2004年のメジャーリーグベースボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

以下は、メジャーリーグベースボール(MLB)における2004年のできごとを記す。2004年3月30日に開幕し10月27日に全日程を終えた。アメリカンリーグボストン・レッドソックスが、ナショナルリーグセントルイス・カージナルスが優勝。ワールドシリーズはボストン・レッドソックスが制した。

できごと[ソースを編集]

1月[ソースを編集]

2月[ソースを編集]

3月[ソースを編集]

4月[ソースを編集]

5月[ソースを編集]

6月[ソースを編集]

7月[ソースを編集]

  • 7月3日 - MLBオールスターゲームのファン投票発表。シアトル・マリナーズのイチローが外野手で選出されている[5]
  • 7月7日 - ニューヨーク・ヤンキースの松井秀喜が32番目の枠でオールスターゲーム出場[5]
  • 7月13日 - メジャーリーグのオールスターゲームが開催[5]
  • 7月31日 -シアトル・マリナーズのイチローが対アナハイム・エンゼルス戦で今季2度目の月間50本安打[5]

8月[ソースを編集]

  • 8月26日 - シアトル・マリナーズのイチローがカンザスシティ・ロイヤルズ戦(シアトル)でシーズン200本安打[6]
  • 8月31日 - ニューヨーク・ヤンキースは対クリーブランド・インディアンス戦(ニューヨーク)で最多失点球団新記録の0対22で敗れる[6]
  • 8月31日 - シアトル・マリナーズのイチローが球団新記録の月間56安打[6]

9月[ソースを編集]

10月[ソースを編集]

11月[ソースを編集]

最終成績[ソースを編集]

レギュラーシーズン[ソースを編集]

アメリカンリーグ[ソースを編集]

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
東地区
1 ニューヨーク・ヤンキース 101 61 .623
2 ボストン・レッドソックス 98 64 .605 3.0
3 ボルティモア・オリオールズ 78 84 .481 23.0
4 タンパベイ・デビルレイズ 70 91 .435 30.5
5 トロント・ブルージェイズ 67 94 .416 33.5
中地区
1 ミネソタ・ツインズ 92 70 .568
2 シカゴ・ホワイトソックス 83 79 .512 9.0
3 クリーブランド・インディアンス 80 82 .494 12.0
4 デトロイト・タイガース 72 90 .444 20.0
5 カンザスシティ・ロイヤルズ 58 104 .358 34.0
 
西地区
1 アナハイム・エンゼルス 92 70 .568
2 オークランド・アスレチックス 91 71 .562 1.0
3 テキサス・レンジャーズ 89 73 .549 3.0
4 シアトル・マリナーズ 63 99 .389 29.0
 

ナショナルリーグ[ソースを編集]

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
東地区
1 アトランタ・ブレーブス 96 66 .593
2 フィラデルフィア・フィリーズ 86 76 .531 10.0
3 フロリダ・マーリンズ 83 79 .512 13.0
4 ニューヨーク・メッツ 71 91 .438 25.0
5 モントリオール・エクスポズ 67 95 .414 29.0
中地区
1 セントルイス・カージナルス 105 57 .648
2 ヒューストン・アストロズ 92 70 .568 13.0
3 シカゴ・カブス 89 73 .549 16.0
4 シンシナティ・レッズ 76 86 .469 29.0
5 ピッツバーグ・パイレーツ 72 89 .447 32.5
6 ミルウォーキー・ブルワーズ 67 94 .416 37.5
西地区
1 ロサンゼルス・ドジャース 93 69 .574
2 サンフランシスコ・ジャイアンツ 91 71 .562 2.0
3 サンディエゴ・パドレス 87 75 .537 6.0
4 コロラド・ロッキーズ 68 94 .420 25.0
5 アリゾナ・ダイヤモンドバックス 51 111 .315 42.0

オールスターゲーム[ソースを編集]

  • アメリカンリーグ 9 - 4 ナショナルリーグ
MVP:アルフォンソ・ソリアーノ (TEX)

ポストシーズン[ソースを編集]

ディビジョンシリーズ リーグチャンピオンシップシリーズ ワールドシリーズ
                   
       
  アナハイム・エンゼルス 0
  ボストン・レッドソックス 3  
  ボストン・レッドソックス 4
アメリカンリーグ
    ニューヨーク・ヤンキース 3  
  ニューヨーク・ヤンキース 3
  ミネソタ・ツインズ 1  
  ボストン・レッドソックス 4
    セントルイス・カージナルス 0
  セントルイス・カージナルス 3
  ロサンゼルス・ドジャース 1  
  セントルイス・カージナルス 4
ナショナルリーグ
    ヒューストン・アストロズ 3  
  アトランタ・ブレーブス 2
  ヒューストン・アストロズ 3  

ディビジョンシリーズ[ソースを編集]

アメリカンリーグ[ソースを編集]
  • ヤンキース 3 - 1 ツインズ
10/5 – ツインズ 2 - 0 ヤンキース
10/6 – ツインズ 6 - 7 ヤンキース
10/8 – ヤンキース 8 - 4 ツインズ
10/9 – ヤンキース 6 - 5 ツインズ
  • エンゼルス 0 - 3 レッドソックス
10/5 – レッドソックス 9 - 3 エンゼルス
10/6 – レッドソックス 8 - 3 エンゼルス
10/8 – エンゼルス 6 - 8 レッドソックス
ナショナルリーグ[ソースを編集]
  • カージナルス 3 - 1 ドジャース
10/5 – ドジャース 3 - 8 カージナルス
10/7 – ドジャース 3 - 8 カージナルス
10/9 – カージナルス 0 - 4 ドジャース
10/10 – カージナルス 6 - 2 ドジャース
  • ブレーブス 2 - 3 アストロズ
10/6 – アストロズ 9 - 3 ブレーブス
10/7 – アストロズ 2 - 4 ブレーブス
10/9 – ブレーブス 5 - 8 アストロズ
10/10 – ブレーブス 6 - 5 アストロズ
10/11 – アストロズ 12 - 3 ブレーブス

リーグチャンピオンシップシリーズ[ソースを編集]

アメリカンリーグ[ソースを編集]
  • ヤンキース 3 - 4 レッドソックス
10/12 – レッドソックス 7 - 10 ヤンキース
10/13 – レッドソックス 1 - 3 ヤンキース
10/16 – ヤンキース 19 - 8 レッドソックス
10/17 – ヤンキース 4 - 6 レッドソックス
10/18 – ヤンキース 4 - 5 レッドソックス
10/19 – レッドソックス 4 - 2 ヤンキース
10/20 – レッドソックス 10 - 3 ヤンキース
MVP:デビッド・オルティーズ (BOS)
ナショナルリーグ[ソースを編集]
  • カージナルス 4 - 3 アストロズ
10/13 – アストロズ 7 - 10 カージナルス
10/14 – アストロズ 4 - 6 カージナルス
10/16 – カージナルス 2 - 5 アストロズ
10/17 – カージナルス 5 - 6 アストロズ
10/18 – カージナルス 0 - 3 アストロズ
10/20 – アストロズ 4 - 6 カージナルス
10/21 – アストロズ 2 - 5 カージナルス
MVP:アルバート・プホルス (STL)

ワールドシリーズ[ソースを編集]

  • レッドソックス 4 - 0 カージナルス
10/23 – カージナルス 9 - 11 レッドソックス
10/24 – カージナルス 2 - 6 レッドソックス
10/26 – レッドソックス 4 - 1 カージナルス
10/27 – レッドソックス 3 - 0 カージナルス
MVP:マニー・ラミレス (BOS)

個人タイトル[ソースを編集]

アメリカンリーグ[ソースを編集]

打者成績[ソースを編集]

項目 選手 記録
打率 イチロー (SEA) .372
本塁打 マニー・ラミレス (BOS) 43
打点 ミゲル・テハダ (BAL) 150
得点 ブラディミール・ゲレーロ (ANA) 124
安打 イチロー (SEA) 262
盗塁 カール・クロフォード (TB) 59

投手成績[ソースを編集]

項目 選手 記録
勝利 カート・シリング (BOS) 21
敗戦 ダレル・メイ (KC) 19
防御率 ヨハン・サンタナ (MIN) 2.61
奪三振 ヨハン・サンタナ (MIN) 265
投球回 マーク・バーリー (CWS) 245⅓
セーブ マリアノ・リベラ (NYY) 53

ナショナルリーグ[ソースを編集]

打者成績[ソースを編集]

項目 選手 記録
打率 バリー・ボンズ (SF) .362
本塁打 エイドリアン・ベルトレ (LAD) 48
打点 ビニー・カスティーヤ (COL) 131
得点 アルバート・プホルス (STL) 133
安打 フアン・ピエール (FLA) 221
盗塁 スコット・ポドセドニック (MIL) 70

投手成績[ソースを編集]

項目 選手 記録
勝利 ロイ・オズワルト (HOU) 20
敗戦 ブランドン・ウェブ (ARI) 16
防御率 ジェイク・ピービー (SD) 2.27
奪三振 ランディ・ジョンソン (ARI) 290
投球回 リバン・ヘルナンデス (MON) 255
セーブ アーマンド・ベニテス (FLA) 47
ジェイソン・イズリングハウゼン (STL)

表彰[ソースを編集]

全米野球記者協会(BBWAA)表彰[ソースを編集]

表彰 アメリカンリーグ ナショナルリーグ
MVP ブラディミール・ゲレーロ (ANA) バリー・ボンズ (SF)
サイヤング賞 ヨハン・サンタナ (MIN) ロジャー・クレメンス (HOU)
最優秀新人賞 ボビー・クロスビー (OAK) ジェイソン・ベイ (PIT)
最優秀監督賞 バック・ショウォルター (TEX) ボビー・コックス (ATL)

ゴールドグラブ賞[ソースを編集]

守備位置 アメリカンリーグ ナショナルリーグ
投手 ケニー・ロジャース (TEX) グレッグ・マダックス (CHC)
捕手 イバン・ロドリゲス (DET) マイク・マシーニー (STL)
一塁手 ダリン・アースタッド (ANA) トッド・ヘルトン (COL)
二塁手 ブレット・ブーン (SEA) ルイス・カスティーヨ (FLA)
三塁手 エリック・チャベス (OAK) スコット・ローレン (STL)
遊撃手 デレク・ジーター (NYY) シーザー・イズトゥリス (LAD)
外野手 イチロー (SEA) アンドリュー・ジョーンズ (ATL)
トリー・ハンター (MIN) ジム・エドモンズ (STL)
バーノン・ウェルズ (TOR) スティーブ・フィンリー (LAD)

シルバースラッガー賞[ソースを編集]

守備位置 アメリカンリーグ ナショナルリーグ
投手 - リバン・ヘルナンデス (MON)
捕手 イバン・ロドリゲス (DET) ジョニー・エストラーダ (ATL)
一塁手 マーク・テシェイラ (TEX) アルバート・プホルス (STL)
二塁手 アルフォンソ・ソリアーノ (TEX) マーク・ロレッタ (SD)
三塁手 メルビン・モーラ (BAL) エイドリアン・ベルトレ (LAD)
遊撃手 ミゲル・テハダ (BAL) ジャック・ウィルソン (PIT)
外野手 マニー・ラミレス (BOS) バリー・ボンズ (SF)
ブラディミール・ゲレーロ (ANA) ジム・エドモンズ (STL)
ゲイリー・シェフィールド (NYY) ボビー・アブレイユ (PHI)
指名打者 デビッド・オルティーズ (BOS) -

その他表彰[ソースを編集]

表彰 アメリカンリーグ ナショナルリーグ
カムバック賞 ポール・コネルコ (CWS) クリス・カーペンター (STL)
ハンク・アーロン賞 マニー・ラミレス (BOS) バリー・ボンズ (SF)
最優秀救援投手賞 マリアノ・リベラ (NYY) エリック・ガニエ (LAD)
エドガー・マルティネス賞 デビッド・オルティーズ (BOS) -
ロベルト・クレメンテ賞 エドガー・マルティネス (SEA) -
ハッチ賞 - トレバー・ホフマン (SD)
ルー・ゲーリッグ賞 - ジム・トーミ (PHI)
ベーブ・ルース賞 キース・フォーク (BOS) -

アメリカ野球殿堂入り表彰者[ソースを編集]

BBWAA投票

脚注[ソースを編集]

  1. ^ a b c ベースボールマガジン2005年冬季号129ページ
  2. ^ a b c d ベースボールマガジン2005年冬季号130ページ
  3. ^ a b c d e f g ベースボールマガジン2005年冬季号131ページ
  4. ^ a b c d e f ベースボールマガジン2005年冬季号132ページ
  5. ^ a b c d e ベースボールマガジン2005年冬季号133ページ
  6. ^ a b c d e f g h i j ベースボールマガジン2005年冬季号134ページ
  7. ^ a b c d ベースボールマガジン2005年冬季号135ページ

外部リンク[ソースを編集]