1971年のワールドシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1971年のワールドシリーズ
チーム 勝数
ピッツバーグ・パイレーツNL 4
ボルチモア・オリオールズAL 3
シリーズ情報
試合日程 10月9日–17日
観客動員 7試合合計:35万1081人
1試合平均:05万0154人
MVP ロベルト・クレメンテ(PIT)
ALCS BAL 3–0 OAK
NLCS PIT 3–1 SF
殿堂表彰者 ロベルト・クレメンテ(PIT外野手)
ビル・マゼロスキー(PIT内野手)
ウィリー・スタージェル(PIT外野手)
アール・ウィーバー(BAL監督)
ジム・パーマー(BAL投手)
ブルックス・ロビンソン(BAL内野手)
フランク・ロビンソン(BAL外野手)
ネスター・チャイラク(審判員)
チーム情報
ピッツバーグ・パイレーツ(PIT)
シリーズ出場 11年ぶり6回目
GM ジョー・L・ブラウン
監督 ダニー・マートー
シーズン成績 097勝65敗・勝率.599
NL東地区優勝
分配金 選手1人あたり1万8164.58ドル[1]
ボルチモア・オリオールズ(BAL)
シリーズ出場 03年連続5回目
GM ハリー・ダルトン
監督 アール・ウィーバー
シーズン成績 101勝57敗・勝率.623
AL東地区優勝
分配金 選手1人あたり1万3906.46ドル[1]
全米テレビ中継
放送局 NBC
実況 カート・ガウディ
解説 チャック・トンプソン(第1・2・6・7戦)
ボブ・プリンス(第3・4・5戦)
平均視聴率 24.2%(前年比4.8ポイント上昇)[2]
ワールドシリーズ
 < 1970 1972 > 

1971年の野球において、メジャーリーグベースボール(MLB)優勝決定戦の第68回ワールドシリーズ(68th World Series)は、10月9日から17日にかけて計7試合が開催された。その結果、ピッツバーグ・パイレーツナショナルリーグ)がボルチモア・オリオールズアメリカンリーグ)を4勝3敗で下し、11年ぶり4回目の優勝を果たした。

両チームの対戦はシリーズ史上初めて。第4戦はシリーズ史上初の夜間試合として開催され、NBCによる全米テレビ中継では最終第7戦をも上回る今シリーズ最高の視聴率を記録した[注 1][3]。MLBの総収入における割合をみると、1970年頃にはテレビ放映権料が入場料を上回っており、これを受けて翌年以降も夜間試合が増えていくこととなる[4]シリーズMVPには、全7試合で安打を放ち打率.414・2本塁打・4打点OPS 1.210という成績を残したパイレーツのロベルト・クレメンテが選出された。クレメンテは前回出場した1960年シリーズでも全7試合で安打を放っており、シリーズ通算14試合連続安打は、ハンク・バウアーの17試合に次いで当時2番目に長い記録だった[注 2][5]。ただ、クレメンテは1972年12月に航空事故で死亡し、記録をさらに伸ばすことはできなかった。

試合結果[編集]

1971年のワールドシリーズは10月9日に開幕し、途中に移動日と雨天順延を挟んで9日間で7試合が行われた。日程・結果は以下の通り。

日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月09日(土) 第1戦 ピッツバーグ・パイレーツ 3-5 ボルチモア・オリオールズ メモリアル・スタジアム
10月10日(日) 第2戦 雨天順延
10月11日(月) 第2戦 ピッツバーグ・パイレーツ 3-11 ボルチモア・オリオールズ
10月12日(火) 第3戦 ボルチモア・オリオールズ 1-5 ピッツバーグ・パイレーツ スリー・リバース・スタジアム
10月13日(水) 第4戦 ボルチモア・オリオールズ 3-4 ピッツバーグ・パイレーツ
10月14日(木) 第5戦 ボルチモア・オリオールズ 0-4 ピッツバーグ・パイレーツ
10月15日(金) 移動日
10月16日(土) 第6戦 ピッツバーグ・パイレーツ 2-3x ボルチモア・オリオールズ メモリアル・スタジアム
10月17日(日) 第7戦 ピッツバーグ・パイレーツ 2-1 ボルチモア・オリオールズ
優勝:ピッツバーグ・パイレーツ(4勝3敗 / 11年ぶり4度目)

第1戦 10月9日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
9回表、デーブ・マクナリーがアル・オリバーを空振り三振に仕留めて試合終了、オリオールズが先勝(28秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ピッツバーグ・パイレーツ 0 3 0 0 0 0 0 0 0 3 3 0
ボルチモア・オリオールズ 0 1 3 0 1 0 0 0 X 5 10 3
  1. : デーブ・マクナリー(1勝)  : ドック・エリス(1敗)  
  2. :  BAL – フランク・ロビンソン1号ソロ、マーブ・レッテンマンド1号3ラン、ドン・ビュフォード1号ソロ
  3. 審判:球審…ネスター・チャイラク(AL)、塁審…一塁: エド・スドル(NL)、二塁: ジョン・ライス(AL)、三塁: エド・バーゴ(NL)、外審…左翼: ジム・オドム(AL)、右翼: ジョン・キブラー(NL)
  4. 試合時間: 2時間6分 観客: 5万3229人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ピッツバーグ・パイレーツ ボルチモア・オリオールズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 D・キャッシュ 1 D・ビュフォード
2 G・クラインズ 2 M・レッテンマンド
3 R・クレメンテ 3 B・パウエル
4 W・スタージェル 4 F・ロビンソン
5 B・ロバートソン 5 E・ヘンドリックス
6 M・サンギーエン 6 B・ロビンソン
7 J・パガン 7 D・ジョンソン
8 J・ヘルナンデス 8 M・ベランガー
9 D・エリス 9 D・マクナリー
先発投手 投球 先発投手 投球
D・エリス D・マクナリー

第2戦 10月11日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ピッツバーグ・パイレーツ 0 0 0 0 0 0 0 3 0 3 8 1
ボルチモア・オリオールズ 0 1 0 3 6 1 0 0 X 11 14 1
  1. : ジム・パーマー(1勝)  : ボブ・ジョンソン(1敗)  S: ディック・ホール(1S)  
  2. :  PIT – リッチー・ヘブナー1号3ラン
  3. 審判:球審…エド・スドル(NL)、塁審…一塁: ジョン・ライス(AL)、二塁: エド・バーゴ(NL)、三塁: ジム・オドム(AL)、外審…左翼: ジョン・キブラー(NL)、右翼: ネスター・チャイラク(AL)
  4. 試合時間: 2時間55分 観客: 5万3239人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ピッツバーグ・パイレーツ ボルチモア・オリオールズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 D・キャッシュ 1 D・ビュフォード
2 R・ヘブナー 2 M・レッテンマンド
3 R・クレメンテ 3 B・パウエル
4 W・スタージェル 4 F・ロビンソン
5 A・オリバー 5 E・ヘンドリックス
6 B・ロバートソン 6 B・ロビンソン
7 M・サンギーエン 7 D・ジョンソン
8 J・ヘルナンデス 8 M・ベランガー
9 B・ジョンソン 9 J・パーマー
先発投手 投球 先発投手 投球
B・ジョンソン J・パーマー

第3戦 10月12日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
7回表、フランク・ロビンソンのソロ本塁打でオリオールズが1点差に詰め寄る(44秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ボルチモア・オリオールズ 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 3 3
ピッツバーグ・パイレーツ 1 0 0 0 0 1 3 0 X 5 7 0
  1. : スティーブ・ブラス(1勝)  : マイク・クェイヤー(1敗)  
  2. :  BAL – フランク・ロビンソン2号ソロ  PIT – ボブ・ロバートソン1号3ラン
  3. 審判:球審…ジョン・ライス(AL)、塁審…一塁: エド・バーゴ(NL)、二塁: ジム・オドム(AL)、三塁: ジョン・キブラー(NL)、外審…左翼: ネスター・チャイラク(AL)、右翼: エド・スドル(NL)
  4. 試合時間: 2時間20分 観客: 5万403人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ボルチモア・オリオールズ ピッツバーグ・パイレーツ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 D・ビュフォード 1 D・キャッシュ
2 M・レッテンマンド 2 A・オリバー
3 B・パウエル 3 R・クレメンテ
4 F・ロビンソン 4 W・スタージェル
5 E・ヘンドリックス 5 B・ロバートソン
6 B・ロビンソン 6 M・サンギーエン
7 D・ジョンソン 7 J・パガン
8 M・ベランガー 8 G・アリー
9 M・クェイヤー 9 S・ブラス
先発投手 投球 先発投手 投球
M・クェイヤー S・ブラス

第4戦 10月13日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
1回裏、ウィリー・スタージェルが二塁打で右中間を破り1点を返す(25秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ボルチモア・オリオールズ 3 0 0 0 0 0 0 0 0 3 4 1
ピッツバーグ・パイレーツ 2 0 1 0 0 0 1 0 X 4 14 0
  1. : ブルース・キーソン(1勝)  : エディ・ワット(1敗)  S: デーブ・ジュスティ(1S)  
  2. 審判:球審…エド・バーゴ(NL)、塁審…一塁: ジム・オドム(AL)、二塁: ジョン・キブラー(NL)、三塁: ネスター・チャイラク(AL)、外審…左翼: エド・スドル(NL)、右翼: ジョン・ライス(AL)
  3. 試合時間: 2時間20分 観客: 5万1378人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ボルチモア・オリオールズ ピッツバーグ・パイレーツ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 P・ブレアー 1 D・キャッシュ
2 M・ベランガー 2 R・ヘブナー
3 M・レッテンマンド 3 R・クレメンテ
4 F・ロビンソン 4 W・スタージェル
5 B・ロビンソン 5 A・オリバー
6 B・パウエル 6 B・ロバートソン
7 D・ジョンソン 7 M・サンギーエン
8 A・エチェバレン 8 J・ヘルナンデス
9 P・ドブソン 9 L・ウォーカー
先発投手 投球 先発投手 投球
P・ドブソン L・ウォーカー

第5戦 10月14日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
2回裏、ボブ・ロバートソンのソロ本塁打でパイレーツが先制(50秒)
4回表、ネルソン・ブライルズがフランク・ロビンソンを空振り三振に仕留めてイニング終了。ブライルズは投球の勢い余ってマウンドに倒れ込む(23秒)
5回裏、ロベルト・クレメンテの適時打でパイレーツのリードが4点に拡大(22秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ボルチモア・オリオールズ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 1
ピッツバーグ・パイレーツ 0 2 1 0 1 0 0 0 X 4 9 0
  1. : ネルソン・ブライルズ(1勝)  : デーブ・マクナリー(1勝1敗)  
  2. :  PIT – ボブ・ロバートソン2号ソロ
  3. 審判:球審…ジム・オドム(AL)、塁審…一塁: ジョン・キブラー(NL)、二塁: ネスター・チャイラク(AL)、三塁: エド・スドル(NL)、外審…左翼: ジョン・ライス(AL)、右翼: エド・バーゴ(NL)
  4. 試合時間: 2時間16分 観客: 5万1377人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ボルチモア・オリオールズ ピッツバーグ・パイレーツ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 D・ビュフォード 1 D・キャッシュ
2 P・ブレアー 2 G・クラインズ
3 B・パウエル 3 R・クレメンテ
4 F・ロビンソン 4 W・スタージェル
5 E・ヘンドリックス 5 B・ロバートソン
6 B・ロビンソン 6 M・サンギーエン
7 D・ジョンソン 7 J・パガン
8 M・ベランガー 8 J・ヘルナンデス
9 D・マクナリー 9 N・ブライルズ
先発投手 投球 先発投手 投球
D・マクナリー N・ブライルズ

第6戦 10月16日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
ロベルト・クレメンテがジム・パーマーから初回表に三塁打、3回表にソロ本塁打を放つ(55秒)
10回裏、ブルックス・ロビンソンの中飛で三塁走者フランク・ロビンソンが生還、オリオールズがサヨナラ勝ち(1分29秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R H E
ピッツバーグ・パイレーツ 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 2 9 1
ボルチモア・オリオールズ 0 0 0 0 0 1 1 0 0 1x 3 8 0
  1. : デーブ・マクナリー(2勝1敗)  : ボブ・ミラー(1敗)  
  2. :  PIT – ロベルト・クレメンテ1号ソロ  BAL – ドン・ビュフォード2号ソロ
  3. 審判:球審…ジョン・キブラー(NL)、塁審…一塁: ネスター・チャイラク(AL)、二塁: エド・スドル(NL)、三塁: ジョン・ライス(AL)、外審…左翼: エド・バーゴ(NL)、右翼: ジム・オドム(AL)
  4. 試合時間: 2時間59分 観客: 4万4174人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ピッツバーグ・パイレーツ ボルチモア・オリオールズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 D・キャッシュ 1 D・ビュフォード
2 R・ヘブナー 2 D・ジョンソン
3 R・クレメンテ 3 B・パウエル
4 W・スタージェル 4 F・ロビンソン
5 A・オリバー 5 M・レッテンマンド
6 B・ロバートソン 6 B・ロビンソン
7 M・サンギーエン 7 E・ヘンドリックス
8 J・ヘルナンデス 8 M・ベランガー
9 B・ムース 9 J・パーマー
先発投手 投球 先発投手 投球
B・ムース J・パーマー

第7戦 10月17日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
4回表、ロベルト・クレメンテが先制のソロ本塁打(46秒)
9回裏、スティーブ・ブラスがマーブ・レッテンマンドを遊ゴロに打ち取り試合終了、パイレーツの優勝が決定(15秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ピッツバーグ・パイレーツ 0 0 0 1 0 0 0 1 0 2 6 1
ボルチモア・オリオールズ 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 4 0
  1. : スティーブ・ブラス(2勝)  : マイク・クェイヤー(2敗)  
  2. :  PIT – ロベルト・クレメンテ2号ソロ
  3. 審判:球審…ネスター・チャイラク(AL)、塁審…一塁: エド・スドル(NL)、二塁: ジョン・ライス(AL)、三塁: エド・バーゴ(NL)、外審…左翼: ジム・オドム(AL)、右翼: ジョン・キブラー(NL)
  4. 試合時間: 2時間10分 観客: 4万7291人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ピッツバーグ・パイレーツ ボルチモア・オリオールズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 D・キャッシュ 1 D・ビュフォード
2 G・クラインズ 2 D・ジョンソン
3 R・クレメンテ 3 B・パウエル
4 B・ロバートソン 4 F・ロビンソン
5 M・サンギーエン 5 M・レッテンマンド
6 W・スタージェル 6 B・ロビンソン
7 J・パガン 7 E・ヘンドリックス
8 J・ヘルナンデス 8 M・ベランガー
9 S・ブラス 9 M・クェイヤー
先発投手 投球 先発投手 投球
S・ブラス M・クェイヤー

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 平均の視聴率・視聴者数は、第4戦が34.8%・3889万8000人だったのに対し、最終第7戦は34.2%・3742万人だった。
  2. ^ バウアーの記録は、1956年の第1戦から1958年の第3戦にかけて達成された。

出典[編集]

  1. ^ a b "World Series Gate Receipts," Baseball Almanac. 2019年10月12日閲覧。
  2. ^ "World Series Television Ratings," Baseball Almanac. 2019年10月12日閲覧。
  3. ^ Maury Brown, "The Highest-Rated World Series Games Of All Time," Forbes, November 1, 2016. 2019年10月12日閲覧。
  4. ^ Leonard Koppett, "Issue and Debate," The New York Times, October 5, 1976. 2019年10月12日閲覧。
  5. ^ Claire Smith, "ON BASEBALL; A More Modest Man of October," The New York Times, October 21, 1997. 2019年10月12日閲覧。

外部リンク[編集]