1934年のメジャーリーグベースボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

以下は、メジャーリーグベースボール(MLB)における1934年のできごとを記す。1934年4月17日に開幕し10月9日に全日程を終えた。ナショナルリーグセントルイス・カージナルスが、アメリカンリーグデトロイト・タイガースが優勝。ワールドシリーズはセントルイス・カージナルスが制した。

できごと[編集]

規則の改訂[編集]

  • アメリカン、ナショナル両リーグで同じ製造元のボールを使う決まりになった。

最終成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

アメリカンリーグ[編集]

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 デトロイト・タイガース 101 53 .656 --
2 ニューヨーク・ヤンキース 94 60 .610 7.0
3 クリーブランド・インディアンス 85 69 .552 16.0
4 ボストン・レッドソックス 76 76 .500 24.0
5 フィラデルフィア・アスレチックス 68 82 .453 31.0
6 セントルイス・ブラウンズ 67 85 .441 33.0
7 ワシントン・セネタース 66 86 .434 34.0
8 シカゴ・ホワイトソックス 53 99 .349 47.0

ナショナルリーグ[編集]

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 セントルイス・カージナルス 95 58 .621 --
2 ニューヨーク・ジャイアンツ 93 60 .608 2.0
3 シカゴ・カブス 86 65 .570 8.0
4 ボストン・ブレーブス 78 73 .517 16.0
5 ピッツバーグ・パイレーツ 74 76 .493 19.5
6 ブルックリン・ドジャース 71 81 .467 23.5
7 フィラデルフィア・フィリーズ 56 93 .376 37.0
8 シンシナティ・レッズ 52 99 .344 42.0

オールスターゲーム[編集]

  • アメリカンリーグ 9 - 7 ナショナルリーグ

ワールドシリーズ[編集]

  • タイガース 3 - 4 カージナルス
10/3 – カージナルス 8 - 3 タイガース
10/4 – カージナルス 2 - 3 タイガース
10/5 – タイガース 1 - 4 カージナルス
10/6 – タイガース 10 - 4 カージナルス
10/7 – タイガース 3 - 1 カージナルス
10/8 – カージナルス 4 - 3 タイガース
10/9 – カージナルス 11 - 0 タイガース

個人タイトル[編集]

アメリカンリーグ[編集]

打者成績[編集]

項目 選手 記録
打率 ルー・ゲーリッグ (NYY) .363
本塁打 ルー・ゲーリッグ (NYY) 49
打点 ルー・ゲーリッグ (NYY) 165
安打 チャーリー・ゲーリンジャー (DET) 214
盗塁 ビリー・ワーバー (BOS) 40

投手成績[編集]

項目 選手 記録
勝利 レフティ・ゴメス (NYY) 26
敗戦 ボボ・ニューサム (SLA) 20
防御率 レフティ・ゴメス (NYY) 2.33
奪三振 レフティ・ゴメス (NYY) 158
投球回 レフティ・ゴメス (NYY) 281⅔
セーブ ジャック・ラッセル (WS1) 7

ナショナルリーグ[編集]

打者成績[編集]

項目 選手 記録
打率 ポール・ウェイナー (PIT) .362
本塁打 リッパー・コリンズ (STL) 35
メル・オット (NYG)
打点 メル・オット (NYG) 135
得点 ポール・ウェイナー (PIT) 122
安打 ポール・ウェイナー (PIT) 217
盗塁 ペッパー・マーティン (STL) 23

投手成績[編集]

項目 選手 記録
勝利 ディジー・ディーン (STL) 30
敗戦 シイ・ジョンソン (CIN) 22
防御率 カール・ハッベル (NYG) 2.30
奪三振 ディジー・ディーン (STL) 195
投球回 バン・マンゴー (BRO) 315⅓
セーブ カール・ハッベル (NYG) 8

表彰[編集]

シーズンMVP

関連項目[編集]

外部リンク[編集]