1922年のメジャーリーグベースボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

以下は、メジャーリーグベースボール(MLB)における1922年のできごとを記す。1922年4月12日に開幕し10月8日に全日程を終え、ナショナルリーグニューヨーク・ジャイアンツが2年連続10度目の優勝、アメリカンリーグニューヨーク・ヤンキースがセントルイス・ブラウンズの追撃を1ゲーム差でしのぎ、2年連続2度目の優勝。

ワールドシリーズはニューヨーク・ジャイアンツがヤンキースを4勝1引き分けで2年連続制し、3度目のシリーズ制覇となった。

できごと[編集]

ナショナル・リーグは、ジャイアンツが前年レギュラーとなり盗塁王を獲得したフランキー・フリッシュがこの年も打率.327で連続3割を打ち、他にも前年本塁打王のジョージ・ケリー、ハイニー・グローら3割2分台の選手が4人いて2位レッズに7ゲーム差をつけて優勝した。アメリカン・リーグではヤンキースが優勝したが、前年秋にジャイアンツやヤンキースの選手たちが大リーグ選抜の世界一周旅行に招待されてたがケネソー・ランディスコミッショナーが認めない方針を決めた時に、ベーブ・ルースが拒否する姿勢を示したことからランディス・コミッショナーはルースらヤンキースの選手3人を1922年シーズンの最初の6週間を出場停止とした。そして5月20日に処分が解けたルースは、ヤンキースのキャプテンに就任するも、その5日後に、審判に泥を投げて退場処分を受け、更には観客と乱闘の事態となり、キャプテンは剥奪された。この年ルースは110試合に出場し、打率.315、35本塁打、99打点の結果で無冠に終わった。そのためこの年にジョージ・シスラーとケン・ウィリアムズが打撃タイトルを独占したセントルイス・ブラウンズに苦しめられたシーズンであった。

ワールドシリーズでは、ジャイアンツのジョン・マグロー監督のベーブ・ルース対策は徹底されて、ルースは17打数2安打で打点1で本塁打0に終わり、完全に抑え込まれ、ヤンキースは1勝も勝てずに終わった。

  • ジョージ・シスラーはこの年タイ・カッブと激しい首位打者争いを繰り広げ、打率.420、246安打、51盗塁を記録し、首位打者・盗塁王に加えて、初のMVPに輝いた。また41試合連続安打の記録も達成しており、これは1941年にジョー・ディマジオが56試合連続安打を達成するまで20世紀の近代野球の最高記録であった。
  • 同じセントルイス・ブラウンズのケン・ウィリアムズは、1918年からセントルイス・ブラウンズでジョージ・シスラーらと共にプレーし、この1922年に打率.332(リーグ6位)、39本塁打(1位)、155打点(1位)、37盗塁(2位)を記録し、メジャー史上初の「30-30」を達成した。
  • ロジャース・ホーンスビーは 前年は154試合に出場し、安打数、得点、二塁打、三塁打、打点126、打率.397、出塁率、長打率でいずれもリーグトップで首位打者と打点王となった(本塁打王はジョージ・ケリーの23本でホーンスビーは21本であった)。そして1922年、打率はついに4割に達し.401、打点150でそれまでの首位打者と打点王に加えてリーグ最多の42本塁打を放ったホーンスビーは、自身初の打撃三冠王となり、それだけでなく盗塁王を除いて主要な打撃部門のリーグ1位をほぼ独占する成績を収めた。これは1909年のタイ・カッブに匹敵するとともに、本塁打9本で三冠王となったカップに比べてこの年42本でしかも打率が4割に達した成績は特筆すべきもので、1922年のロジャース・ホーンスビーが最初の打撃三冠王であるとする見解もある。

最終成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

アメリカンリーグ[編集]

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 ニューヨーク・ヤンキース 94 60 .610 --
2 セントルイス・ブラウンズ 93 61 .604 1.0
3 デトロイト・タイガース 79 75 .513 15.0
4 クリーブランド・インディアンス 78 76 .506 16.0
5 シカゴ・ホワイトソックス 77 77 .500 17.0
6 ワシントン・セネタース 69 85 .448 25.0
7 フィラデルフィア・アスレチックス 65 89 .422 29.0
8 ボストン・レッドソックス 61 93 .393 33.0

ナショナルリーグ[編集]

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 ニューヨーク・ジャイアンツ 93 61 .604 --
2 シンシナティ・レッズ 86 68 .558 7.0
3 ピッツバーグ・パイレーツ 85 69 .552 8.0
4 セントルイス・カージナルス 85 69 .552 8.0
5 シカゴ・カブス 80 74 .519 13.0
6 ブルックリン・ロビンス 76 78 .494 17.0
7 フィラデルフィア・フィリーズ 57 96 .373 35.5
8 ボストン・ブレーブス 53 100 .346 39.5

ワールドシリーズ[編集]

  • ジャイアンツ 4 - 1 - 0 ヤンキース
10/4 – ヤンキース 2 - 3 ジャイアンツ
10/5 – ジャイアンツ 3 - 3 ヤンキース (延長10回)
10/6 – ヤンキース 0 - 3 ジャイアンツ
10/7 – ジャイアンツ 4 - 3 ヤンキース
10/8 – ヤンキース 3 - 5 ジャイアンツ

個人タイトル[編集]

アメリカンリーグ[編集]

打者成績[編集]

項目 選手 記録
打率 ジョージ・シスラー (SLA) .420
本塁打 ケン・ウィリアムズ (SLA) 39
打点 ケン・ウィリアムズ (SLA) 155
得点 ジョージ・シスラー (SLA) 134
安打 ジョージ・シスラー (SLA) 246
盗塁 ジョージ・シスラー (SLA) 51

投手成績[編集]

項目 選手 記録
勝利 エディ・ロンメル (PHA) 27
敗戦 スリム・ハリス (PHA) 20
防御率 レッド・フェイバー (CWS) 2.81
奪三振 アーバン・ショッカー (SLA) 149
投球回 レッド・フェイバー (CWS) 352
セーブ サッドサム・ジョーンズ (NYY) 8

ナショナルリーグ[編集]

打者成績[編集]

項目 選手 記録
打率 ロジャース・ホーンスビー (STL) .401
本塁打 ロジャース・ホーンスビー (STL) 42
打点 ロジャース・ホーンスビー (STL) 152
得点 ロジャース・ホーンスビー (STL) 141
安打 ロジャース・ホーンスビー (STL) 250
盗塁 マックス・キャリー (PIT) 51

投手成績[編集]

項目 選手 記録
勝利 エッパ・リクシー (CIN) 25
敗戦 ドルフ・ルケ (CIN) 23
防御率 フィル・ダグラス (NYG) 2.63
奪三振 ダジー・ヴァンス (BRO) 134
投球回 エッパ・リクシー (CIN) 313⅓
セーブ クラウド・ジョナルド (NYG) 5

表彰[編集]

シーズンMVP

外部リンク[編集]