エド・デラハンティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エド・デラハンティ
Ed Delahanty
Ed Delahanty.jpg
1903年
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オハイオ州クリーブランド
生年月日 1867年10月30日
没年月日 (1903-07-02) 1903年7月2日(35歳没)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
170 lb =約77.1 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
初出場 1888年5月22日
最終出場 1903年6月25日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1945年
選出方法 ベテランズ委員会選出

エド・デラハンティ(Edward James Delahanty, 1867年10月30日 - 1903年7月2日) は、アメリカ合衆国オハイオ州クリーブランド出身のプロ野球選手左翼手)。右投げ右打ち。愛称は"Big Ed"(ビッグ・エド)。

経歴[編集]

5人兄弟の長男で、5人全員がプロの野球選手として活躍した経歴を持つ。 1888年5月に、トライステート・リーグのホイーリング球団からフィラデルフィア・クエーカーズに入団する。デビュー当時は内野手・外野手を半分ずつこなしていた。1890年プレイヤーズ・リーグに1年参加した後、翌年再びフィリーズに戻り、主に外野手として試合に出るようになった。守備での動きは俊敏だったそうで、当時は「ヒューマン・グラスホッパー」の異名ももっていた。

打撃面では1892年に初めて打率が3割を超え、この年リーグ最多の21本の三塁打と長打率リーグ1位の記録を残す。その後1893年に投手-本塁間の距離が60フィート6インチとなるルール改訂によって、デラハンティの打撃成績は飛躍的に向上した。 同年デラハンティはリーグ最多となる19本の本塁打と146打点を挙げる。翌1894年と1895年はいずれも打率が4割を超えた。1896年には二塁打44、本塁打13、打点126(いずれもリーグ最多)をマーク。1899年には自身3度目の4割超えとなる打率.410で首位打者となる。同年の137打点と238安打、55本の二塁打もいずれもリーグ最多であった。

デラハンティは1901年までフィリーズの主軸として活躍していたが、アメリカンリーグ設立後の1902年にワシントン・セネターズ(現ツインズ)に移籍する。この年デラハンティは打率.376で自身2度目の首位打者となる。その後もセネタースの牽引役を期待されていたが、1903年のシーズン中にナイアガラ川で事故死(詳細下記)。1945年アメリカ野球殿堂ベテランズ委員会により殿堂入り選手に選出された。

事故死[編集]

1903年6月25日の試合後、デラハンティは遠征中のチームから離れる。永く会っていない夫人に会うためという。7月2日、カナダからアメリカへ向かう列車の車中で泥酔したデラハンティは、オンタリオ州フォートエリーのブリッジバーグ駅で強制的に列車から降ろされた[1]。この駅はナイアガラ川(アメリカとカナダの国境)の起点側(南側)に位置し、ナイアガラの滝からは上流に離れた地域にある。

7月2日の夜、デラハンティは列車を追ってアメリカへの旅を続けようとし、駅近くの川に架かる鉄道橋インターナショナル鉄道橋英語版をカナダ側からアメリカ側へ渡ろうとした。この橋は可動橋であり、当時は船を通過させるために橋が開かれていた。ニューヨーク・タイムズ紙が伝えた警備員の証言によると、デラハンティは通行禁止の橋を歩いて渡ろうとし、これを見た警備員が制止するとアメリカ側へ向けて橋の上を逃走、途中で橋の下を流れるナイアガラ川に転落したという[1]。残された手荷物などから転落者が名の知れた野球選手であることが判明し、行方不明者として橋の下流一帯が捜索された[1]

7月9日、デラハンティの遺体はナイアガラの滝の下流にあるナイアガラ渓谷英語版で発見された。転落現場で溺れた後、流されてきたものと考えられている。彼の遺体はナイアガラの滝つぼを運行する遊覧船霧の乙女号の船着き場付近で見つかり、船のスクリューに巻き込まれたとみられる損傷があった[1]

デラハンティの死は飲酒の影響による事故とされているが、夜間の出来事ということもあり不詳な点が多い。スポーツ歴史家のマイク・ソウェル英語版は1992年の自著 "July 2, 1903: The Mysterious Death of Hall-Of-Famer Big Ed Delahanty" の中で、事故の他にも自殺や強盗殺人の可能性があるとしている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1888 PHI 74 303 290 40 66 12 2 1 85 31 38 - - - 12 - 1 26 - .228 .261 .293 .554
1889 56 261 246 37 72 13 3 0 91 27 19 - - - 14 - 1 17 - .293 .333 .370 .703
1890 CLE 115 549 517 107 153 26 13 3 214 64 25 - - - 24 - 8 30 - .296 .337 .414 .751
1891 PHI 128 584 543 92 132 19 9 5 184 86 25 - - - 33 - 8 50 - .243 .296 .339 .635
1892 123 517 477 79 146 30 21 6 236 91 29 - - - 31 - 9 32 - .306 .360 .495 .855
1893 132 652 595 145 219 35 18 19 347 146 37 - - - 47 - 10 20 - .368 .423 .583 1.007
1894 116 567 495 148 200 39 19 4 289 133 21 - 5 - 60 - 7 16 - .404 .475 .584 1.059
1895 116 578 480 149 194 49 10 11 296 106 46 - 6 - 86 - 6 31 - .404 .500 .617 1.117
1896 123 574 499 131 198 44 17 13 315 126 37 - 4 - 62 - 9 22 - .397 .472 .631 1.103
1897 129 598 530 109 200 40 15 5 285 96 26 - 5 - 60 - 3 23 - .377 .444 .538 .981
1898 144 640 548 115 183 36 9 4 249 92 58 - 4 - 77 - 11 29 - .334 .426 .454 .880
1899 146 645 581 135 238 55 9 9 338 137 30 - 5 - 55 - 4 22 - .410 .464 .582 1.046
1900 131 601 539 82 174 32 10 2 232 109 16 - 14 - 41 - 7 36 - .323 .378 .430 .809
1901 139 621 542 106 192 38 16 8 286 108 29 - 10 - 65 - 4 60 - .354 .427 .528 .955
1902 WSH 123 539 473 103 178 43 14 10 279 93 16 - 0 - 62 - 4 9 - .376 .453 .590 1.043
1903 42 171 156 22 52 11 1 1 68 21 3 - 1 - 12 - 2 16 - .333 .388 .436 .824
通算:16年 1837 8400 7511 1600 2597 522 186 101 3794 1466 455 - *54 - 741 - 94 439 - .346 .411 .505 .916
  • 「-」は公式記録なし。
  • 通算成績の「*数字」は、不明年度がある事を示す。
  • 太字はリーグ1位。

獲得タイトル・記録[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d “Delehanty's body found”. The New York Times. (1903年7月10日). http://thedeadballera.com/Obits/Obits_D/Delahanty.Ed.Obit.html 2014年3月9日閲覧。 
  2. ^ この試合の4本塁打はこれまで全て「ランニングホームラン」だと言われていたが、近年の研究においてランニングホームランは4本のうちの2本だったとされている。

関連項目[編集]

出典・外部リンク[編集]