1921年のメジャーリーグベースボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

以下は、メジャーリーグベースボール(MLB)における1921年のできごとを記す。1921年4月13日に開幕し10月13日に全日程を終えた。ナショナルリーグニューヨーク・ジャイアンツが、アメリカンリーグニューヨーク・ヤンキースが優勝。ワールドシリーズはニューヨーク・ジャイアンツが制した。

できごと[編集]

規則の改訂[編集]

  • ナショナルリーグで8人、アメリカンリーグで9人の投手が、現役終了までスピットボールを使うことを認められた。

最終成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

アメリカンリーグ[編集]

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 ニューヨーク・ヤンキース 98 55 .641 --
2 クリーブランド・インディアンス 94 60 .610 4.5
3 セントルイス・ブラウンズ 81 73 .526 17.5
4 ワシントン・セネタース 80 73 .523 18.0
5 ボストン・レッドソックス 75 79 .487 23.5
6 デトロイト・タイガース 71 82 .464 27.0
7 シカゴ・ホワイトソックス 62 92 .403 36.5
8 フィラデルフィア・アスレチックス 53 100 .346 45.0

ナショナルリーグ[編集]

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 ニューヨーク・ジャイアンツ 94 59 .614 --
2 ピッツバーグ・パイレーツ 90 63 .588 4.0
3 セントルイス・カージナルス 87 66 .569 7.0
4 ボストン・ブレーブス 79 74 .516 15.0
5 ブルックリン・ロビンス 77 75 .507 16.5
6 シンシナティ・レッズ 70 83 .458 24.0
7 シカゴ・カブス 64 89 .418 30.0
8 フィラデルフィア・フィリーズ 51 103 .331 43.5

ワールドシリーズ[編集]

  • ジャイアンツ 5 - 3 ヤンキース
10/ 5 – ヤンキース 3 - 0 ジャイアンツ
10/ 6 – ジャイアンツ 0 - 3 ヤンキース
10/ 7 – ヤンキース 5 - 13 ジャイアンツ
10/ 9 – ジャイアンツ 4 - 2 ヤンキース
10/10 – ヤンキース 3 - 1 ジャイアンツ
10/11 – ジャイアンツ 8 - 0 ヤンキース
10/12 – ヤンキース 1 - 2 ジャイアンツ
10/13 – ジャイアンツ 1 - 0 ヤンキース

個人タイトル[編集]

アメリカンリーグ[編集]

打者成績[編集]

項目 選手 記録
打率 ハリー・ハイルマン (DET) .394
本塁打 ベーブ・ルース (NYY) 59
打点 ベーブ・ルース (NYY) 171
得点 ベーブ・ルース (NYY) 177
安打 ハリー・ハイルマン (DET) 237
盗塁 ジョージ・シスラー (SLA) 35

投手成績[編集]

項目 選手 記録
勝利 カール・メイズ (NYY) 27
アーバン・ショッカー (SLA)
敗戦 エディ・ロンメル (PHA) 23
防御率 レッド・フェイバー (CWS) 2.48
奪三振 ウォルター・ジョンソン (WS1) 143
投球回 カール・メイズ (NYY) 336⅔
セーブ カール・メイズ (NYY) 7
ジム・ミドルトン (DET)

ナショナルリーグ[編集]

打者成績[編集]

項目 選手 記録
打率 ロジャース・ホーンスビー (STL) .397
本塁打 ジョージ・ケリー (NYG) 23
打点 ロジャース・ホーンスビー (STL) 126
得点 ロジャース・ホーンスビー (STL) 131
安打 ロジャース・ホーンスビー (STL) 235
盗塁 フランキー・フリッシュ (NYG) 49

投手成績[編集]

項目 選手 記録
勝利 ウィルバー・クーパー (PIT) 22
バーリー・グライムス (BRO)
敗戦 ジョージ・スミス (PHI) 20
防御率 ビル・ドーク (STL) 2.59
奪三振 バーリー・グライムス (BRO) 136
投球回 ウィルバー・クーパー (PIT) 327
セーブ ルー・ノース (STL) 7

関連項目[編集]

外部リンク[編集]