1910年のメジャーリーグベースボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

以下は、メジャーリーグベースボール(MLB)における1910年のできごとを記す。1910年4月14日に開幕し10月23日に全日程を終え、ナショナルリーグシカゴ・カブスが、アメリカンリーグフィラデルフィア・アスレチックスが優勝。

ワールドシリーズはフィラデルフィア・アスレチックスがシカゴ・カブスを4勝1敗で破り、シリーズを初制覇した。

できごと[編集]

アメリカン・リーグが名将コニー・マックが率いるフィラデルフィア・アスレチックスが102勝をあげ、投手では23勝のジャック・クームズ、同じ23勝のチーフ・ベンダーが、打者ではエディ・コリンズ、ベイカー、マーフィーが活躍してリーグ優勝を飾った。

一方ナショナル・リーグでは前年2位に終わったシカゴ・カブスが104勝をあげて復活を遂げ、ジョー・テインカー、ジョニー・エバース、フランク・チャンスの「併殺トリオ」の内野陣とソリー・ホフマン、フランク・シュルト の外野陣が活躍し、この年には、ホフマンとシュルトが打線の中心になった。投手陣はモーデカイ・ブラウン が健在でこの年も25勝を上げている。

ワールドシリーズは、アスレチックスのクームズが3勝を上げて、4勝1敗で、フィラデルフィア・アスレチックスが優勝し、コニー・マックが初の世界一の座をつかんだ。

首位打者[編集]

この年は終盤に首位打者争いが白熱して、球史に残る打率争いとなった。シーズン最終日の試合前、タイ・カッブが509打数196安打で打率.385、ナップ・ラジョイは打率.376と9厘差であった。そして首位打者を確信したカッブは最終日の試合を欠場し、ラジョイはセントルイス・ブラウンズ(現:ボルチモア・オリオールズ)戦のダブルヘッダーで9打数8安打を打って、最終成績は591打数227安打で打率.384となった。惜しくもラジョイの方が1厘差及ばず、カッブの首位打者が決まった。しかし、この最終戦でのラジョイの8安打について相手チームのブラウンズのオコーナー監督とコーチがラジョイに首位打者を取らせるために、わざと三塁手を後方に守らせてバントヒットを量産させたとして、オコーナーとハウエル・コーチは解雇されてやがて球界から永久追放の処分を受けた。しかも話はこれで終わらなかった。

1981年スポーティング・ニューズ社により1910年の打撃成績の集計に誤りが指摘され、タイ・カッブの成績が509打数196安打ではなく、506打数194安打で打率は.385から.383に修正され、シーズン打率は2位に後退した。しかしコミッショナー特別委員会はその後の八百長疑惑から監督とコーチが永久追放処分となった影響もあってか、首位打者の変更を認めず、ラジョイはシーズン打率1位でありながら首位打者を逃した選手となった。MLB公式記録でもカッブは509打数196安打で打率.385のままである。

現在、打率1位の記録を残した選手と首位打者を獲得した選手とが違うというケースは、1902年のエド・デラハンティナップ・ラジョイ、この1910年のナップ・ラジョイタイ・カッブの例があり、また打率1位でありながら規定打席数や出場試合数のたびたびの基準変更で、今日の基準から見て首位打者の資格を有しないとして、1914年のタイ・カッブ、1926年のバブルス・ハーグレイブ、1940年のデブス・ガームズ、1942年のアーニー・ロンバルディなどについて異なった見解がある。

規則の改訂[編集]

  • この年からコルク製の芯を持つボールが採用される。
  • 審判員の組織が体系化される。
    • ゲーム毎に責任審判員が指名され、球審・塁審の指名は責任審判員が行うこととなった。
    • 個別の判定については各審判員の判断を尊重し、他の審判員による判定への干渉は基本的にしないこととした。
    • 没収試合を宣言する権限は責任審判員が担うこととなった。
  • 全ての選手交代について、チームのキャプテンから責任審判員に通知することが義務付けられた。
  • ベンチにいる選手の過剰な野次への対応として、審判員はその選手を退場などの処分にする前に一度警告をすることになった。
  • 審判員に、全てのグラウンドルールを試合前に発表する義務が課せられた。

最終成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

アメリカンリーグ[編集]

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 フィラデルフィア・アスレチックス 102 48 .680 --
2 ニューヨーク・ハイランダース 88 63 .583 14.5
3 デトロイト・タイガース 86 68 .558 18.0
4 ボストン・レッドソックス 81 72 .529 22.5
5 クリーブランド・ナップス 71 81 .467 32.0
6 シカゴ・ホワイトソックス 68 85 .444 35.5
7 ワシントン・セネタース 66 85 .437 36.5
8 セントルイス・ブラウンズ 47 107 .305 57.0

ナショナルリーグ[編集]

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 シカゴ・カブス 104 50 .675 --
2 ニューヨーク・ジャイアンツ 91 63 .591 13.0
3 ピッツバーグ・パイレーツ 86 67 .562 17.5
4 フィラデルフィア・フィリーズ 78 75 .510 25.5
5 シンシナティ・レッズ 75 79 .487 29.0
6 ブルックリン・スーパーバス 64 90 .416 40.0
7 セントルイス・カージナルス 63 90 .412 40.5
8 ボストン・ドゥーブス 53 100 .346 50.5

ワールドシリーズ[編集]

  • アスレチックス 4 - 1 カブス
10/17 – カブス 1 - 4 アスレチックス
10/18 – カブス 3 - 9 アスレチックス
10/20 – アスレチックス 12 - 5 カブス
10/22 – アスレチックス 3 - 4 カブス
10/23 – アスレチックス 7 - 2 カブス

個人タイトル[編集]

アメリカンリーグ[編集]

打者成績[編集]

項目 選手 記録
打率 ナップ・ラジョイ (CLE) .384
本塁打 ジェイク・スタール (BOS) 10
打点 サム・クロフォード (DET) 120
得点 タイ・カッブ (DET) 106
安打 ナップ・ラジョイ (CLE) 227
盗塁 エディ・コリンズ (PHA) 81

投手成績[編集]

項目 選手 記録
勝利 ジャック・クーンズ (PHA) 31
敗戦 エド・ウォルシュ (CWS) 20
防御率 エド・ウォルシュ (CWS) 1.27
奪三振 ウォルター・ジョンソン (WS1) 313
投球回 ウォルター・ジョンソン (WS1) 370
セーブ エド・ウォルシュ (CWS) 5

ナショナルリーグ[編集]

打者成績[編集]

項目 選手 記録
打率 シェリー・マギー (PHI) .331
本塁打 フレッド・ベック (BSN) 10
フランク・シュルト (CHC)
打点 シェリー・マギー (PHI) 123
得点 シェリー・マギー (PHI) 110
安打 ボビー・バーン (PIT) 178
ホーナス・ワグナー (PIT)
盗塁 ボブ・ベッシャー (CIN) 70

投手成績[編集]

項目 選手 記録
勝利 クリスティ・マシューソン (NYG) 27
敗戦 ジョージ・ベル (BRO) 27
防御率 キング・コール (CHC) 1.80
奪三振 アール・ムーア (PHI) 185
投球回 ナップ・ラッカー (BRO) 320⅓
セーブ モーデカイ・ブラウン (CHC) 7
ハリー・ギャスパー (CIN)


外部リンク[編集]