1908年のワールドシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1908年のワールドシリーズ
チーム 勝数
シカゴ・カブスNL 4
デトロイト・タイガースAL 1
シリーズ情報
試合日程 10月10日 - 10月14日
のちの殿堂表彰者 モーデカイ・ブラウン(CHC)
フランク・チャンス(CHC)
ジョニー・エバース(CHC)
ジョー・ティンカー(CHC)
サム・クロフォード(DET)
タイ・カッブ(DET)
チーム情報
シカゴ・カブス(CHC)
監督 フランク・チャンス
シーズン成績 99勝55敗
デトロイト・タイガース(DET)
監督 ヒューイ・ジェニングス
シーズン成績 90勝63敗
ワールドシリーズ
 < 1907 1909 > 

1908年のワールドシリーズは、1908年10月10日から10月14日まで行われたメジャーリーグワールドシリーズである。

概要[編集]

第5回のワールドシリーズ。アメリカンリーグデトロイト・タイガースナショナルリーグは3年連連続のシカゴ・カブスが対戦。前年と同カードの対戦となった。結果は4勝1敗でシカゴ・カブスが優勝(2年連続2回目)でワールドシリーズ初の連覇となった。

試合結果[編集]

表中のR得点H安打E失策を示す。日付は現地時間。

第1戦 10月10日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
カブス 0 0 4 0 0 0 1 0 5 10 14 2
タイガース 1 0 0 0 0 0 3 2 0 6 10 3
  1. : モーデカイ・ブラウン(1-0)  : エド・サマーズ(0-1)  
  2. :  CHC – なし  DET – なし
  3. 観客動員数 10,812人

第2戦 10月11日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
タイガース 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 4 1
カブス 0 0 0 0 0 0 0 6 x 6 7 0
  1. : オーバル・オーバーオール(1-0)  : ビル・ドノバン(0-1)  
  2. :  DET – なし  CHC – ジョー・ティンカー(1)
  3. 観客動員数 17,760人

第3戦 10月12日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
タイガース 1 0 0 0 0 5 0 2 0 8 12 4
カブス 0 0 0 3 0 0 0 0 0 3 7 0
  1. : ジョージ・マリン(1-0)  : ジャック・フィースター(0-1)  
  2. :  DET – なし  CHC – なし
  3. 観客動員数 14,543人

第4戦 10月13日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
カブス 0 0 2 0 0 0 0 0 1 3 10 0
タイガース 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 1
  1. : モーデカイ・ブラウン(2-0)  : エド・サマーズ(0-2)  
  2. :  CHC – なし  DET – なし
  3. 観客動員数 12,907人

第5戦 10月14日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
カブス 1 0 0 0 1 0 0 0 0 2 10 0
タイガース 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0
  1. : オーバル・オーバーオール(2-0)  : ビル・ドノバン(0-2)  
  2. :  CHC – なし  DET – なし
  3. 観客動員数 6,210人

外部リンク[編集]

baseball-reference.com1908 World Series