
6 D・ミンチャー 6 W・パーカー
7 E・バッティ 7 J・ローズボロ
8 F・クイリーチ 8 D・トレズースキー
9 M・グラント 9 D・ドライスデール
先発投手 投球 先発投手 投球
M・グラント D・ドライスデール

ドジャースは初回、モーリー・ウィルスの一塁内野安打をきっかけに一死一・三塁とすると、4番ロン・フェアリーの二ゴロで先制。2回にはバント安打で出塁のウェス・パーカー盗塁暴投で三塁に進み、7番ジョン・ローズボロのゴロを二塁手フランク・クイリーチ失策し2点目を奪った。ツインズが4回と6回、ドジャースが4回にそれぞれソロ本塁打で加点し、ドジャースの1点リードで試合は6回裏に入る。この回、ドジャースはジム・ギリアム四球ウィリー・デービスの右前打で無死二・三塁としマッドキャット・グラントを降板に追い込むと、代わったアル・ワーシントンからフェアリーとルー・ジョンソンが連続適時打を放ち、3点を加えて突き放した。ドン・ドライスデールは7回以降は相手打線に得点を許さず完投し、ドジャースが2勝2敗のタイとした。

第5戦 10月11日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ミネソタ・ツインズ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 1
ロサンゼルス・ドジャース 2 0 2 1 0 0 2 0 X 7 14 0
  1. : サンディー・コーファックス(1勝1敗)  : ジム・カート(1勝1敗)  
  2. 審判:球審…ボブ・スチュワート(AL)、塁審…一塁: エド・バーゴ(NL)、二塁: エディ・ハーリー(AL)、三塁: トニー・ベンゾン(NL)、外審…左翼: レッド・フラハーティ(AL)、右翼: エド・スドル(NL)
  3. 試合時間: 2時間34分 観客: 5万5801人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ミネソタ・ツインズ ロサンゼルス・ドジャース
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 Z・ベルサイエス 1 M・ウィルス
2 J・ノセック 2 J・ギリアム
3 T・オリバ 3 W・デービス
4 H・キルブルー 4 L・ジョンソン
5 E・バッティ 5 R・フェアリー
6 B・アリソン 6 W・パーカー
7 D・ミンチャー 7 D・トレズースキー
8 F・クイリーチ 8 J・ローズボロ
9 J・カート 9 S・コーファックス
先発投手 投球 先発投手 投球
J・カート S・コーファックス

ドジャースは初回、先頭のモーリー・ウィルス二塁打で出塁し次打者ジム・ギリアムの右前打で生還、さらにウィリー・デービスの犠打が三塁手ハーモン・キルブルーの悪送球を誘い、その間に一塁走者ギリアムもホームインし2点を先制する。3回にはルー・ジョンソンロン・フェアリーの連続適時打で2点を加えジム・カートを降板させた。さらに4回にギリアムの適時打で5-0とすると、7回には二死一・二塁からサンディー・コーファックスとウィルスの連続適時打で7-0とした。コーファックスはツインズ打線を4安打10奪三振に抑え完封、ドジャースが3連勝で優勝に王手をかけた。

第6戦 10月13日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
6回裏、先発投手マッドキャット・グラントが3点本塁打を放ち、自らに援護点を追加(55秒)
9回表、グラントがウェス・パーカーを二ゴロに打ち取り、ツインズが3勝3敗のタイに(41秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ロサンゼルス・ドジャース 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 6 1
ミネソタ・ツインズ 0 0 0 2 0 3 0 0 X 5 6 1
  1. : マッドキャット・グラント(2勝1敗)  : クロード・オスティーン(1勝1敗)  
  2. :  MIN – ボブ・アリソン1号2ラン、マッドキャット・グラント1号3ラン
  3. 審判:球審…エド・バーゴ(NL)、塁審…一塁: エディ・ハーリー(AL)、二塁: トニー・ベンゾン(NL)、三塁: レッド・フラハーティ(AL)、外審…左翼: エド・スドル(NL)、右翼: ボブ・スチュワート(AL)
  4. 試合時間: 2時間16分 観客: 4万9578人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ロサンゼルス・ドジャース ミネソタ・ツインズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 M・ウィルス 1 Z・ベルサイエス
2 J・ギリアム 2 J・ノセック
3 W・デービス 3 T・オリバ
4 R・フェアリー 4 H・キルブルー
5 L・ジョンソン 5 E・バッティ
6 W・パーカー 6 B・アリソン
7 J・ローズボロ 7 D・ミンチャー
8 D・トレズースキー 8 F・クイリーチ
9 C・オスティーン 9 M・グラント
先発投手 投球 先発投手 投球
C・オスティーン M・グラント

ツインズは4回裏、先頭のアール・バッティが相手失策で出塁すると、続くボブ・アリソンの2点本塁打で先制。さらに6回裏、ドジャース2番手ハウィー・リードを攻め立てて二死一・二塁とすると、9番マッドキャット・グラントが左中間に3点本塁打を放ち5-0とする。直後の7回にドジャースはロン・フェアリーのソロ本塁打で1点を返すが、グラントは後続を抑え完投、ツインズが3勝3敗のタイに持ち込んだ。

第7戦 10月14日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
9回裏、サンディー・コーファックスがボブ・アリソンを空振り三振に仕留め、ドジャースの優勝が決定(49秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ロサンゼルス・ドジャース 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2 7 0
ミネソタ・ツインズ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 1
  1. : サンディー・コーファックス(2勝1敗)  : ジム・カート(1勝2敗)  
  2. :  LAD – ルー・ジョンソン2号ソロ
  3. 審判:球審…エディ・ハーリー(AL)、塁審…一塁: トニー・ベンゾン(NL)、二塁: レッド・フラハーティ(AL)、三塁: エド・スドル(NL)、外審…左翼: ボブ・スチュワート(AL)、右翼: エド・バーゴ(NL)
  4. 試合時間: 2時間27分 観客: 5万596人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ロサンゼルス・ドジャース ミネソタ・ツインズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 M・ウィルス 1 Z・ベルサイエス
2 J・ギリアム 2 J・ノセック
3 W・デービス 3 T・オリバ
4 L・ジョンソン 4 H・キルブルー
5 R・フェアリー 5 E・バッティ
6 W・パーカー 6 B・アリソン
7 D・トレズースキー 7 D・ミンチャー
8 J・ローズボロ 8 F・クイリーチ
9 S・コーファックス 9 J・カート
先発投手 投球 先発投手 投球
S・コーファックス J・カート

ジム・カートサンディー・コーファックスの3度目の顔合わせで始まった第7戦は、4回表にドジャース先頭のルー・ジョンソンが左翼ポール直撃の先制ソロ本塁打を放つ。続くロン・フェアリー二塁打で出塁すると、ウェス・パーカーの右前打でフェアリーが生還し2-0となる。ここでカートが降板し、ツインズは継投でドジャースの追加点を阻むが、打線はコーファックスの前に8回まで2安打と封じ込まれる。9回裏、ツインズは一死からハーモン・キルブルーがチーム3本目の安打を放つが、コーファックスは続くアール・バッティを3球三振に打ち取ると、最後はボブ・アリソンを空振り三振に仕留め2試合連続の完封勝利。ドジャースが2年ぶりに優勝を果たした。

脚注[編集]

  1. ^ a b "World Series Gate Receipts," Baseball Almanac. 2018年12月30日閲覧。
  2. ^ David B. Green, "This Day in History // 1965: Baseball Legend Refuses to Pitch on Yom Kippur," Haaretz.com, October 6, 2013. 2018年12月30日閲覧。

外部リンク[編集]