1930年のメジャーリーグベースボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

以下は、メジャーリーグベースボール(MLB)における1930年のできごとを記す。1930年4月14日に開幕し10月8日に全日程を終え、ナショナルリーグセントルイス・カージナルス2年ぶり3度目の優勝、アメリカンリーグフィラデルフィア・アスレチックスが2年連続8度目のリーグ優勝を飾った。ワールドシリーズはフィラデルフィア・アスレチックスがセントルイス・カージナルスを4勝2敗で制し、2年連続5度目のシリーズ制覇となった。

できごと[編集]

ナショナルリーグはセントルイス・カージナルスが20勝投手が不在ながら、投手以外の野手8人が3割以上の打率で、チーム打率.314という猛打でしかも総得点1004で優勝した。前年の覇者シカゴ・カブスは2ゲーム差での2位であった。一方前年のシリーズを制覇したアメリカンリーグのフィラデルフィア・アスレチックスは投の両輪レフティ・グローブ とジョージ・アーンショーが健在で、特にグローブはこの年に最多勝・最優秀防御率・最多奪三振の投手三冠王に輝いた。打ではアル・シモンズ、ミッキー・カクレーン、ジミー・フォックスが活躍し、アル・シモンズが打率.381で首位打者を獲得した。 

ワールドシリーズでは、アスレチックスのグローブが2勝、アーンショーも2勝を上げ、シリーズ2連覇となった。この頃はヤンキースの黄金時代からアスレチックスの黄金時代に移っていた。しかしコニー・マック監督にとっては最後のシリーズ制覇で、この後にアスレチックスがワールドシリーズを優勝するのは42年後の1972年である。

  • この年のナショナルリーグの本塁打王ハック・ウィルソンは当時のナショナルリーグ記録となる本塁打56本を記録した。そして打点191も記録し、これはルー・ゲーリッグが1927年に記録した打点175を上回るメジャーリーグ記録であった。1926年(21本)、1927年(30本)、1928年(31本)で3年連続本塁打王となり、前年の1929年は39本打ちながら43本のチャック・クラインに及ばず、しかしこの年1930年の56本で計4度目の本塁打王、打点は2年連続の打点王であった。当時「ナショナルリーグのベーブ・ルース」と呼ばれるほどの人気があったが、これ以後成績は急降下し4年後には引退した。
  • ナショナルリーグの首位打者はニューヨーク・ジャイアンツビル・テリー。打率.401で、これはナショナルリーグの最後の4割打者となった。ビル・テリーはこの2年後にジョン・マグローの後任監督となった。
  • 前年の1929年にシカゴ・カブスをリーグ優勝させたジョー・マッカーシー監督は、この年のシーズン終盤に優勝を逃すと、球団はマッカーシーを解任した。一方、アメリカンリーグのニューヨーク・ヤンキースは、前年の1929年のシーズン末にミラー・ハギンス監督が急死した後にボブ・ショーキーを監督に就任させたが、この年3位に終わってオーナーのジェイコブ・ルパートと、GMエド・バローはわずか1年でショーキーを解任し、1929年にシカゴ・カブスをリーグ優勝させたジョー・マッカーシーに白羽の矢を立てた。マッカーシーはメジャーリーグでの選手経験の無い監督で、当時はタイ・カッブ、トリス・スピーカー、ロジャース・ホーンスビーなど大選手の兼任監督か、引退後の監督就任が多かった。しかしルパートとバローはベーブ・ルースの兼任監督を嫌い、カブスを解任されたばかりのマッカーシーを監督に招くことに決めた。マッカーシーは、翌1931年から1946年までヤンキース監督を務め、16年間でリーグ優勝8回、ワールドシリーズ優勝7回というヤンキース黄金時代を築いていった。

最終成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

アメリカンリーグ[編集]

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 フィラデルフィア・アスレチックス 102 52 .662 --
2 ワシントン・セネタース 94 60 .610 8.0
3 ニューヨーク・ヤンキース 86 68 .558 16.0
4 クリーブランド・インディアンス 81 73 .526 21.0
5 デトロイト・タイガース 75 79 .487 27.0
6 セントルイス・ブラウンズ 64 90 .416 38.0
7 シカゴ・ホワイトソックス 62 92 .403 40.0
8 ボストン・レッドソックス 52 102 .338 50.0

ナショナルリーグ[編集]

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 セントルイス・カージナルス 92 62 .597 --
2 シカゴ・カブス 90 64 .584 2.0
3 ニューヨーク・ジャイアンツ 87 67 .565 5.0
4 ブルックリン・ロビンス 86 68 .558 6.0
5 ピッツバーグ・パイレーツ 80 74 .519 12.0
6 ボストン・ブレーブス 70 84 .455 22.0
7 シンシナティ・レッズ 59 95 .383 33.0
8 フィラデルフィア・フィリーズ 52 102 .338 40.0

ワールドシリーズ[編集]

  • アスレチックス 4 - 2 カージナルス
10/1 – カージナルス 2 - 5 アスレチックス
10/2 – カージナルス 1 - 6 アスレチックス
10/4 – アスレチックス 0 - 5 カージナルス
10/5 – アスレチックス 1 - 3 カージナルス
10/6 – アスレチックス 2 - 0 カージナルス
10/8 – カージナルス 1 - 7 アスレチックス

個人タイトル[編集]

アメリカンリーグ[編集]

打者成績[編集]

項目 選手 記録
打率 アル・シモンズ (PHA) .381
本塁打 ベーブ・ルース (NYY) 49
打点 ルー・ゲーリッグ (NYY) 174
得点 アル・シモンズ (PHA) 152
安打 ジョニー・ホダップ (CLE) 225
盗塁 マーティ・マクマナス (DET) 23

投手成績[編集]

項目 選手 記録
勝利 レフティ・グローブ (PHA) 28
敗戦 ミルト・ガストン (BOS) 20
ジャック・ラッセル (BOS)
防御率 レフティ・グローブ (PHA) 2.54
奪三振 レフティ・グローブ (PHA) 209
投球回 テッド・ライオンズ (CWS) 297⅔
セーブ レフティ・グローブ (PHA) 9

ナショナルリーグ[編集]

打者成績[編集]

項目 選手 記録
打率 ビル・テリー (NYG) .401
本塁打 ハック・ウィルソン (CHC) 56
打点 ハック・ウィルソン (CHC) 191
得点 チャック・クライン (PHI) 158
安打 ビル・テリー (NYG) 254
盗塁 カイカイ・カイラー (CHC) 37

投手成績[編集]

項目 選手 記録
勝利 レイ・クレマー (PIT) 20
パット・マローン (CHC)
敗戦 ラリー・フレンチ (PIT) 18
ベニー・フレイ (CIN)
防御率 ダジー・ヴァンス (BRO) 2.61
奪三振 ビル・ハラハン (STL) 177
投球回 レイ・クレマー (PIT) 276
セーブ ハイ・ベル (STL) 8

出典[編集]

  • 『米大リーグ 輝ける1世紀 ~その歴史とスター選手~』 79P参照 週刊ベースボール 1978年6月25日増刊号 ベースボールマガジン社
  • 『メジャーリーグ ワールドシリーズ伝説』 1905-2000  上田龍 著 94P参照 2001年10月発行 ベースボールマガジン社
  • 『スポーツ・スピリット21 №11 ヤンキース最強読本』92P参照 2003年6月発行 ベースボールマガジン社

外部リンク[編集]