1940年のメジャーリーグベースボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

以下は、メジャーリーグベースボール(MLB)における1940年のできごとを記す。

1940年4月16日に開幕し10月8日に全日程を終え、ナショナルリーグシンシナティ・レッズが2年連続3度目のリーグ優勝を、アメリカンリーグデトロイト・タイガースが5年ぶり6度目の優勝を果たした。

ワールドシリーズは前年ヤンキースの4連覇で苦杯を舐めたシンシナティ・レッズがデトロイト・タイガースを4勝3敗で破り1919年以来2度目のシリーズ制覇となった。

できごと[編集]

シンシナティ・レッズは1938年にビル・マケシュニーを監督に招き翌1939年にリーグ優勝して、3年目のこの年も、バッキー・ウォルターズ(22勝)、ポール・デリンジャー(20勝)の両エースとジョニー・ヴァンダー・ミーアの投手陣、捕手のアーニー・ロンバルディ(.319)、、フランク・マコーミック(.309)らの強力打線で、ブルックリン・ドジャースに12ゲーム差を付けてナショナルリーグを連覇した。リーグMVPフランク・マコーミックで、シンシナティ・レッズは1938年にロンバルディ、1939年にウォルターズ、そして1940年にマコーミックと3年連続でレッズの選手がリーグMVPを獲得し、ナショナルリーグ屈指の戦力を誇った。


デトロイト・タイガースは、死球禍で退団したミッキー・カクレーン監督の代わりに1938年終盤に就任したデル・ベイカー監督の采配で、ハンク・グリーンバーグを一塁から外野にコンバートしたことが好結果を呼び、グリーンバーグが本塁打41本・打点150で二冠に輝き打率.340で、投手ではボボ・ニューサム(21勝)がエースとして活躍し、ヤンキースとインディアンスの三つ巴の争いを制しアメリカンリーグで優勝した。ヤンキースは首位タイガースと2ゲーム差で3位に終わり5連覇を逃した。

ワールドシリーズは2勝3敗で王手をかけられてから第6戦でウォルターズ、第7戦でデリンジャーの両エースが2試合でわずか1点の失点でタイガースを抑えて1919年以来の世界一となった。

  • ハンク・グリーンバーグ
    • タイガースのハンク・グリーンバーグは、この年、左手首の弱点をカバーするため一塁手から外野手にコンバートされたが、1933年以来8年連続3割を打って、この年で本塁打王3回、打点王も3回獲得し、この年生涯最高の打率.340だったが、惜しくもジョー・ディマジオの.352に及ばなかった。
  • ボブ・フェラー
    • インディアンスのボブ・フェラーは開幕戦の対ホワイトソックス戦でノーヒットノーランを演じ、最多勝27勝・最多奪三振261・最優秀防御率2.61を記録し絶頂期であった。
  • ジョニー・マイズ
    • カージナルスのジョニー・マイズは前年首位打者と本塁打王の二冠であったが、この年は2年連続本塁打王(43本)と打点王(137)の二冠であった。2年後にジャイアンツに移り、戦後の1947年は本塁打王と打点王、1948年も本塁打王となり、その翌年にはヤンキースにトレードされて力は衰えたがヤンキース5連覇の黄金時代に代打としてチームに貢献した。(1981年殿堂入り)

規則の改訂[編集]

  • 犠牲フライの規則が適用されなくなった。
  • 投手板に軸足がついている限り、投手は投球時に前後2歩までステップすることが認められた。
  • 空いている塁に対する牽制球及びその動作をすると、明確にボークと定義された。
  • 審判が選手のトレーナーに指示する権限を持つようになった。
  • 本塁打の最短距離が1925年に235フィートとされたが、この年に250フィートに変更された。

最終成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

アメリカンリーグ[編集]

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 デトロイト・タイガース 90 64 .584 --
2 クリーブランド・インディアンス 89 65 .578 1.0
3 ニューヨーク・ヤンキース 88 66 .571 2.0
4 シカゴ・ホワイトソックス 82 72 .532 8.0
5 ボストン・レッドソックス 82 72 .532 8.0
6 セントルイス・ブラウンズ 67 87 .435 23.0
7 ワシントン・セネタース 64 90 .416 26.0
8 フィラデルフィア・アスレチックス 54 100 .351 36.0

ナショナルリーグ[編集]

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 シンシナティ・レッズ 100 53 .654 --
2 ブルックリン・ドジャース 88 65 .575 12.0
3 セントルイス・カージナルス 84 69 .549 16.0
4 ピッツバーグ・パイレーツ 78 76 .506 22.5
5 シカゴ・カブス 75 79 .487 25.5
6 ニューヨーク・ジャイアンツ 72 80 .474 27.5
7 ボストン・ビーズ 65 87 .428 34.5
8 フィラデルフィア・フィリーズ 50 103 .327 50.0

オールスターゲーム[編集]

  • アメリカンリーグ 0 - 4 ナショナルリーグ

ワールドシリーズ[編集]

  • レッズ 4 - 3 タイガース
10/2 – タイガース 7 - 2 レッズ
10/3 – タイガース 3 - 5 レッズ
10/4 – レッズ 4 - 7 タイガース
10/5 – レッズ 5 - 2 タイガース
10/6 – レッズ 0 - 8 タイガース
10/7 – タイガース 0 - 4 レッズ
10/8 – タイガース 1 - 2 レッズ

個人タイトル[編集]

アメリカンリーグ[編集]

打者成績[編集]

項目 選手 記録
打率 ジョー・ディマジオ (NYY) .352
本塁打 ハンク・グリーンバーグ (DET) 41
打点 ハンク・グリーンバーグ (DET) 150
得点 テッド・ウィリアムズ (BOS) 134
安打 ドク・クラマー (BOS) 200
バーニー・マコスキー (DET)
リップ・ラドクリフ (SLA)
盗塁 ジョージ・ケース (WS1) 35

投手成績[編集]

項目 選手 記録
勝利 ボブ・フェラー (CLE) 27
敗戦 ジョージ・キャスター (PHA) 19
ダッチ・レナード (WS1)
防御率 ボブ・フェラー (CLE) 2.61
奪三振 ボブ・フェラー (CLE) 261
投球回 ボブ・フェラー (CLE) 320⅓
セーブ アル・ベントン (DET) 17

ナショナルリーグ[編集]

投手成績[編集]

項目 選手 記録
打率 デブス・ガームス (PIT) .355
本塁打 ジョニー・マイズ (STL) 43
打点 ジョニー・マイズ (STL) 137
得点 アーキー・ヴォーン (PIT) 113
安打 スタン・ハック (CHC) 191
フランク・マコーミック (CIN)
盗塁 ロニー・フレイ (CIN) 22

投手成績[編集]

項目 選手 記録
勝利 バッキー・ウォルターズ (CIN) 22
敗戦 ヒュー・マルケイヒー (PHI) 22
防御率 バッキー・ウォルターズ (CIN) 2.48
奪三振 カービー・ビグビー (PHI) 137
投球回 バッキー・ウォルターズ (CIN) 305
セーブ ジョー・ベッグス (CIN) 7
ジャンボ・ブラウン (NYG)
メイス・ブラウン (PIT)

表彰[編集]

シーズンMVP[編集]

出典[編集]

  • 『アメリカ・プロ野球史』第4 栄光の日々とその余韻 119-120P参照 鈴木武樹 著 1971年9月発行 三一書房
  • 『米大リーグ 輝ける1世紀~その歴史とスター選手~』≪1940年≫ 96P参照 週刊ベースボール 1978年6月25日増刊号 ベースボールマガジン社
  • 『米大リーグ 輝ける1世紀~その歴史とスター選手~』≪ハンク・グリーンバーグ≫ 104P参照
  • 『メジャーリーグ ワールドシリーズ伝説』 1905-2000  97P参照  上田龍 著   2001年10月発行  ベースボールマガジン社
  • 『大リーグへの招待』≪野球規則の変遷≫ 89P参照 池井優 著 1977年4月発行  平凡社

関連項目[編集]

外部リンク[編集]